2022年01月17日

すずめの涙【マタイ10:26〜31】

聖句「二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。」(10:29)

1.《五つの銅貨》 連続テレビ小説を見ていて、サッチモこと、ルイ・アームストロングが本人役で出演していた映画『五つの銅貨』(1959年)を思い出しました。劇中、繰り返し歌われる主題歌は、1ペニー銅貨の1つ1つに「願い」「夢」「踊り」「笑顔」「愛」を託した歌詞でした。「愛のある所に天国があるんだ」「たかが5つの銅貨、でも、これさえあれば、君は世界一豊かになれるんだ」。私たちが幸せに生きていくために必要な力を歌っていました。

2.《小さな世界》 英訳聖書「新改訂標準訳」は「1アサリオン」を「1ペニー」と訳していました。米国やカナダでは最小の貨幣でしょう(ペニーはセントです)。日本語にも「安っぽい」の意味で「三文芝居」「一文無し」と言います。「雀の涙」や「お涙金」という語も思い出されます。イエスさまの時代、神殿には屋台が軒を並べていたのですが、煮売り屋(惣菜屋)が雀(もしくは小鳥)を売っていたのです。方や神殿では、牛や羊が丸々1頭屠られて奉げられ、宴会が催されています。豪快な食肉文化です。それなのに、イエスの弟子たちと来たら「焼き鳥が2本10円」の屋台で一杯やっていたのです。随分しみったれていますね。でも、そのような「小さな世界」から見えて来る何かがあるのです。

3.《福音の使命》 小鳥を捕まえて煮売り屋に売っていたのは近所の子どもたちです。駄賃代わりに1円2円を貰っていたのでしょう。しかし、イエスさまは、そんな1羽でさえも、その生き死には神の御心によると仰います。そして、福音の宣教に遣わす弟子たちに向かって「あなたがたは沢山の雀よりも遥かに勝っている」と励まされます。「勝っている」の原意は「通って運ぶ、通り抜ける」です。苦難の中を「通って」福音を「運ぶ」こと、それこそが、弟子たちが雀や鳥よりも「より優れている」ことなのです。彼らが主から託された福音とは、願いや夢、笑顔を忘れないこと、生きる煌めき、希望と愛です。それが他の誰かを豊かに出来るのです。小さい事を恥ずかしいと思ってはいけません。小さな事柄に気付く時、私たちは自らの魂を取り戻すことが出来るのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:51 | 毎週の講壇から