2014年06月30日

床を担いで歩こう【ヨハネ5:1〜9】

聖句「イエスは言われた。『起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。』すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩き出した。」(5:8,9)

1.《待ち疲れた人》 中国の昔話に、歌姫に恋した役人が、彼女から「窓辺で百夜お待ちになれば、あなたのものになりましょう」と言われて、通い詰めながら、最後の夜に立ち去る物語があります。日本にも観阿弥、世阿弥の謡曲で知られる「百夜通い」があります。小野小町への求愛を続ける深草少将が、最後の夜に大雪に見舞われて凍死してしまうのです。行方不明の家族を待つ人、家族の手術が終わるのを待つ人、「待つ」ことは時に大変な苦痛となります。

2.《ベトザタの池》 「ベトザタ」は「オリーブの家」の意味でしたが、この癒し物語が伝わると「ベテスダ/憐れみの家」と読み換えらてしまいました。恐らく間歇泉だったのでしょう。鉱泉が噴き出すのが、天使が沐浴しに舞い降りる瞬間と思われ、最初に飛び込んだ人がその霊験の故に癒されると信じられていたのです。その時を大勢の人たちが待っているのです。自分が癒されたいのは誰しもですが、病人や障碍者が「先着お一人様限り」の奇跡のために、我先に池を目指して競争する様子は、凄惨としか言いようがありません。

3.《課題を担って》 38年もの長患いの人がいます。どのようにして池の回廊に辿り着いたのかは知りませんが、今では自力で池を目指すことも出来ず、捨て置かれた状態です。本当に絶望してしまえば苦痛すらありません。私たちが悩み苦しむのは、希望を捨てていないからなのです。しかし、この人は希望を失いかけていました。その人に向かって、主は「治りたいか」と言われます。実に、本人の希望こそが一番大切なのです。キリスト教が他の宗教と最も違うのは「希望」です。自分の願掛けではなく、神の御心の成ることを信頼する心です。人生には悩みが尽きません。しかし、他人のせい、社会や時代のせいにしないで、今まで寄り掛かっていた「床」を、私の課題、使命として担って歩んで参りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:26 | 毎週の講壇から