2014年08月30日

幽径耽読 Book Illuminationその17

  • 「昆虫はすごい」(丸山宗利著、光文社新書)
    宮崎県の海辺の町に住んでいた頃、冬の浜辺で、よくアメンボの屍骸を見たものです。積年の疑問が氷解しました。海面を漂う「ウミアメンボ」という虫だったのですね。毒でゴキブリの神経を麻痺させて、ゾンビにして操るセナガアナバチ。自らの上半身を餌として提供しながら下半身で雌と交尾するカマキリの雄。頭部を自爆させて、粘着性の液体で敵を絡め取るバクダンオオアリ。クロヤマアリの巣に入り込んで女王を暗殺し、新女王として君臨するサムライアリ。トビイロケアリを殺して、その匂いを体に塗り付け、屍骸を加えて巣の中に侵入を試みるアメイロケアリ(しかし、発覚して磔の刑に処せられたりもする)。アリの幼虫室の壁に成り切って、こっそり幼虫や蛹を食べるアリスアブの幼虫。どれを取ってもホラーです。寄主と寄生種とは、共通の祖先から分かれたという説(エメリーの法則)を聞くと、人間社会に寄生する亜人間みたいな種の出現を妄想してしまいます。
  • 「負けんとき/ヴォーリズ満喜子の種まく日々」上下巻(玉岡かおる著、新潮文庫)
    播州小野藩(兵庫県小野市)の藩主の娘、満喜子が、津田梅子、矢島楫子、廣岡浅子などとの出会いの中で成長していき、ウィリアム・メレル・ヴォーリズと結ばれます。典型的な「ビルドゥングス・ロマン」です。「負けんとき」とは、廣岡が満喜子を励ました大阪弁です(「負けないで!」)。キリスト教の宣教のために来日したと言うのに、八百万の神々や先来の仏を敬う、ヴォーリズの独特な信仰が優しくユーモラスに描かれています。ヴォーリズや満喜子の実際はともかく、(小説ですから)ここには自ずと玉岡の信仰観が反映されている訳です。「大衆作家」としての彼女の捉え方は、私たちも大いに参考にすべきでしょう。しかしながら、巻末近い、敗戦直後の部分になると、私は急速にロマンを感じなくなりました。元号の使用とか、天皇制と戦後処理(戦争責任)とか、著者はそれなりの配慮を重ねたものと思いますが、些か甘いと言わざるを得ません。神戸女学院教授として、実際にヴォーリズ建築の中で生活していたという内田樹の「解説」を興味深く読みました。
  • 「イタリア語通訳狂想曲/シモネッタのアマルコルド」(田丸公美子著、文春文庫)
    小学生の時からマカロニ・ウエスタンのファンであった私にとって、イタリア語は憧れの言語の1つでした。今でも『拳銃のバラード』(Ballata per un Pistolero)は歌えます。先日は『ガラスの部屋』の主題歌(Che Vuole Questa Musica Stasera)もカラオケで歌いました。どちらも、ペピーノ・ガリアルディの歌でした。それにしても、通訳の仕事は大変なのですね。「高い通訳料にはスケープゴートになる料金も含まれている」。「通訳の基本は、普通の人より豊富な語彙を持ち、美しい日本語が話せること。そのあとに外国語や広い知識と教養が加わって、初めてプロの仕事ができる」。「(同時通訳は)翻訳時の30倍のスピードで脳を作動させないと話者が話すスピードに追いつけない。私たち通訳者は、脳のエネルギー源であるブドウ糖の血中濃度を上げようと、ブース内でチョコレートを食べたり飴をなめたりする」。まるで『DEATH NOTE』のLですね。過酷な同時通訳の最中に、脳がショートして、イタリア語も日本語も聴き取れなくなった経験談などは余りに痛ましいです。
  • 「モロー博士の島/他九篇」(H・G・ウエルズ著、橋本槇矩・鈴木万里訳、岩波文庫)
    余りにも古典という先入観のため、ウエルズを読むのは、小学生時代の『透明人間』ダイジェスト版以来です。冒頭の「エピオルニス島」が意外に面白い。無人島に漂着した主人公が雛から育てて、懐いていたはずの巨鳥が攻撃して来るようになり、やがて全面対決の時を迎えます。これは「モロー博士」と同じモチーフですね。巻末を飾る「アリの帝国」は『巨大アリの帝国』という直接の映画化作品(愚作)よりも、ソウル・バスの『フェイズW』の不気味な印象に近い作品でした。そう言えば、「モロー博士」も、読んでいる間、私の脳裏に浮かんで来たのは、バート・ランカスターでもマーロン・ブランドでもなく、『獣人島』のチャールズ・ロートンでもなく、『緯度0大作戦』のシーザー・ロメロでした。人間社会に戻った主人公の目に、街行く人々の姿が獣人に重なって見えてしまうエピローグが抜群です。人間に従順な獣人たちが辿る末路にも悲哀を感じます。本能に目覚めて、次第に獣に退行して行くプロセスは「アルジャーノン」に共通するテーマで、切ないです。
  • 「パリ、娼婦の館/メゾン・クローズ」(鹿島茂著、角川ソフィア文庫)
    メゾン・クローズ(maison close)とは、18世紀から20世紀初頭まで存在したフランスの公娼館です。梅毒予防を主たる目的として娼婦たちを登録し、鑑札を与えていたのです。女将になるのも「現役の女」をリタイアした女性という条件があったそうです。メゾン・クローズの理想は何と女子修道院、女将のモデルは修道院長だったのです。アナール学派のアラン・コルバンの言葉が傑作です。「理想は、修道女のような売春婦を作ること、よく『働く女』ではあるが、操り人形のような従順な女、しかもとりわけ、快楽を求めない女を作りだすことである」。「赤いランタン」、番地で呼ばれる店名、鉢合わせ回避のための待合室…。映画や小説で気になっていたことの意味が分かりました。1920年代、シャバネ楼に日本女性がいたことも驚きでした。但し、著者は「日本では、どんな破廉恥な風俗が普及しても、…この、ズラリと整列した複数の娼婦の中から一人だけ自分の好みの敵娼を選び出すという『公開方式』が採用されない」と書いていますが、吉原など、格子の向こうに女たちが並んでいたと思うのですが…。
posted by 行人坂教会 at 15:05 | 牧師の書斎から