2014年11月30日

幽径耽読 Book Illuminationその19

  • 「新世紀エヴァンゲリオン」第14巻「旅立ち」(貞本義行画、カラー作、角川書店)
    やっと完結です。うちの長男が生まれる前から買い始めて、今、彼は高1です。「エヴァの最終巻、買って来た?」と、このところ毎日尋ねられていました。いつの間にか「作」も「GAINAX」から独立した「Khara」に変わっていました。テレビシリーズ、旧劇場版『Air/まごころを、君に』等の「終わらせ方」が改めて集約されて、洗練されているように思います。(新劇場版に繋ぐエピローグまで含めて)もう納得するしかない「終わらせ方」です。これなら、テレビ最終回時のように「自己啓発セミナー」等と陰口を叩かれることもありますまい。しかし、一種の夢オチですから、これまでの20年間がこの結末に向かっていたのかと思ったが最後、身も蓋もありません。でも、大切なのは、やっぱりプロセス。テレビ、新旧映画、マンガ、パロディ版と何種類も異なるヴァージョン(異伝)が存在してしまうところ、キャラが一人歩きを始めてしまうところ、完結したと思えないところ、「エヴァ」は現代日本の物語伝承みたいなものなのでしょう。
  • 「万国奇人博覧館」(ジャン=クロード・カリエール×ギイ・ベシュテル著、守能信次訳、ちくま文庫)
    カリエールは、ブルジョワ紳士淑女が便座に坐って用を足しながら晩餐をするブニュエルの映画、チンパンジーと不倫する人妻セレブを描いた大島渚の映画の脚本家です。とにかく、奇人というカテゴリーの幅広さに圧倒されます。7百ページを超えるのも宜なる哉。例えば、「文筆奇人」だけに限っても、「神学奇人、純文学奇人、哲学奇人、政治奇人、演説奇人」に分類できるそうです。私は牧師なので、やはり宗教的な奇人が気になります。寝取った人妻の夫に殴り殺された教皇ヨハネス12世(10世紀)、「使徒継承者」を名乗り、アントワープを占領したタンシュラン(11世紀)、私有財産を否定して、皆で女性も共有した再洗礼派ライデンのヤン(16世紀)、信徒を得る度に出産の陣痛に見舞われたブリニョン(17世紀)、フランス革命を支持した女性霊視家ラブルッス(18世紀)、小石を食べるル・モニエ神父(19世紀)、独力で自らを十字架に磔にしたロヴァト(19世紀)、聖体パンを食べる度、口の中から赤ん坊が生まれると主張するクエンカの福者(19世紀)、「神学/theologia」を「家でお茶/the au logis」と分解して、真剣に「お茶学問」を提唱したブリッセ(19〜20世紀)、愛人の胎児を殺す前に洗礼を授けたウルフェの司祭(1956年)、ブルターニュ海岸の岩礁に彫刻を施していったフエレ師…。百花繚乱です。
  • 「ゴジラと東京/怪獣映画でたどる昭和の都市風景」(野村宏平著、一退社)
    怪獣映画ファンであれば、誰でも一度くらいは、どの怪獣がどの都市や地域に出現し、どんな名所旧跡、建築物を破壊したか、どの経路を進んだか、リストアップしようと試みたことがあったはずです。勿論、私自身を含め、大抵の人が中途半端に投げ出してしまうのです。それくらい、実際にやろうとすると、気の遠くなるような作業なのです。著者は、映画撮影当時の街並み、建築状況を考証しつつ、綿密に再構成していったのです。それにしても、特撮映画のミニチュアセットの中にこそ、当時の風景が正確に記録されている等とは思いもしませんでした。実写以上の参考資料のようです。勿論、中には架空の建築物があったり、別の作品のミニチュアが流用されていることもあって、検証の必要があるようですが…。巻末の「主要建築物・ロケ地索引」が圧巻です。三浦町カトリック教会(『空の大怪獣ラドン』)、聖路加国際病院(『地球防衛軍』)、銀座教会(『宇宙大戦争』)、教文館(『宇宙大怪獣ドゴラ』)、横浜山手聖公会聖堂(『三大怪獣/地球最大の決戦』)と、キリスト教関係の建物も出て来ます。
  • 「怪奇文学大山脈/西洋近代名作選」第2巻「20世紀革新篇」(荒俣宏編、東京創元社)
    それにしても「大山脈」とは大仰な…。確かに、他に類を見ない巻末の作品解説(54ページもある!)を読めば「大山脈」とは思いました(因みに、前書きも25ページある)。G・マイリンクの「紫色の死」は短いけれども凄い。昨今の「パンデミック物」を先取りしています。ひたすらに墓碑銘を読み上げていくのは、デ・ラ・メアの「遅参の客」。碑銘に刻まれた「Rev./ヨハネの黙示録」が、実は「Lev./レビ記」の上書きという聖書の謎解きトリックがあって楽しめたのが、ハーヴィーの「アンカーダイン家の信徒席」。私の一番のお気に入りは、メトカーフの「ブレナー提督の息子」です。やんちゃな男の子を育てる親の哀しみと憤りと不安、そして罪悪感がよく描かれています。タウンゼント・ウォーナーの「不死鳥」は、そのまま幼稚園の子どもたちに聴かせて上げたくなるようなファンタジーです。特に急転直下の幕切れが素晴らしい。幼児をトラウマに突き落とすこと、請け合いです。
  • 「郵便局と蛇/E・コッパード短編集」(アルフレッド・エドガー・コッパード著、西崎憲編訳、ちくま文庫)
    コッパードがキリスト教を題材にする時に醸し出される奇妙にねじれた印象が好きです。荘園の森の番人が天国へ旅立つ「うすのろサイモン」は「天路歴程」のパロディのようです。同じ系列の「シオンへの行進」では、主人公の旅人ミカエルが、罪人と見れば平気で殺戮する剛力の修道士、不思議な女マリアと道連れになります。特に道徳や常識を超越した修道士の振る舞いは「タルムード」や「クルアーン」にある「天使とアブラハム」「天使とモーセ」の逸話を思い出させます。電柱が柳の木への恋情を切々と告げる「若く美しい柳」は凄絶なメルヘンです。幽霊譚「ポリー・モーガン」は「ジェントル・ゴースト物」でありつつ、意外に残酷です。三人の中年女の語らい「辛子の野原」は世知辛い中にも不思議な優しさが滲み出て来ます。この一筋縄では行かない、複雑な味わいを何と表現したら良いのでしょうか。
  • 「三文オペラ」(ベルトルト・ブレヒト作、谷川道子訳、光文社古典新訳文庫)
    数年前、クリスマスの愛餐会の余興で、この芝居のオープニング曲「モリタート/殺人物語大道歌」をドイツ語で披露したことがあります。それでショックを受けて躓いたのでしょうか、残念なことに、うちの礼拝に来なくなった人がいました。牧師がこんな歌うたっちゃいかんのです。でも、戯曲として読み直してみると、台詞は2回だけですが、「キンボール(金タマ?!)牧師」も登場します。それから、キリスト受難週に重ねるように、水曜日、洗足木曜日、聖金曜日(受難日)の3幕仕立てになっています。その上、メッキースとポリーが結婚するのは馬小屋、テーブルは飼い葉桶。「乞食の友商会」(乞食を組織して街角に派遣、その上前を撥ねる)の経営者、ピーチャムは聖書を引用します。そして、彼の名前はジョナサン・ジェルマイヤー(ヨナタン+エレミヤ)だったりします。ピーチャムの「人間の努力のいたらなさの歌」が私のお気に入り。「幸福を求め追っかけろ/夢中になって追っかけすぎるな/みんな幸福追っかけるから/幸福追い越されて置いてけぼり」。大悪党メッキースの処刑前の演説もイケてます。「銀行の株式に比べれば、こそ泥の合鍵など何ほどのものでありましょう。銀行設立に比べれば、銀行強盗などいかほどの罪でありましょうか」。
posted by 行人坂教会 at 05:22 | 牧師の書斎から