2015年01月12日

とりなしの祈り【ローマ8:31〜39】

聖句「復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。」(8:34)

1.《暴言者》 昔の牧師は、今の牧師よりも権威があったので、信徒の崇敬を集める反面、時に暴言を吐くことも多かったように思います。N教会の信徒、Sさんは尊敬するT牧師から「お前は音痴だから讃美歌を歌うな」と言われて以来、数十年間、「口パク」で礼拝の讃美歌に参加していました。

2.《偽善者》 C教会で長く役員を務めたAさんは、B牧師から「あんたの祈りは『執り成しの祈り』ではなくて『取り柄なしの祈り』」と笑われて、自ら役員を退かれました。このような出来事は、私にも他人事とは思われません。振り返れば、私の発言や振る舞いによって不愉快な思いを為さった信徒が大勢おられたであろうことが思われます。教会生活に限らず、一般の社会生活においても同じです。私たちは、このようにして、お互いに数多くの恨みを作りながら生きているのです。生き物から命を奪わないでは生きられないのと同様、争わず温和に暮らしているつもりであっても、誰かを傷付けながら、「私」という者は存在しているのです。せめて、その自己認識だけは忘れないようにしたいと思うのです。

3.《仲保者》 自らの偽善性、欺瞞、独善に気付くことで、私たちは、そこから解放され、脱出することが出来るのです。むしろ、それを見据えなければ、永遠に壁の中です。必ず乗り越えられるのです。そのように、確信を持つことが出来るのは私たちには「神の愛」と「キリストの執り成し」が与えられていると信じるからです。十字架は人と人、神と人とを繋ぎます。その中心には、神の子でありながら人として生きられたイエスさまが居られます。イエスさまは「中の人」でした。無責任な立場から正論を語る人、無関係、部外者を標榜しつつ批判する者たちと違い、主は自ら関係者となって、私たちの罪に連帯して行かれるのです。そのイエスさまの執り成しを原点として、私たちも祈って参りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:00 | 毎週の講壇から