2015年04月13日

愛という奇跡【ヨハネ13:31〜35】

聖句「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」(13:34)

1.《届かない手》 福島市の詩人の和合亮一は震災直後から、自身のツイッターを通して言葉を発信し続けて来ました。例えば、「福島の人とは結婚しない方がよい」との発言に衝撃を受け、思わす赤鉛筆を落とし、指が空しく床を探る詩があります。うろたえる姿が目に浮かび、今読んでも、胸が締め付けられます。彼は、被災者が死者に宛てた手紙を、詩として朗読する集いも続けています。

2.《愛と悲しみ》 若松英輔は、内村鑑三、井筒俊彦、池田晶子の評伝で知られる評論家ですが、連れ合いを乳癌で亡くした経験から「死者と共に今を生きる」を提唱しています。悲しみは愛する心、孤独の苦しみは全世界と繋がる、苦痛は愛を深め、他者と繋がること、宗教の言葉を使わず、信仰にも通じる心を語っています。しかし、ロゴスの揺ぎ無さに、私は違和感も抱かざるを得ません。信仰者である私たちが語り、祈る時には、むしろ「お前はどこにいるのか?」と問い掛けられています。しかし同時に、私たちも「神さま、あなたはどこにお隠れになったのか?」と、苦しみ悲しみを投げ掛けることが出来るのです。

3.《愛し合う掟》 キリスト者であれば耳タコの聖句ですが、実は不思議な言葉なのです。イエスさまは、愛し合うことを「掟、戒め」として命じて居られるのです。愛し合うことは自然に生まれること、自発的なことと、普通、私たちは思っています。しかし、本当は奇跡なのかも知れません。滅多に起こらない不思議な出来事を奇跡と言いますが、私たちの手の届く、毎日の何気無い暮らしの中にも、奇跡はあるのです。事故や事件、災害で一瞬にして家族を亡くした人は、「行って来ます」の笑顔や挨拶が、途轍もない奇跡だったと思い知るでしょう。失って初めて、存在の価値に気付くのです。「当たり前」のことは何もないのです。「互いに愛し合う」という命令を奇跡として受け止めて生きて参りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:49 | 毎週の講壇から