2015年05月18日

偽善者の祈り、異邦人の祈り【マタイ6:5〜15】

聖句「祈る時にも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。…また、あなたがたが祈る時は、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。」(6:5,7)

1.《偽善者》 家族や友人から面と向かって「偽善者!」と罵られたら、誰でも大きなダメージを受けるでしょう。青年時代、私は「偽善者」の謗りを受けたくないばかりに悪人ぶっていました。「偽悪者」です。しかし、人間は仕事や家族に対して社会的責任を果たし、人生とも向き合っていかなくてはなりません。むしろ、神の御前には「偽善者」でしかないことを自覚することが大切なのです。

2.《異邦人》 そう言われても、久保田早紀のヒット曲かカミュの実存主義文学を思い出すのが関の山です。「オリコン第1位」か「ノーベル文学賞」です。サンドラ・スミスの新しい英訳は「L’Etranger」を「The Outsider」としました。この世の秩序や価値観から完全に離脱してしまった者です。その意味では、問題提起者でもあります。私たちが「自明」とすることに異議申し立てをするのです。聖書の世界で「異邦人!」と言われたら、戦前日本の「非国民!」とのレッテル貼りにも等しい破壊力がありました。しかし、イエスさまは、「異邦人、異教徒」と蔑まれた徴税人たちや娼婦、遊女たちと共に生きられたのでした。

3.《祈る人》 そんなイエスさまなのに「異邦人のように祈るな」と、否定的に教えています。「マタイによる福音書」が書かれた当時、ユダヤ人キリスト者たちはユダヤ教の礼拝堂から排除されたのです。礼拝で必ず唱える18ヶ条の祈祷文「シェモーネ・エスレ」に、新たに「ナザレ人と異端の者どもを直ちに滅ぼし給え」が加えられたのです。これは「踏み絵」でした。こうして会堂から追放されたキリスト者たちは「主の祈り」を唱え始めたのです。「くどくどと述べる」祈りとは「シェモーネ・エスレ」のことだったのです。「偽善者」の謗りを受けたら、自らを振り返る機会としましょう。「非国民」の罵りを受けたら、差別される人に寄り添う機会としましょう。それこそが、真の祈る人の姿勢なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:50 | 毎週の講壇から