2015年05月25日

あなたの光は消えていないか【ルカ11:35〜36】

聖句「だから、あなたの中にある光が消えていないか調べなさい。」(11:35)

1.《ペンテコステ》 「五旬祭」等と言っても、単に「50日目」という意味です。南太平洋バヌアツにはペンテコステ島があります。フランス人が「発見」した日が丁度その日だったと言います。バンジージャンプ発祥の地です。また、日本人で初めて受洗の記録が残っているのが、ザビエルの通訳を務めたアンジロー(弥次郎)です。1548年(天文17年)のペンテコステでした。ラテン語の「神/デウス」を「大日」と訳してしまったのは興味深いエピソードです。

2.《聖霊降臨の日》 その失敗に懲りたのか、以後、イエズス会の宣教師たちはキリスト教用語を無理に漢字に翻訳しませんでした。「祈り」は「おらしょ」、「天国」は「ぱらいぞ」、「隣人」は「ぽろしも」でした。現代でも「降誕節」等と発話しても誰も理解できませんが、幼児ですら「クリスマス」は理解できます。それにしても、近年のカタカナ語の流通と消費のスピードには問題を感じます。余りにも語が大切にされていないように思われるのです。聖霊降臨の場面には、14(7の倍数)の国と地域が紹介されています。福音は「全世界」に向けて、翻訳発信されたのです。ペンテコステは通訳者、伝える人の記念日なのです。

《光輝くために》 日本におけるキリスト教信仰普及の低さ、滲透の遅さを嘆く人が大勢います。「リバイバルが足りないから」「聖霊の働きを祈らないから」との理由説明も聞きますが、むしろ、このことは、日本の私たちに与えられた独自の使命と課題ではないでしょうか。各人の人生に固有であるのと同じく、この国特有の課題があるのです。日本ホーリネス教団創設に協力した宣教師、レティ・バード・カウマンは「?燭が輝くためには、先ず身を削って燃えなければならない」「燃えるとは、苦痛や病、消耗や活動低下」「しかし、実は、良い働きをしていると自分で考えている時よりも、この世の祝福となっている」「世の人は十字架なしに栄光を求めている」(『荒野の泉』)と祈りの言葉を残しています。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:13 | 毎週の講壇から