2015年06月08日

あなたの肉を食べ、あなたの血を飲む【ヨハネ6:52〜59】

聖句「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。」(6:54)

1.《食生活の変化》 私の子ども時代には鯨肉がご馳走でした。しかし、外国の2百海里水域での操業規制が強まり、遠洋漁業は痛手を受け、海洋汚染と赤潮で沿岸の漁獲高も激減、天然物から養殖物への転換期でもありました。1970年代に、日本人の主食は魚から肉へとシフトしたと思われます。それに先立つ1950年代には、卵の大量生産流通ラインが生まれて、日常的に卵が食べられるようになっていたのです。数十年間で、日本人の食生活は大きく変わりました。

2.《カニバリズム》 ザビエルが来日した戦国時代、南蛮人は鉄砲と共に肉食文化ももたらしました。しかし、鎖国に向かう時代、肉食は切支丹禁教の理由の1つに挙げられました。南蛮人が肉食を好んだこと、信徒たちが「キリストの血と肉」に与る聖餐を受けていたこと、葡萄酒が血のように見えたこと等から、キリスト教禁教と人肉食のタブーとが融合してイメージされたのです。そのようなデマや中傷は古代からありました。トラヤヌス帝と小プリニウスとの往復書簡からも、当時そのような流言飛語があったことが読み取れます。

3.《血肉を喰らう》 それどころか、既にイエスさまが御言葉を語られた段階で、ユダヤ教徒は憤激し、弟子たちですら「聞くに耐えない」と吐き捨てて、主の御もとを離れ去っているのです。ここには「トローゲイン/喰らう」という語が4回も使用されています。「バリバリ噛む」「ガツガツ音を立てて喰う」「ムシャムシャ喰う」です。肉食動物が獲物を捕らえて食べる時の表現です。凡そ上品な表現ではありません。しかし、イエスさまは敢えて「喰らう」という言い方をすることで、私たちが「永遠の命」に与ろうとする際の必死さを尋ねておられるのではないでしょうか。周囲から誤解されても悪口を叩かれても、喰らい付いたら決して離さないような意気込みを持っているでしょうか。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 22:44 | 毎週の講壇から