2015年10月25日

彼岸と此岸

今年の6月、父の二十五回忌法要のために、久しぶりに実家に帰りました。キリスト教の牧師が主日礼拝を休んで、仏事(臨済宗)に参加するのですから、余り気持ちの良いものではありません。けれども、亡き父のことを念じながら、「般若心経」や「白隠禅師座禅和讃」を唱えたのでした。素直な気持ちで、改めて「和讃」を詠んでみると、私たちの信仰にも相通じるものがあります。

「衆生本来仏なり/水と氷の如くにて/水を離れて氷なく/衆生の外に仏なし」という出だしは、禅宗と無縁な人でも聞いたことがあると思います。「私たちは本来仏です/それは水と氷の関係のようなもので/水がなければ氷が出来ないように/私たち以外に仏はあり得ないのです」。「わたしたちは、すでに神の子なのである」(協会訳:「ヨハネの第一の手紙」3章1節)、「神の国は…『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」(協会訳:「ルカによる福音書」17章20〜21節)、そんな御言葉を思い出させるのです。

春分と秋分に墓参りに行く「お彼岸」は「彼岸会」の略です。本来の「彼岸/パーラ」とは、単に「あの世」のことではなく、理想の「涅槃/ニルヴァーナ」の世界のことです。私たちが生きたり死んだりしている「人の世界」である「此岸」に対して、「仏の世界」を言うのです。ところが、「白隠禅師座禅和讃」は、それを逆転させて「仏の世界」は「人の世界」の中にこそあると説いているのです。この逆説のロジックが、見事なくらいに、イエスさまの御言葉と同じなのです。

「神の国」や「涅槃」はともかく、確かに「水」のイメージには、一種の彼岸性があります。日本でも「水底の国」は「あの世」「黄泉」です。旧約聖書でも「陰府」を「淵」「大水」と言います。しかも、それは水面として「この世」にも接しています。フランスの詩人、ジャン・コクトーが映画『オルフェ』で描いた「鏡」もまた、「水」のヴァリエーションです。「この世」と「あの世」との境界性という点に着目すれば、「水」の持つ大きな意味が分かるはずです。そして思い返せば、教会の「洗礼」こそは、キリストの死に与ることで、古い自分を葬り去り、「新しい命」に生きるための儀式でした。

洗礼を経ることによって、私たちは既に「キリストの命」を宿しているのです。但し、私たちの「ただ中にある」ことを、繰り返し告白し確認していかなくてはなりません。そうしなければ、折角の「キリストの命」も全く発動しないのです。それこそが、私たちが毎週、礼拝を守っている意味です。謂わば、礼拝は「スイッチオン」なのです。つまり、私たちが共に、イエスの御名によって祈る時、賛美の歌声を上げる時、聖書に聴き従う時、身と魂とを献げる時、信仰の共同体であることを告白する時、「キリストの命」が発動し、ダムの放流水のように、私たちの人格と人生の中に流れ込んで、大きなエネルギーと成るのです。

【会報「行人坂」No.251 2015年10月発行より】

posted by 行人坂教会 at 04:00 | ┣会報巻頭言など