2016年03月27日

未来の不確かなる希望

「未来の不確かなる希望/spes incerta futuri」というラテン語の成句があります。古代ローマの詩人、ウェルギリウスの『アエネーイス』第八巻に出て来る言葉だそうです。「お先真っ暗」なのは世の常。未来は定まらず、先が見えません。しかし、そうであればこそ、そこに希望もあるというものです。

放射性物質、化学物質による地球規模の環境汚染、地球温暖化によって引き起こされていると思しき、異常気象と巨大災害も頻発しています。その過程で、多様な動植物の種が日々刻々と死滅しています。外来種の侵入によって、その地方固有の在来種は駆逐されてもいる訳ですが、それは何も自然界だけの話ではありません。

経済のグローバル化によって、色々な意味で「境界」が急激に崩れ去りつつあります。民族固有の生活文化や言語、宗教や伝統風俗も、均一化の大波に晒されています。報道される戦争やテロ、難民や経済小国の財政破綻のニュースは、それらが表面化した結果です。ここでもまた、多様性が奪われているのです。

多様性を失った生態系が死滅するように、多様性を奪われた人間界の仕組みも滅亡が近付いているように思います。人類が滅びるのではないかも知れませんが(その可能性も多分にあるものの)、これからは、家庭消滅、地域集落消失、社会崩壊、国家破綻などの出来事が、あちらこちらで散発的に続いて行くように思います。

このようにして現在から未来に目を向けるならば、正直、誰でも暗澹たる気持ちになることでしょう。逸早く敏感に、そのような未来図を透視した人たちがいます。その結果、子どもを産まない決断をした女性を、私は何人か知っています。その内の一人は「子どもたちに安心して渡せるような未来を、到底、望めないから」と言っていました。もう三十年ほど前の話です。環境問題に取り組んでいる人でした。

彼女ほどに意識的な人は、今でも少数派だと思います。それでも、出生率は低下する一方です。子どもが生まれなくなっている社会的な要因は、マスコミで言われている通り、幾つも挙げることが出来ます。他方、不妊症に悩んでいる夫婦も多くあります。子孫を残すという生物としての営みが失われているのを見るにつけ、種としての人類は急速に衰退しつつあると思います。これこそは、地球環境と社会環境の激変に対応してのことでしょう。いや、逆に、対応し切れなくてのことかも知れません。

そう言えば、ウェルギリウスには「羊の群れの希望/spes gregis」という成句もありました。『牧歌』の一節だそうですが、その意味は「一人の大切な子」です。幼子のイエスさまが私たち人類の「希望」と成られたことを思い出します。そして、未来を慮って憂いに沈むよりも、今、私たちの目の前にいる「一人の子」を大切にしよう、そう思うのです。もし、未だ神さまが私たちを見捨てず、私たちに希望を置いておられるとしたら、その心でしょう。


【会報「行人坂」No.252 2016年3月発行より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など