2016年06月27日

やもめたちの涙【使徒言行録9:36〜43】

聖句「やもめたちは皆そばに寄って来て、泣きながら、ドルカスが一緒にいた時に作ってくれた数々の下着や上着を見せた。」(9:39)

1.《未亡人殉死》 「未亡人」の語には、諸侯の夫が死んだ時、妻も殉じて自刃するという古代中国の習慣の名残があります。インドには古来、夫を焼く荼毘の中に未亡人が飛び込んで自殺する「サティー」という習慣が、つい近年まで残っていました。未亡人になるのは、自身の前世の因業に原因があるとされ、夫亡き後に親族から悲惨な扱いを受けるため、名誉ある死を選ぶそうです。

2.《寡婦クラブ》 「後家」の用法も実に不愉快なものです。それに比べると、「寡婦」の「寡」は「頼り少ない、心細い」ですし、「やもめ」の「やも」は「悩んで夜も寝られない様子」です。ヘブル語「アルマーナー」も「痛みを感じる」、ギリシア語「ケーラ」も「見捨てられて孤独」の意味です。お目出度くはありませんが、悲しみに寄り添う語です。古代のキリスト教会では、登録制度を作って、本当に身寄りのない寡婦を皆で扶養していました。タビタ(ドルカス)を慕う婦人たちも、英米の「寡婦クラブ」のような互助団体、共同生活をしながら裁縫や手織りを習得する職業訓練所や工房だったのかも知れません。

3.《復活の希望》 「共観福音書」の、イエスさまが会堂長ヤイロの娘を生き返らせる話、更に遡れば、「列王記上」17章の、預言者エリヤが寡婦の息子を生き返らせる話に辿り着きます。福音書には、他にもイエスさまが葬列からナインの寡婦の息子を生き返らせる話、墓からラザロを生き返らせる話があり、「使徒言行録」には、パウロが青年エウティコを生き返らせる話があります。「神癒」を売りにしている教会でも、蘇生はありません。また、たとえ蘇生したとしても、また死ぬのであれば、単なる延命に過ぎません。イエスさまの復活と永遠の命を信じなければ、これらの蘇生に何の意味もありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から