2016年09月26日

アドリア海で朝食を【使徒言行録 27:27〜38】

聖句「…パウロは、一同の前でパンを取って神に感謝の祈りをささげてから、それを裂いて食べ始めた。そこで、一同も元気づいて食事をした。」(27:35,36)

1.《最後の航海》 パウロは十二使徒以外で唯一「使徒」と呼ばれる人物ですが、それは彼が「異邦人の使徒」と成ったからです。国外の異邦人にキリストの教えを伝え、3回の伝道旅行で移動した距離は8千数百キロに及びます。その後、ユダヤ教徒からの告訴を受けたパウロは、皇帝に上訴してローマに移送されることになりました。その行程表が詳しく記述してあります。

2.《アドリア海》 9月末の地中海は荒れるので、古代人は航海を中止したものです。しかし、パウロの乗せられた船は、船主や船長、ローマ軍との利害が絡んでいたのか、無理な出航をした挙句に漂流してしまいます。クレタ島を出た後、暴風に遭い、リビア沖に流され、更に14日目にはアドリア海に流されていたということです。アドリア海は『紅の豚』の舞台ですが、その直後にマルタ島に漂着するところを見ると、どうやら当時はイオニア海も含めて「アドリア海」と言っていたようです。乗客の安全を無視した危険な航海、乗客を置き去りにして逃げ出す船員の描写など、現代の海難事故を髣髴とさせます。

3.《元気を出す》 不安と船酔いのため2週間も何も食べていなかった乗客乗員に向かって、パウロは「朝の食事をしましょう」と促します。カポーティの『ティファニーで朝食を』のホリーは「たとえティファニーで朝御飯を食べる金持ちに成ったとしても、私は私のままでいたい」と自らの生活信条を語りました。朝食には、私たちの生活信条、自身の生き方、家庭の在り方(崩れ方)がどうしようもなく表われてしまいます。遭難者たちが共に朝食を食べる場面は「聖餐」と重ねられています。彼らは「元気づく」のです。今日も神さまから頂いた1日、賜った命です。神の御守りを信じて祈りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:48 | 毎週の講壇から