2017年04月03日

蛇のように、鳩のように【マタイ10:16〜23】

聖句「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。」(10:16)

1.《レミゼ》 ユーゴーの『レ・ミゼラブル』には、グランテールという学生が登場して「如何に白百合が鳩の悪口を叩くか」「狂信者は蛇よりも有害だ」と演説する場面があります。白百合はフランス王室の国璽ですが、蛇や鳩と共に聖書に所縁の深い象徴です。要するに「目糞、鼻糞を笑う」なのです。思えば、丹羽文雄の『蛇と鳩』も宗教の二面性を言い表わす題名だったのです。

2.《蛇と鳩》 文語訳では「蛇のように慧く」と訳されています。「物事の本質を見抜く心の鋭さ」です。実際、熱線暗視装置「ピット器官」を持ち、闇世の中でも獲物の位置や形状を正確に捉えることの出来る蛇もいるのです。赤外線情報と視覚情報とを統合できるのです。あらゆる生物の中で、鳩は色検知能力が最も優れているそうで、人間の「三原色」に対して「20原色」を持っているとされています。バッハとストラビンスキーを聴き分け、ピカソとモネを見分けた実験結果もあります。蛇が邪悪で狡猾、鳩が柔和で素直と、善悪の区別は必要ありません。どちらが優れているのでもありません。等価値なのです。

3.《狼と羊》 「蛇のように賢く」とは、暗闇の中でも獲物を捉える蛇の認識能力の高さです。「鳩のように素直に」とは、ワインを水で割らないストレートの意味です。いずれも現実認識です。もう1つ「羊のように」と言われています。羊は旧約聖書以来「信仰者」の象徴です。4つの動物は全て複数形で表現されています。社会という「大きな群れ」の中で、教会のような「小さな群れ」は如何にあるべきかと教えられているのかも知れません。私たちを取り巻く社会も「狼の群れ」のように残酷で、油断なりません。「狼の群れ」のような世の中ですが、主が羊飼いとして私たちを守り、導いて下さるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 23:41 | 毎週の講壇から