2017年05月28日

教会の臓器移植

1.怪盗ニック

短編ミステリーの名手、エドワード・D・ホックの代表作に「怪盗ニック」というシリーズがあります。現在、翻訳で『怪盗ニック全仕事』(木村二郎訳、創元推理文庫)第1〜2巻が入手できます(以後、第6巻まで刊行予定)。

「怪盗ニック」こと、ニック・ヴェルヴェットは2〜3万ドルという高額な報酬を受けて、依頼品を盗み出すプロの「泥棒代行業者」です。「価値のないもの、もしくは誰も盗もうとは思わないもの」を専門にしています。当然、依頼は珍妙極まるものばかりです。「プールの水を盗め」「既に公演が終了した芝居の切符を盗め」「服役中の囚人のカレンダーを盗め」「大リーグの弱小野球チームを盗め」「シャーロック・ホームズのスリッパを盗め」「博物館のティラノサウルス骨格標本の尾を盗め」…。

第1巻の6話目にあるのが「聖なる音楽を盗め/The Theft of the Sacred Music」、「教会の巨大なパイプオルガンを盗め」という依頼です。近日中に、オルガン奏者としても知られる高名な医師が、近所の聖公会の教会のオルガンを演奏し、それをレコード会社が録音しにやって来る予定です。それまでにオルガンを盗み出し、その後は元通りに戻して欲しい(依頼人は「教会の人たちには何の恨みもないので…」)と言うのです。

その依頼の場面が傑作です。キャロル・オランダー夫人は「怪盗ニック」に、臓器移植の専門医にして高名なオルガン奏者、ドクター・エルキンの話をした後、「オルガンを盗んでいただきたいのです」と依頼します。それを受けて、ニックは「心臓とか腎臓といった内臓器官(オルガン)のことですか?」と聞き返すのです。

2.オルガヌム

オルガンはラテン語で「オルガヌム/organum」と言います。「道具、楽器、オルガン、器、器官、臓器」と意味が派生して行きます。因みに、近年よく使われる「オーガニック/有機的な」という語も「オルガニクス/organicus/道具の、機械の、楽器の、音楽の」が語源になります。

以前にも、私は「オルガンは教会の内臓」という趣旨の文章を書いたことがあります。今回は、その「教会の内臓」の「臓器移植」についてのお話です。

我らが行人坂教会では、ドイツ製の「アルボーン/Ahlborn」というメーカーの電子オルガンを使って参りました。今は無き「クロダオルガン/クロダトーン」が輸入していたオルガンです。伊藤多恵子さん(元フェリス女学院オルガニスト、伊藤義清牧師の夫人)が主唱されて、1983年12月に導入したオルガンです。『行人坂教会百年史』には「天上の高い礼拝堂に響くその音色はパイプオルガンに勝るとも劣らぬ素晴らしいものである」と絶賛されています(まあ、パイプオルガンも「ピンからキリまで」ありますしね)。

パイプオルガンに比して如何かはともかく、私たちは30年以上も、あのオルガンの演奏で瞑想し、あのオルガンの伴奏で讃美を歌い続けて来たのです。礼拝堂が満員の時もガラガラの時も、葬式の時も結婚式の時も、喜びの日も悲しみの日も、牧師の離任の時も着任の時も、無牧師の月日も、変わらずに、あのオルガンが私たちを力付け続けてくれたのです。あの音色には、深い愛着を感じています。

しかし、数年前から急に音が出なくなったりすることが発生し始めました。オルガニストの咄嗟の機転で、スイッチを切り替えたら、音が出るようになったこともあったようです。それこそ宥(なだ)め賺(すか)して、騙し騙しして、何とか保って来たのです。けれども、昨年秋の特別音楽礼拝の際、音楽指導に来て下さった飯靖子さん(霊南坂教会、青山学院大学オルガニスト)から遂に、「もう、いつ壊れても不思議ではない」「新しいオルガンの購入を計画した方が良い」と「余命宣告」を受けたのでした。

それ以来、牧師とオルガニスト、役員会の間では「もしも、礼拝中に突然音が出なくなったら、ピアノ伴奏に切り替えましょう」と話し合いをしていたのです。

3.夢見る者ら

「壊れても部品が無い」「修理を請け負う代理店も無い」と「無い無い尽くし」の中で、オルガンが鳴らなくなったら「建築等基金を取り崩してオルガンを購入しようか」等と、役員会では話し合っていました。そんな時、大口献金をして下さった方があったのです。聖句を添えて献金して下さった方の献身の祈りを、私たちの礼拝を導くオルガン(器官)として活かすことが、御心に適っていると確信しました。

そこで役員会での決議の後、教会音楽委員会に業者と機種の選定をして頂くことになりました。相談に乗って頂いた飯靖子さんからは「アーレン/Allen」を推薦されました。また、非公式ながら伊藤多恵子さんからも「今買うならアーレンね」とのご意見も伺いました。飯さんから、日本での代理店「パックスアーレン」の社長さんを御紹介いただき、3月30日に、お話を伺うことが出来ました。また、4月5日には、オルガニストが実際に弾き比べて機種選定が出来るように計らって頂きました。

その結果報告などを踏まえて、4月23日の定例役員会、5月21日の臨時役員会において「アーレンオルガンCHANCEL(チャンセル)CF-4型」と決定、再度細かいことを協議して契約を承認しました。8月末に納入予定の運びと成りました。秋から春にかけての、新オルガン購入についての急展開は、まるで夢を見ているようでした。

「詩編」126編1節「主がシオンの捕らわれ人を連れ帰られると聞いて/わたしたちは夢を見ている人のようになった」。お献げ下さった御家庭、オルガニストの方々に感謝します。そして何よりも、主に栄光を帰したいと思います。ハレルヤ。

牧師 朝日研一朗

【2017年6月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など