2017年07月10日

旭日亭菜単(続き)その39

  • 「紙の動物園/ケン・リュウ短篇傑作集1」(ケン・リュウ著、古沢嘉通編訳、ハヤカワ文庫)
    読み始めてすぐに、同じ中国系のテッド・チャン(『あなたの人生の物語』)を思い出しました。深い喪失感に裏打ちされたファンタジーなのです。案の定、著者自身が「チャン作品にこれまで大きな影響を与えられている」と付記していました。折紙の動物たちが命を吹き込まれて戯れる表題作、同じように漢字が魔法の力を顕わす巻末の「文字占い師」、「結縄」には、縄を編むことで記録される言語が出て来ます。「心智五行」では、体内にバクテリアを取り込むことで、ある惑星の環境への適応を果たした部族が登場します。一旦、北米白人の目に触れることで異化された「東洋のエキゾチシズム」、これがケン・リュウの方術です。彼の作品には、米国白人社会に憧れを抱きながらも、彼らによって手痛く裏切られる中国人が繰り返し描かれています。「太平洋横断海底トンネル小史」では、相手は日本帝国です。しかし、米国白人も日帝も、中国共産党も台湾国民党も、憎しみの対象としては描かれないのです。「文字占い師」の中で、甘さんは在台米軍の情報将校と国民党の軍属から、最愛の息子を眼前で殺され、自身も凄惨な拷問を受けた挙句に殺されるのですが、カート・ヴォネガットのように、怨みを超越してしまっているのです。痛みが憎しみに流れないのです。その点、優雅ですらあります。
  • 「世界ファンタスティック映画狂時代」(友成純一著、洋泉社)
    著者が「キネマ旬報」に連載していた「びっくり王国大作戦」は欠かさず読んでいました。フランスのアヴォリアッツ、カタルーニャのシチェス、ポルトガルのファンタスポルト等の「ファンタスティック映画祭」にプレスとして参加し続け、世界中のホラーやスプラッター、エログロ映画を観まくった著者が、そこで出会った映画人たちとの交流を含めて綴った貴重な記録です。ピーター・ジャクソン、タランティーノ、トビー・フーパー等、ビッグネームも出て来ますが、やはり、巻末の第5章「ファンタで出会った凄い人たち」が凄い!の一言。『ソサエティ』のブライアン・ユズナ、『リトルショップ・オブ・テラーズ』のイワン・カルドソ、『コフィン・ジョー』のホセ・モジカ・マリンズ、『ネクロマンティック』のユルグ・ブットゲライト、『ゾンパイア/死霊大戦』のオラフ・イッテンバッハ等の記述は、VHS乱発時代の狂奔を思い出して、ニヤニヤしました。「君の名字、ブットゲライトっていうのか? 日本ではそう呼ばれているが」、それに対して「俺の名前か、それは?」と、Buttgereit本人が応える珍問答は涙が出る程に微笑ましい。
  • 「興亡の世界史/ケルトの水脈」(原聖著、講談社学術文庫)
    妻が一時期、セシルさんというブルターニュ人からフランス語を習っていました。彼女は黒沢清監督の大ファンで、水木しげるの『墓場の鬼太郎』も読んでいました。それは、彼女の中に流れるケルトの血のせいかも知れません。我らが柳田國男も、ブルターニュの民族学者、ポール・セビヨから方法論を学んでいたのです。日本民俗学との接点も深いのです。民族移動に伴う文化や言語の連続性については、「言語が存続するか消滅するかの境目を移住者の視点から考えると、家族をともなうか単身なのかが大きな分岐点となる」との卓見。「自文化に対する自負心が、文化的権威を背景にした「文明開化」の思想、これこそキリスト教が本来持つ普遍性(カトリシテ)の思想にもつながる」。つまり、文化的優位性の自意識があって初めて、伝道者は異文化の地に乗り出す布教の覚悟を固めると、著者は指摘しています。欧米の宣教師のみならず、イスラムの布教、仏教の伝播、全てに言えることです。日本のキリスト教界について言えば、現在、韓国系の教会が日本の布教活動に熱心なのも、彼らの優越感が大きく作用しているはずです。それに対して、昔ながらの教会においては、伝道意欲が低いと非難されがちです。しかし、それは日本の土着文化、土着宗教に敬意を払い、同じ目線に立とうという所に到達したからなのです。例えば、ブルターニュでは「布教者のキリスト教化はまったく強引なところがなく、一歩前進一歩後退の状態にあった」「布教者が異教に寛容であった」と著者は言います。これがケルト的キリスト教を育んだのです。私がケルト十字架を特に愛しているのも、このスタンスを是とするからです。「土着的な独自のものと普遍的なものとが入り交じって一つの文化を構成」すること、日本文化と日本的感性を愛する牧師としての理想です。
  • 「シュトヘル/悪霊」第14巻(伊藤悠作、小学館)
    完結しちゃいました。主要登場人物が一堂に南宋国都江堰に集結。命のやり取りです。但し、急変する展開もアクションも、良い意味で物語に従属しています。その物語とは…。国は滅んでも民は生きる。民は滅んでも人は生きる。人は死んでも文字は生き残る。文字を使う人が消えれば文字も死ぬ。しかし、死んだ文字でも、それに人が触れることで息を吹き返す。今失われつつあるのは生物多様性だけではありません。グローバリズムという暴力の中で、人間の言語や文化、信仰の多様性も急激に失われているのです。些か駆け足ながらも、そういうことを深く思わされる幕切れでした。この日本でも、地方の町村の人口減少のために、人々の暮らし、風土が消滅しています。もはや止めようのないことだとは思います。その代わりに、私たちは未来に向けて、何かの種子を蒔く責任があるように思うのです。
  • 「ヒトラーの描いた薔薇」(ハーラン・エリスン著、伊藤典夫他訳、ハヤカワ文庫)
    エリスンはテレビドラマの台本を書いていただけあって、すぐに映画化できそうな作品があります。「血を流す石像」では、NYの聖パトリック大聖堂の尖塔に施されたガーゴイルの意匠が実体化して、枢機卿を串刺しに、尼僧を股裂きに、「ジーザス運動」の群集を虐殺します。『空の大怪獣Q』のラリー・コーエンに映画化して貰いたいです。このように、著者のキリスト教に対する嫌悪が、どの作品からも醸し出されていて、その反骨ぶりには脱帽です。日本で神社神道に対して、ここまで牙を剝いて愚弄できる作家が一人でもいるでしょうか。「睡眠時の夢の効用」では、ジェリー・ファウェル(80年代を代表するTV伝道師、「モラル・マジョリティ」でレーガン政権を支えた)を名指しで「糞野郎」呼ばわりしています(勿論、88年の作品)。表題作に至っては、エリスン自身はユダヤ人でありながら、地獄に堕とされたヒトラーの姿を詩情豊かに描いています。「クロウトウン」には絶句。主人公の青年弁護士は自宅で恋人を堕胎させますが、トイレに流した胎児を探して来るように、恋人に要求され、マンホールの蓋を開けて下水道に降りて行きます。この初期設定だけで、もう降参です。こちらは、コーエンの『悪魔の赤ちゃん』を思い出させます。
posted by 行人坂教会 at 09:11 | 牧師の書斎から