2017年09月24日

ジャンプ展

1.六本木ヒルズ

第18号台風一過の9月18日、「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」に行って参りました。会場は六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーです。台風が接近する週末に、軽い気持ちで「もしも月曜日、晴れたら連れて行ってやる」と、二男に約束していたのですが、明けて月曜日は青天の夏日…(何という晴れ男でしょう)。と言う訳で、二男の移動介助として同行することになったのでした。

今年の春から、二男も電動車椅子の運転が出来るようになったので、「介助」と言いながらも、随分と楽になりました。東京メトロ南北線麻布十番駅から徒歩で、環状3号線をトコトコ進みます。途中、鳥居坂下交差点の急傾斜舗道を横断する際には、親子で戦々恐々としました。坂道を上ったり下りたりする以上に、車椅子は坂道を横断する方が恐ろしいのです。「ヒルズ」に着いてからは、段差のない入り口が見付からず、エレベーターの乗り換えに四苦八苦。これは帰りも同じでした。

エスカレーターや階段が自由に利用できる人には、中々、理解して貰えません。昔のデパートと違って、最近の複合施設(ショッピングモール)はシネコンや美術館やホール等が入っていて、各階ごとにデザインや設計を変えているせいか、エレベーターの場所が移動するのです。況してや、「ヒルズ」のように丘の上から麓に掛けて、幾つかの建造物が連なっていると、どこから出入りしたら良いのか(地上は何階なのか)分からなくなるのです。

2.少年ジャンプ

要するに「少年ジャンプ」の回顧展、歴代「少年ジャンプ」に連載されたマンガの原画展なのです。「少年ジャンプ」は1968年に創刊されて、来年が50周年だそうです。それを「創刊〜1980年代」「1990年代」「2000年代〜」と3期に分けて開催する、今回は、その「VOL.1」なのでした。

今回の目玉は、武論尊+原哲夫の『北斗の拳』、ゆでたまごの『キン肉マン』、鳥山明の『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』、高橋陽一の『キャプテン翼』、秋本治の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、北条司の『キャッツハート(トランプ)アイ』『シティハンター』、車田正美の『聖闘士星矢』と、主に1980年代のヒット作品です。これら一時代を画した大ヒット作品には、1作品ごとに1つのスペースが割り当てられています。

しかしながら、私としては、創刊直後のスペースに展示されていた、永井豪の『ハレンチ学園』、本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』に釘付けで、感動してしまいました。それらの原画を見た瞬間、小学校の風景(スカートめくり、番長ごっこ)が蘇えって来たのです。その影響力の深さと濃さたるや一生もの。恐るべしです。

吉沢やすみの『ど根性ガエル』、とりいかずよしの『トイレット博士』、梶原一騎+井上コオの『侍ジャイアンツ』、山川惣治(『少年ケニヤ』の!!)+川崎のぼるの西部劇『荒野の少年イサム』、池沢さとしのレース物『サーキットの狼』、これらが私が小学校時代に愛読していた「ジャンプ」でした。ところが、同じ時代に「ジャンプ」には、中沢啓治の『はだしのゲン』も連載されていたのです。しかるに、私自身は『はだしのゲン』は図書館で読んだ印象しかありません。図書館に置かれている唯一のマンガだったのです(当時は、手塚治虫すら置かれていませんでした)。

諸星大二郎の『妖怪ハンター』『孔子暗黒伝』にもビックリ。所謂、民俗学的ホラー、伝奇文学的ホラーですが、「ジャンプ」に連載されていたとは知りませんでした。読んだのは大学生になってからです。諸星の後継、星野之宣の海洋SF物『ブルーシティー』については、その連載を覚えているのです。つまり、諸星のマンガは、当時の私には難し過ぎて、目で見ていても、心と頭で読んではいなかったのでしょう。

これらは皆、1970年代のマンガ作品です。こうして改めて俯瞰してみると、ジャンルは別として、70年代の「ジャンプ」の絵は(星野を別として)洗練されていませんが、「荒ぶる魂」とでも言うべき猛々しさに満ち溢れていたように思います。

3.神さまもいる

今泉伸二の『神様はサウスポー』(1988〜90年)のカラーイラスト(1990年)にはビックリ。コピーは「ボクサーにして修道士!目指すは世界チャンピオン!!」。主人公がノックダウンした対戦相手を抱きかかえています。その背後には、十字架のキリストが…。こんなマンガがあったのですね。解説によると「アメリカの修道院で育った少年」が亡き父の夢であった「ボクシング世界チャンピオンを目指す」のだそうです。「神の力が宿る左から繰り出す必殺パンチも話題になった」とも書いてあります。

そう言えば、『北斗の拳』(1983〜88年)には、キリスト教の祈りを感じさせる原画がありました。十字の墓標を刺した盛り土の上に、種を蒔くケンシロウ。それを見て「ケッ そんな所に まいたって実るわけ ねぇだろ」と吐き捨てる、スレッカラシのバット。「実るさ…」と種を蒔き続けるケンシロウ。「下に あの老人が 眠っている」と、十字架の上から種を蒔き続けるケンシロウ、天の雲間からは光が差し込んでいる(1983年)。

ケンシロウに七つの傷を負わせた男、南斗聖拳の使い手シンを倒した後、その埋葬の準備を黙々と続けるケンシロウに向かって、「なぜだよ なぜ そんな男に墓を つくってやるんだよ」と吐き捨てるバット(またかよ)。その時、ケンシロウはシンの遺体を抱き上げて言うのでした。「同じ女を 愛した 男だから」と。彼らの前には墓穴が、遠景には、瓦礫と化したビル群がありますが、なぜかケンシロウの後ろには、大きな十字架が描かれているのです。しかも、コマからはみ出しちゃってます!(1983年)。ある意味、現代の聖画です。

牧師 朝日研一朗

【2017年10月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など