2018年01月28日

悲しみは雪のように

1.雪降り止まず

先日、珍しく東京が大雪に見舞われました。と言っても、積雪が僅かに20センチ程です。東北や北海道、日本海側の出身者、あるいは、それらの地方での生活経験のある人は、むしろ、首都圏の公共交通機関と道路の混乱ぶり、マスコミの大騒ぎぶり(ハシャギぶり)の方をこそ訝しく思われたことでしょう。

一夜明けて、私は「雪かきスコップ」(2014年の大雪の後に教会で購入して貰った)を使って、教会の周りの雪撥ねをしていました。妻は牧師館の前に、1メートル程の小さな雪だるまを作っていました。それは、子猫か子狸のように耳と鼻の付いた動物の顔をした雪だるまでした。造型が優れていたと見え、その日、通り掛かりの若い女性たちが、雪だるまに目を留めて、ニッコリ微笑んだり、「見て、カワイイ」と会話しながら歩いているのを、何度も何度も目撃しました。

実は、その雪だるまの眼窩に、お化けの眼球(グルグルと緑色の紅彩が動く)を1つ嵌め込んでやろうか等と、私などは不穏なことを考えていたので、女の子たちの好反応、好評ぶりを見て、大きな敗北感を胸に抱いたのでした。やはり、私は性根が腐っているのです。妻がメルヘン系だとすると、私は根っからのホラー系の人間です。

午後になると、温かい陽射しを受けて雪は溶け、路面も乾いてしまいました。実に、東京の雪は呆気ないものです。雪国では、踏まれて汚れた雪が、そのまま凍て付いて固まってしまいます。その上から、その黒い雪を覆うようにして、また新しい雪が降ります。こうして根雪に成るのです。まさに「雪降り止まず」なのです。

2.欺く雪の白さ

そのようなことを思い巡らしながら仕事をしていると、奇しくも2014年1月に亡くなった吉野弘の詩「雪の日に」の一節が思い出されたのでした。吉野が混声/女性合唱組曲「心の四季」のために、自作の詩をアレンジした作品です。

♪「雪がはげしく ふりつづける/雪の白さを こらえながら//欺きやすい 雪の白さ/誰もが信じる 雪の白さ/信じられている雪は せつない//どこに 純白な心など あろう/どこに 汚れぬ雪など あろう//雪がはげしく ふりつづける/うわべの白さで 輝きながら/うわべの白さを こらえながら/雪は 汚れぬものとして/いつまでも白いものとして/空の高みに生まれたのだ/その悲しみを どうふらそう//雪はひとたび ふりはじめると/あとからあとから ふりつづく/雪の汚れを かくすため//純白を 花びらのように かさねていって/あとからあとから かさねていって/雪の汚れを かくすのだ」

♪「雪がはげしく ふりつづける/雪はおのれを どうしたら/欺かないで 生きられるだろう/それが もはや/みずからの手におえなくなってしまったかの/ように/雪ははげしく ふりつづける//雪の上に 雪が/その上から 雪が/たとえようのない 重さで/音もなく かさなっていく/かさねられていく/かさなっていく かさねられていく」。

合唱曲「心の四季」(全7曲)の第6曲目です。因みに、作曲は田三郎(1913〜2000年)です。現代日本を代表する作曲家ですが、カトリック初台教会に属する教会音楽家でもありました。「第2ヴァチカン公会議」(1962〜63年)によって、ローマカトリック教会はラテン語からの自国語による典礼へと大きく舵を切りましたが、以来、日本のカトリック教会の典礼改革をリードしたのが田三郎です。彼は、私たちの讃美歌集のためにも作曲してくれています。「讃美歌第二編」83番「呼ばれています」、「讃美歌21」131番「谷川の水を求めて」、409番「すくいの道を」です。

このような田の宗教的背景を考え合わせ、且つ、その田とのコラボということを念頭に置くと、吉野の「雪の日に」の歌詞には、また別の意味でも味わいが増して来るようではありませんか。「雪の白さを こらえながら」「どこに 純白な心など あろう/どこに 汚れぬ雪など あろう」「雪は 汚れぬものとして」「空の高みに生まれたのだ/その悲しみを どうふらそう」…。この辺りの歌詞が切なくて胸にグッと迫ります。私には、信仰を抱いて生きる者としての悲しみが込められているような気がしてなりません。

3.白雪の悲しみ

ロックミュージシャンの浜田省吾もまた、この吉野の詩にインスパイアされて「悲しみは雪のように」(1981年)という名曲を作りました。♪「誰もが 泣いてる/涙を 人には見せずに/誰もが 愛する 人の前を/気付かずに 通り過ぎてく//悲しみが 雪のように 積もる夜に…」。

当時、浜田の母親が脳梗塞に倒れて、意識不明の重体と成ったと言います。彼は深い悲しみと絶望に打ちのめされながらも、不思議なことに、人に対する慈しみの気持ちが湧き上がって来るのを感じたそうです。そんな気持ちの中から生まれた楽曲なのです。

その後、1992年にテレビドラマ『愛という名のもとに』(鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介出演)の主題歌としてセルフリメイクされています。脚本を担当した野島伸司は、最初から「悲しみは雪のように」を念頭に置いてドラマを書いたと言われています。

「詩編」51編9節は「わたしを洗ってください 雪よりも白くなるように」と、神に訴えます。「罪に汚れ果てた自分を潔めて欲しい」と祈っているのです。この詩編は古来、ダビデ王の懺悔の祈りと信じられて来ました。しかし「雪もまた自らの汚れを隠すために降り積もる」と、吉野弘は歌っています。それは、私たちが何度も同じ過ちを繰り返してしまう、その度し難さを思わせるのです。にも拘わらず、そのような人の営みに対しても尚、天から慈しみが与えられていることをも感じさせられるのです。

牧師 朝日研一朗

【2018年1月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など