2018年02月05日

聖なる者となりなさい【レビ19:1〜18】

聖句「あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である」(19:2)

1.《聖☆おにいさん》 10年以上も連載が続く中村光のギャグマンガです。ブッダとイエスがバカンスとして立川の安アパートでルームシェアをしているという設定です。二人は「聖人」を名字と勘違いした大家から「聖さん」と呼ばれています。淡々とした若者の日常生活が描かれ、そのリアルな生活感と宗教ネタのギャグとが、絶妙のバランスを生み出しているのが人気の秘密でしょう。

2.《聖とされたもの》 「聖」とは何でしょうか。私たちの身の周りにある「聖」と称されるものに思いを巡らしてみましょう。「聖書」「聖歌隊」「聖日」「聖餐式」「聖霊」…。そんなに多くはありません。プロテスタントでも、特に「聖潔」を重んじる教派、「聖会」をする福音派の教会もあります。しかし、圧倒的に「聖」が多いのは、やはりローマカトリック教会です。「聖人」「列聖」「守護聖人」「聖地」「聖家族」「聖母」「聖水」「聖職」「聖務日課」「聖省」「聖劇」「聖週」「聖婚」「聖十字架」「聖堂」…。さて、聖書は、教会の共同体を「聖徒、聖なる者」と呼んでいますが、それは本来どのような意味だったのでしょうか。

3.《日常生活の中に》 「使徒信条」の中にも「聖なる公同の教会、聖徒の交わり」と告白されています。個々人が「聖なる人」ではありません。私たち自身は「聖人、義人」ではありません。その「交わり」、コミュニティが聖霊によって聖とされるのです。レビ記の「聖潔法典」を見ると、母父を敬うこと、礼拝や献金、社会的弱者への配慮、正しい司法、復讐の否定、愛の教えと続き、全て社会生活の中の教えであることは明らかです。毎日の暮らしがあり、暮らしを営む私たちがあり、そこに聖なる主が共に居られて、それで初めて「聖なる」が生きて来るのです。これこそが「聖なる共同体」の姿なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から