2018年03月25日

十字架の魔除け効果?

「高きに在す御方の御名において、父と子と聖霊の力において、我は悪の全ての力と種とを追い祓う。我は悪の全ての力と種とを追い祓う。我は悪の全ての力と種とを、キリストの聖なる教会の御言葉によって縛る。鎖で縛られるように固く縛られて、外の暗闇に投げ捨てられ、以後、神のしもべを苦しめることの無きように」。

悪魔祓いの儀式で「拘束命令/Binding Commands」と言われる祈りと同じです。ローマカトリック教会の典礼書では、その後、聖書を朗誦した上で「追放命令/Banishment Commands」と「三一改変/Variable Triune」等が行なわれます。

それはともかく、上記の祈りは、20世紀初め「内光協会/The Society of Inner Light」という魔術団を設立した、ダイアン・フォーチュンが著書の中で述べている、最も簡単な「心霊的自己防衛/Pychic Self-Defence」です。

彼女は十字の切り方についても教示してくれています。「指差したり、十字を切ったりする時、人差指と中指を伸ばし、薬指と小指は曲げて掌につけ、その爪に親指を重ねるようにする。祝福のために塩と水の溶液に手をかざす時、手は水平に、指をつけて真直ぐにし、親指だけは人差指と直角となるように伸ばす」(「世界魔法大全」第4巻)。

そう言えば、プロテスタント教会では、ルター派と聖公会以外に、十字を切る習慣がありません。しかし、ローマ教会では、しばしば信者は十字を切ります。通常は「父と子と聖霊の御名によりて」と称えて、親指で額、口、左肩から右肩へと印を描きます。額と口と胸に描くのは、心と言葉と行ないとを表わしていると言われています。三位一体への信仰を表明するため、三位一体の名(「父と子と聖霊」)が唱えられる度に印を結びます。ラテン語で「十字架の印/シーグヌム・クルキス/Signum crucis」と言います。

「十字架の印」は秘蹟に準じるものとされ、それによって免償、即ち罪の赦しが与えられるとされていました。プロテスタント教会が「十字架の印」を廃棄した理由はそれです。しかしながら、一般庶民の心情としては、災難や恐怖、試練や誘惑に際して、そこから「逃れさせ給え」「免れさせ給え」「御加護を賜え」の祈りを込めて、印を結んでいたのではないでしょうか。その心情は無視できません。

最近では、ローマ教会でも「十字架の印」の意味づけを変えて来ています。十字架に掛けられ、死んで葬られ、復活した「キリストを信じています」という「告白のしるしだ」と言うのです。「栄光の神学」から「十字架の神学」への移行です。「頌栄」よりも「信仰告白」に比重を移しているのです。

そう言えば、カバラの魔術の呪文の中にも「十字架の印/シーグヌム・クルキス」がありました。「…イェスス、ナサレヌス、レクス、イウダエオルム/エクケ、ドミニカェ、クルキス、シグヌム、フギテ、パルテス、アドウェルサェ/ウィキト、レオ、デ、トリブ、ユダエ/ラディクス、ダウィド、アレルーヤ/キリエ、エレイソン/クリステ、エレイソン…」。


【会報「行人坂」No.256 2018年3月発行より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など