2018年11月05日

来る年も来る年も【士師記11:34〜40】

聖句「来る年も来る年も、年に4日間、イスラエルの娘たちは、ギレアドの人エフタの娘の死を悼んで家を出るのである。」(11:40)

1.《死の無残さ》 人生の歩みが十人十色であるように、最期の迎え方も同じではありません。同じ病気で亡くなろうと、同じ日に亡くなろうと、全く異なるのです。死は自然の理と言いつつも、愛する者と引き裂かれる人にとっては大きなダメージです。医療の発達により長寿が可能になっても、死の実態は変わっていません。ある日、私たちの絆は無残に断ち切られてしまうのです。

2.《士師エフタ》 勇者エフタはギレアドの長老たちに乞われて、軍の司令官と成り、アンモン人との戦いに勝利します。しかし、決戦の前に「勝利の暁には自宅から私を迎えに出た者を生贄に捧げる」と神に誓いを立てるのです。人間の体と命を捧げる「人身御供」が最も強い影響力を持つとされていたのです。結局、父の凱旋を喜び飛び出した一人娘を生贄に差し出すことになります。エフタは勇者と言っても、実の娘に優しい言葉も掛けず逆ギレするダメ男の典型です。その無責任、無慈悲、無節操は、彼が「ならず者」の親分だった出自を思わせます。男の「冒険」の尻拭いを女性がさせられているのです。

3.《エフタの娘》 娘は12〜13歳の女の子のはずですが、父の誓いの責任を自ら果たそうとするのです。古代社会では、妻となり母となり、子をもうけることが女性の唯一の義務とされていました。さもなければ、神からも民からも「記憶されない者」として打ち捨てられるのです。父のため、その運命を受け入れた娘は、結婚式の付添い人を思わせる女友だちと最期の日々を過ごします。娘は生贄にされますが、少女たちは彼女のことを忘れず、その記念の儀式は伝統に成ったのです。作家の高橋たか子は「死者に対する礼儀は2つある。1つは沈黙すること、もう1つは、彼らのことを決して忘れないこと」と言います。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:55 | 毎週の講壇から