2019年09月29日

未来の子どもの家

1.家が火事

「私たちの家が燃えています。私はその事を伝えるために、ここに来ました。私たちの家が燃えているのです/Our house is on fire. I am here to say, our house is on fire」。

胸を突くような、この衝撃的な言葉は、16歳のスウェーデン人少女、グレタ・トゥーンベリ(Greta Thunberg)が、今年の1月に開催された「ダボス会議」(世界経済フォーラム年次総会)で訴えたメッセージです。

彼女は前年2018年から、スウェーデン議会の前で「気候変動問題のための学校ストライキ/SKOLSTREJK FÖR KLIMATET」と書いたプラカードを掲げて座り込みを行ないました。彼女の真っ直ぐな姿勢と主張に賛同した学生たちは、彼女と共に毎週金曜日に、学校を休んで座り込みを始めました。ネットやマスコミを通して、運動は世界中の若者に拡がりました。因みに、プラカードは、今や彼女のトレードマークに成っています(NY国連前で開かれた若者たちの集会でも、手にしていました)。

9月23日の国連地球温暖化対策サミットでは、世界中の政治指導者たちに向かって、「あなたたちは経済成長の話しかしていない」「あなたたちは私たちを裏切っている」「未来の世代の目があなたがたに注がれている」「もしも、あなたがたが私たちを裏切るなら、絶対に許さない」と怒りの演説を行ないました。

サミット出席のために、彼女は飛行機ではなく、太陽光パネル付きの競技用ヨットに乗って、15日間かけて大西洋を横断してNYに上陸しました。それから、彼女がアスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害、強迫性障害その他である事も話題になっています。

2.家と世界

そこでまた、冒頭に挙げた彼女の言葉に戻りますが、これこそは、まさしく旧約聖書の預言者のレトリックでは無いかと思ったのでした。御存知のように、旧約聖書で「ダビデの家/ベース・ダーヴィド」と言う場合は「ダビデ王朝」を、「ヤコブの家/ベース・ヤァコブ」「イスラエルの家/ベース・イシュラーエール」と言う場合には「ユダヤ民族全体」を指します。「家/ベース」は「ハウス」の事ですが、単に「建物、家屋」に留まらず、「家族、暮らし」をも意味します。

この「ベース」というヘブライ語が、ギリシア語に翻訳されると(七十人訳聖書、新約聖書)、「オイキア、オイコス」という語と成ります。ギリシア語の「家/オイキア、オイコス」は「オイケオー/住まう、暮らす」という動詞から来ているのです。そして面白い事には、この「オイケオー」の女性形の受身を現在分詞にした語「オイクーメネー」は「世界」という意味に成るのです。

キリスト教界では、しばしば「超教派の集会/教派を超えて集まる事」を「エキュメニカル/Ecumenical」と言います(大きな誤解をもたらす使用法だと思います)。先のギリシア語「オイクーメネー」がラテン語化して「オエクメンティクス/oecùmenticus/全世界の、普遍的な」「全キリスト教会挙げての」という意味に成りました。これが英語の「エキュメニカル」の語源です。

つまり、単に「spura-/教派を超えている」とか「non-/非教派的、没教派的である」とか「inter-denominational/諸教派相互の」という程度のニュアンスで使っていると、語の持つ本来の志を著しく貶める事に成るのです。「世界」を忘れてはならないのです。「エキュメニカル」という語を使う場合には、常に「世界」を視野に入れる必要があるのです。それ故「エキュメニカル・ムーブメント/Ecumenical Movement」は「世界教会運動」と訳されているのです。平和や核廃絶、環境保全などの課題に、世界の教会が連携して取り組む場合に「エキュメニカル」という語は使われるべきなのです。

3.星を継ぐ

キリスト教諸教派の「エキュメニカル運動」は、折角、20世紀に盛り上がったのですが、残念ながら21世紀に入ってから頓挫しています。ローマカトリック、聖公会、ルーテル教会、東方正教会など各々の教派の中が「保守派」と「リベラル派」に分裂してしまっているのです。勿論、その他のプロテスタント諸教派も同様の状態です。

現代的な課題が余りにも膨大で多岐に渡るためでしょうか、思考停止したり、伝統主義に回帰したり、内向きに成ったりしているのです。この世的な団体の常として、やはり「世界」を取り巻く問題などよりも、自分たちの教団の維持運営、拡大成長の優先順位が高いのでしょう(「あなたたちは経済成長の話しかしていない」)。

ローマカトリックなら「解放の神学」の取り扱い、聖公会なら女性司祭問題、北米のプロテスタントなら中絶や同性愛を認めるかどうか等、意見対立ばかりが際立ってしまったのです。先の地球温暖化問題でも、原理主義的傾向の強いプロテスタントはトランプ大統領の支持基盤の1つですが、彼らの中には、天地創造の際に、神が人に「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」「すべて支配せよ」(「創世記」1章28節)と仰ったのだから、「地球温暖化も悪くない」等と、自分勝手な論理を振り回す宗教指導者がいるくらいです。「創世記」2章で、人が罪を犯して、楽園を追放された事については、彼らは何と考えるのでしょうか(笑)。環境破壊を「原罪」とは考えないのでしょうか。

♪「地球という星は/未来の子どもの家/いつまでも共に住む/道を示してください。」(「讃美歌21」426番)。英国の合同改革派教会の牧師、ブライアン・レン(Brian Wren)作詞による、キリスト者の立場から環境問題を歌う讃美歌です。「地球」が「未来の子どもの家」であるとすると、もうこれ以上、私たちが破壊する事は決して許されません。

牧師 朝日研一朗

【2019年10月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など