2019年10月27日

祝砲の挽歌

1.楽器としての大砲

10月22日午後、事務仕事をしていると、遠くで花火のような爆音が聞こえ、地響きが感じられました。それで「令和天皇」の「即位礼正殿の儀」が終了したのだと分かりました。陸上自衛隊北富士駐屯地(山梨県)の第1特科隊から「礼砲部隊」が編成され、礼砲専用の105ミリ榴弾砲を4門使用したのです。

首相が音頭を取る「天皇陛下萬歳!」の最初の「て」と言った瞬間、宮殿の部隊長が「撃て!」と無線で命令、850メートル離れた北の丸公園に待機する部隊が発射します。その砲音は3.5秒後に宮殿に到達、つまり、首相が「萬歳!」を言い終えた瞬間に響きます。その後は5秒間隔で、合計21発が発射されます。

105ミリ榴弾砲(M101)は先の大戦中から戦後に掛けて、「連合国」で広く使用されていた野砲です。米軍では朝鮮戦争、ベトナム戦争初期にも主力野戦砲として活躍、日本の陸自では、米軍の供与を受けて使用され始め、かなりの長期間、現役を務めました。部隊によりますが、10年くらい前までは、チラホラ残っていたように思います。特撮ファンにとっては『地球防衛軍』(1957年)の「ミステリアンドーム」攻撃の場面が思い出されます。現在は退役し、礼砲用に使用されるか、音楽隊がチャイコフスキーの「序曲1812年」を演奏する場合に「楽器」として使われているのです。

余談ですが、2017年に北富士駐屯地創立67周年記念行事が開催された時には、音楽隊が『シン・ゴジラ』のテーマ(伊福部昭の「ゴジラ」と鷺巣詩郎の「新世紀エヴァンゲリオン」のメドレー)を演奏し、後継機種の155ミリ榴弾砲FH70(えふえっちななまる)が発射されました。このFH70は「平成ゴジラ」シリーズの常連兵器です。但し、こちらは発射音が強過ぎて「楽器」向きでは無かったようです。

2.大砲は「国崩し」

「祝砲」と「礼砲」に厳密な違いはありません。英語では「Gun Salutes/敬礼の発砲」です。日本語では、皇族の即位など、特別な祝意を表わす場合には「祝砲」、外国の要人に歓迎の意を表わす場合には「礼砲」と言い換えています。最大21発と決めたのは、英国海軍の経費節減が起源とされています。それ以前は、気分次第で撃ちまくっていたのでしょう。

21発、19発、17発、15発、13発、11発、7発と、礼待する相手の身分や階級によって発射数が決められています。また、奇数は慶事、偶数は弔事(弔砲)とされています。

関係があるのか無いのか、香典に入れる金額には、偶数を避ける習慣があります(但し、なぜか2万円や2千円は良いらしい)。でも、葬儀は「弔事」故に偶数でも良いのでは…と思います。更には、銃を発射する「弔銃」の場合には「斉射3回敬礼/Three-volley salute」です。奇数は「慶事」の場合では無かったのでしょうか…。

最も古くから黒色火薬を使用していたのは、中国人だと言われています。13世紀には、モンゴル軍がイランや日本に侵攻する際に火薬弾を投げています。14世紀のスペインでは、ムーア人が弩(石弓)に似た、火薬の爆発で太矢を発射する大砲を開発していたようです。百年戦争の際には、イングランドのエドワード三世が「カレー攻城戦」(1346〜47年)に10門の大砲を使用しています。15世紀には飛躍的に破壊力が高まり、トラニオン(車輪付き台車)により移動域も拡がりました。コンスタンティノープル攻城戦(1453年)では、オスマン・トルコのメフメト二世が大型砲を多数使用しています。この大型砲を開発したのは、ハンガリー人の技師ウルバンでした。

日本で大砲が使用されるのは、その120年後、豊後の戦国大名、大友宗麟がポルトガルの宣教師から手に入れた「石火矢/フランキ砲」を「国崩し」と名付けたのが最初とされています。16世紀末には、国内でも大砲の生産が行なわれるようになったとか…。大坂の陣のために、徳川家康が英国から「カルバリン砲」4門を入手したとされています。

大砲(cannon/キャノン)という語は、ギリシア語「カンナ/kanna/筒」、ラテン語「カンナ/canna/葦笛」から来ているとか…。大砲の語源も「葦笛」という楽器だったのです。

3.大砲に白い薔薇を

私が「祝砲」という語を覚えたのは、かつて一世を風靡した海外ドラマ「刑事コロンボ」の第28話「祝砲の挽歌」(By Dawn’s Early Light)(1974年)でした。私立の陸軍幼年学校を経営する大佐(パトリック・マックグーハン)が、経営不振を理由に男女共学の短大に変えようとする、金儲け主義の理事を謀殺するエピソードでした。邦題からも察せられる通り、謀殺のトリックに使われるのが、校庭にある大砲なのです。

開校記念日の早朝(原題はここから来ています)、理事が祝砲の引き綱を引くと、轟音と共に大砲が暴発して、理事は爆死してしまうのです。ドラマの大詰め、校長室で対峙する大佐とコロンボ、事件の核心に迫るコロンボに対して、大佐は葉巻を勧め、自身の信念について滔々と語り始めます。最後に「薔薇があるのだよ。白い薔薇だ…」と語る大佐…。コロンボは唖然とするものの、大佐の犯行動機が保身や欲得を超えたものである事を察して、最大の敬意をもって受け止めるのでした。

因みに、原題は米国の国歌「星条旗/The Star-Spangled Banner」の歌詞の一節です。「Oh,say can you see/ああ、君たちにも見えるだろうか」「by the dawn’s early light/夜明けの薄明かりの中」「What so proudly we hailed/我らが誇り高く叫ぶのを」。米英戦争のマクヘンリー砦の攻防戦(1814年)を歌い上げた歌です。その歌詞の中には、英軍が砦に対する攻撃で発射したロケット弾(コングリーヴ・ロケット)も出て来ます。また「我らは神を信ず/In God is our trust」という国家標語も歌い込まれているのです。

牧師 朝日研一朗

【2019年11月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など