2020年01月26日

旭日亭菜単 (続き)その55

  • 「イギリス怪談集」(由良君美編、河出文庫)
    英国と言えば「幽霊物」と相場は決まっています。その中でも、ベンソンの「チャールズ・リンクワースの告白」は、電話が小道具に使われて、奇妙なリアリティを残す作品です。ティンバリーの「ハリー」は、幼い娘を持つ母親が語る神経症的恐怖譚。失ってはならない愛すべき者がいればこその怖ろしさです。ブラックウッドの「僥倖」は、ジュラ山中を旅行する牧師が主人公です。マンビーの「霧の中での遭遇」にも教区牧師が登場します。旅人に道を教える慈悲深い隠者も登場します。この2作品、「九死に一生」の結末は同じですが、霊の働きは正反対です。水夫や水兵の怪談、航海中の客室の怪談、所謂「海もの」が4篇も入っていたのも英国らしさでしょうか。
  • 「平成怪奇小説傑作選2」(東雅夫編、創元推理文庫)
    牧野修の「グノーシス心中」のスプラッターぶりはサイコー。浅田次郎の「お狐様の話」は、御岳山を歩き、宿坊に泊まった時の風景を思い出しながら読みました。「この世に邪悪なものは数知れずにあるが、それを調伏する力など実は人間にも神様にもないのではないかと疑った」。先のホワイトヘッドの「黒い恐怖」を神道の立場で再現しています。森見登美彦の「水神」は、京都市郊外の旧家を舞台に通夜の不寝の番が延々と続いて、やがて読者も同席しているような朦朧感、錯覚に陥ります。京都の送り火をモデルにしているのは、綾辻行人の「六山の夜」ですが、こちらは30分ホラードラマの趣き。山白朝子の「鳥とファフロッキーズ現象について」は『怪奇大作戦』かな。朱川湊人の「トカビの夜」、光原百合の「帰去来の井戸」は、ひたすら涙涙です。特に前者は円谷特撮ファン必読。
  • 「キリスト教でたどるアメリカ史」(森本あんり著、角川ソフィア文庫)
    「米国キリスト教史」ではありません。これこそが紛れも無い「米国の歴史」です。著者はICU(国際基督教大学)の教授、日本キリスト教団の牧師ですが、米国キリスト教を見詰める彼の眼差しには、異文化を分析する客観性が担保されています。その意味で、米国人や米国の政治・経済・文化・科学に関わる全ての人にお薦め出来る、安心の教科書(勿論、良い意味で)です。第10章「アメリカの膨張」では、米国の歴史が日本のプロテスタント諸派の成立に直結していることが分かります。それだけに私たちは、もっと米国の負の歴史、米国社会の脆弱さ、反主知主義の伝統をも見据える必要があります。
  • 「ゴールデンカムイ」第20巻(野田サトル作、集英社)
    前半の見せ場は、雪深い登別の山中で展開される菊田特務曹長+有古一等卒VS都丹庵士の死闘。後半の見せ場は、尾形百之助との激闘の最中、鯉登音之進の脳裏に蘇る鶴見中尉との邂逅(感傷的な物語に見えて、実は、これにも何か裏がありそうです)。菊田が二挺拳銃で使用している「ナガンM1895」は、ベルギーで開発されたリボルバーで、ロシアとソ連の制式拳銃でした(主に将校用)。対する都丹の愛銃「マウザー(モーゼル)C96」はドイツ軍の制式拳銃(オートマチック)です。雪山で繰り広げられる死闘を見ていて、異色マカロニ西部劇『殺しが静かにやってくる』の殺し屋サイレンス(声帯を切られた男)の愛用銃でもあったことを思い出しました。その名前と言い、銃器と言い、最期までマカロニでした。
  • 「アメリカ怪談集」(荒俣宏編、河出文庫)
    やはり、同業者として、ホーソーンの「牧師の黒いヴェール」とホワイトヘッドの「黒い恐怖」は外せません。その独特の不気味さを解して愉しむことが出来るのは、キリスト教徒の数少ない特権の1つです。カウンセルマンの「木の妻」にも、年老いた信徒伝道師が出て来ます。こちらは、ヒロインが福祉調査員の女友だちに同行して目撃する異様な世界です。明らかに戦後社会なのですが、米国僻地独特の底知れなさが醸し出されていて絶品です。ヘンリー・ジェームズの「古衣裳のロマンス」は、予想通りの展開でありながら、予想外の面白さでした。ケラーの「月を描く人」は精神病院が舞台に成っていて、患者の描いた絵が実体化する話。ベン・ヘクトの「死の半途に」の中にある「われわれの幻覚は本人のみならず他人をも支配するということだ」の警句が思い出されます。
  • 「ロシア怪談集」(沼野充義編、河出文庫)
    子どもの言葉遊びに「ロシヤの殺し屋怖ロシヤ」というのがありました。でも怪談は怖ろしくありません。プーシキンの「葬儀屋」、ドストエフスキーの「ボボーク」等、むしろ「諧謔小説」と言うべきでしょう。ゴーゴリの「ヴィイ」は、その筋では有名な映画『妖婆/死棺の呪い』(もしくは『魔女伝説/ヴィイ』)の原作です。ウクライナ正教会の神学校の「文法級生→修辞級生→哲学級生→神学級生」という学制、上級生に成れば成る程に不良化して行くのが面白い。最大の収穫は、アレクセイ・トルストイの「吸血鬼の家族」でした。ルーマニアとウクライナの間、モルダヴィア(モルドバ)に伝わる「ヴルダラーク」の物語。死者が墓から抜け出して、自分の村に戻って来るのです。そして迎え入れた家族や友人の血を吸うのです。それは伝染病のように拡がり、やがて村全体が滅んでしまうのです。現代の「ゾンビ」、いや、キングの『ペット・セマタリ』の味わいに近いです。
posted by 行人坂教会 at 22:58 | 牧師の書斎から