2020年02月10日

信仰のない私が信じます【マルコ9:14〜29】

聖句「その子の父親はすぐに叫んだ。『信じます。信仰のないわたしをお助けください。』」(9:24)

1.《逆説的な真実》 聖書の世界、イエスさまの御言葉は「逆説」に満ちています。例えば「寡婦の献金」の記事では、賽銭箱に1万円を入れる金持ちよりも、50円を献げた寡婦が一番多く奉げたと、主は言われます。明らかに一般的な貨幣価値に反しますが、「彼女は生活費全てを入れた」との真理に私たちは胸打たれるのです。主の示す真実は、私たちの固定観念を木っ端微塵にするのです。

2.《パラドックス》 論理学では「ドクサ/正しい見解」+「パラ/それに反する見解」の合成語で「背理」と言います。しかし、ギリシア語の語源から考えると「私たちの予想を超えた、期待を裏切る」意見です。実際、義人が非とされ、罪人が義とされる逆転が語られるのです。例えば、この父親の叫び「信じます」は信仰告白ですが、それに続く「信仰のない私」は不信仰の告白です。しかし、この信仰の逆説こそが真骨頂です。信仰とは、自らの不信仰を御前に曝け出して神の愛と赦しを乞うことではないでしょうか。

3.《信仰と不信仰》 弟子たちに息子の病気を癒して貰えなかったからでしょうか、この父親は「お出来になるなら」と余計な一言を加えて、イエスさまの逆鱗に触れたかのように訳してあります。しかし「ベザ写本」では「あなたさえ信じることが出来れば」と、父親に信ずるよう促しているのです。それに応えて、父親は「信じます」と叫んだのです。但し、揺るがぬ信仰など持ち合わせていませんから、同時に「この不信仰の故にお助け下さい」とお縋りするより他はなかったのです。「私共をお助け下さい」が「私をお助け下さい」に変化しています。自らの不信仰を曝け出して、救いを求めることが肝要です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:54 | 毎週の講壇から