2020年02月22日

蒼ざめた馬を見よ

1.マスク不足

毎月の恒例行事です。掛かり付けのクリニックに行き、血液の検体を取って(簡易キットによる測定もあります)、ドクターと世間話をしました。その後、調剤薬局に行って、処方箋を出して、雑誌を読みながら待っていました。すると、初老の女性が薬局に入って来て、いきなり「マスク、ありますか!?」と叫ぶのです。薬剤師が「いいえ、ありません」と応えるや、すぐに出て行きました。

私は思わず薬剤師と顔を見合わせました。薬剤師は「最近、毎日、ああいうのが何人も来ますよ」と呟きました。「買占めですね」「マスクはウイルスを他人に移さないための物で、自分がウイルス防御をするなら、むしろ介護用手袋(ラテックスの)でも買った方が良いのにね」と言うと、薬剤師は我が意を得たりとばかりに「そうです、そうです。その通りです」と頷いていました。

翌朝のニュースバラエティ番組では、中国人の「転売ヤー」が大挙して日本に乗り込んで来ていて、マスクを買い占めている、しかも、1箱5百円程度のマスクを、中国本土で1万円の高額で売り捌いている等というネタを紹介していました。そう言われてみれば、調剤薬局で叫んだ女性も(中国人かどうかは定かではありませんが)、自分の必要のためではなく、転売目的のように思われました。

妻に頼まれて、近所のドラッグストアに、消毒用のアルコール液を買いに行ったら、これまた、店員から「今日は入荷ありません」と言われる始末。そこで漸く「新型コロナウイルス禍による買い占めか」と悟った次第です。何と呑気なことでしょう。そして世の中には、パニックを煽って、それを機に儲けようとする商売人が大勢いるのですね。

2.ウイルス禍

パニックを煽るのは何も商売人だけではありません。武漢(ウーハン)が「新型コロナウイルス禍」に見舞われたのは、神の裁きであると喧伝している「キリスト教の牧師」も居られるようです。何でも、その牧師によると、中国共産党がキリスト教を弾圧し、会堂を撤去したり、十字架を燃やしたりしたことに対して、「神の怒り」が下ったのだそうです。そんな風に主張なさっている牧師のフェイスブック投稿(写真画像含む)を、私も目にする機会がありました。

実質的に、中国には「信教の自由」は存在せず、政府公認の教団しか運営が許されていません。例えば、カトリックなら「中国天主教愛国会」ですが、バチカンとの国交を認めていない中国では、教皇の叙任権は及びません。プロテスタントの方も「三自愛国教会」「中国基督教協会」がありますが、戦時体制下の「日本基督教団」と同じく、政府の厳しい監視と指導の下に置かれています。その他の教派(特に福音派)は地下教会(家の教会)として活動しています。貧富の格差と共産党独裁という二重の苦しみの中で、数千万人もの人民(レェンミィン)がキリスト教、イスラム、新興宗教に救いを求めていると言われています。

さて、中国保険局によると、2月16日現在、新型ウイルスの感染者は7万人を超え、死亡した人は1770人に及んだとのことです。恐らく、肺炎を発症したり、亡くなったり、家族を亡くしたりした人たちの悲惨な現実があるだけで、そこに「クリスチャンか否か」等という選別は成り立たないと思うのです。「出エジプト記」12章の「過越」のように、災厄がイスラエル人の家の前だけを過ぎ越して、エジプト人の家だけを打つ等と、そんなに都合よくは行っていないと思うのです。

キリスト教に限らず、大きな災害や人災(地震、津波、原発事故、台風、水害、火事、飢饉)が起こると、それを「天罰」「神罰」と捉える固定観念は拭い難く、私たちの脳味噌にこびり付いています。確かに自らの中にある罪や悪を省みるチャンスかも知れません。しかしながら、自分は痛くも痒くもない場所にいながら、他者の苦難に対して「神罰」等と嘯くのは、キリスト者として相応しくありません。東日本大震災の時に「天罰」と放言した石原慎太郎(当時の都知事)級の「低レベル廃棄物」です。

3.疫病と信仰

勿論、旧約聖書では「疫病」は「剣」(他国の侵略)「飢饉」(旱魃)と並ぶ「神罰」です。ヘブライ語の「疫病」、即ち「デベル」は「神罰としての疫病」を、「マッゲーパーハ」も「ネゲフ/打つこと」から派生した語です。神が民を打つのが疫病なのです。

新約聖書では「ロイモス」というギリシア語ですが、面白いことにキリスト教の宣教に対して使われているのです。「使徒言行録」24章5節「実は、この男は疫病(ロイモス)のような人間で…」と、パウロが告発されているのです。ユダヤ教徒からすれば、イエスの福音を広める使徒こそが、非常に厄介な「疫病」のように思われたのでしょう。古代ギリシアには「ドリーア人との戦争(レモス)が起こると、疫病(ロイモス)が一緒にやって来る」という諺があります。イオニア人(アテナイ)の立場から、ドーリア人(スパルタ)との戦争の厄介さを言っているのでしょう。

ラテン語では「疫病」は「ペースティス/pēstis」と言います。ここから「ペスト/黒死病」という語が生まれました。英語の「疫病/ペスタランス/pestilence」の語源です。中世ヨーロッパでは、ペストもまた神罰、もしくは「終末に訪れる大患難の前兆」とされていました。「ヨハネの黙示録」の「青白い馬」の騎手が「死/タナトス」であり、「陰府/ハデース」を引き連れていたように、疫病流行のイメージは大量死と繋がり易いのです。そして、死の現実に直面して初めて、人間は己の非力を悟ります。そこで信仰による救いを願うのです。「助かったら現世御利益、助からなくても極楽」という訳です(やれやれ)。

牧師 朝日研一朗

【2020年3月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 11:52 | ┣会報巻頭言など