2020年03月28日

旭日亭菜単(続き)その56

  • 「ゴールデンカムイ」第21巻(野田サトル作、集英社)
    かなり「作画チーム」が充実して来たと思われます。いや、作画だけではありません。物語の展開にも、徒に登場人物を増やしただけではなく、今後それを上手に結んで行く予感があります。205話の「シネマトグラフ」等、「こんな話、要らんだろ」と思っていたら、アシリパさんの両親やキロちゃんの映像が出て来たりして、ハッとさせられます。谷垣とチカパシの別離、アシリパと鶴見中尉の対峙など、凄い展開に息を飲みます。
  • 「ローマ法王」(竹下節子著、角川ソフィア文庫)
    この本のクライマックスは、第4章「ヨハネ=パウロ二世と歴史の激動」にあります。アンティオキア、アレキサンドリアと共に3大司教の1人でしかなかったローマが、どのようにして西欧キリスト教世界を束ねる「教皇」の地位と権勢を獲得して行くに至ったか。また、宗教改革と啓蒙主義の時代、どのようにして、その存在意義を保ったか。そんな歴史を概観した上で、未だ記憶に新しい「東欧革命」「ソ連の解体」を牽引したカロル・ヴォイテワの偉業を見せられるのです。この本は出版社を変える度に、ベネディクト16世、フランシスコの部分が「秘伝のタレ」のように注ぎ足されたのです。教皇に莫大な寄付金を納めている、米国支配階級の団体「コロンバス騎士会」の影響力についても採り上げられている所は、エゾテリスムの研究者である著者の面目躍如です。
  • 「昭和芸能界史/[昭和20年夏〜昭和31年]篇」(塩澤幸登著、河出書房新社)
    「平凡」「平凡パンチ」「Tarzan」等の編集を務めた著者による戦後芸能年代誌。これまでに「あるようで無かった本」です。芸能雑誌「平凡」の資料と統計が物を言う訳ですが、著者は、その年その年の政治や経済にも目配りをしながら、大衆文化の深層に切り込んで行きます。鶴見俊輔や色川大吉などの思想家の記録も引用されますが、大衆文化(その時代の大衆が何を求めているか)に寄り添う著者の視点と覚悟は潔く温かです。近江絹糸の労働争議では、経営者が従業員に対して前近代的な人権抑圧をしていたのですが、その中に「平凡」講読禁止の項目があったというのには驚きました。渡邊晋が「渡辺プロ」を設立する経緯も丁寧に書かれていますが、連れ合いの美佐夫人の一族(曲直瀬家、マナセプロ)は、我が行人坂教会とも多少の縁があります。
  • 「平成怪奇小説傑作選3」(東雅夫編、創元推理文庫)
    東日本大震災後の「破滅時代」に書かれた諸作は粒揃いです。私たちの生きている現実そのものが、今や「ホラー」としか言いようが無いのだと、改めて実感しました。震災を直接題材にしているのは、高橋克彦の「さるの湯」でしょう。しかし、木内昇の「蛼橋」も、有栖川有栖の「天神坂」も、小野不由美の「雨の鈴」も、小島水青の「江の島心中」も、大濱普美子の「盂蘭盆会」も、死者の世界から生者の世界を覗き見ているような物語である点で共通しています(高原英理の「グレー・グレー」なんてゾンビ物ですしね)。民俗学に言う「異種婚姻譚」(宇佐美まことの「みどりの吐息」)や「鬼子伝説」(京極夏彦の「成人」、澤村伊智の「鬼のうみたりければ」)にも、現代特有の閉塞感が表現されています。私の一番のお薦めは、恒川光太郎の「風天孔参り」です。遣る瀬無い孤立感が堪りません。
  • 「中国怪談集」(中野美代子、武田雅哉編、河出文庫)
    王秀楚(ワン・シウチュー)の「揚州十日記」こそは、ケン・リュウの「草を結びて環を銜えん」の素材だったのです。その一点からも推察されるように、『聊斎志異』のような「如何にも」な怪異譚は敢えて外して、現代中国系作家のSFやファンタジーのイメージの源泉を教えてくれるようなセレクトがしてあるのです。魯迅の「阿Q正伝」を入れてあるのにも舌を巻きました。私の一番のお気に入りは、葉蔚林(イェ・ウェイリン)の「五人の娘と一本の縄」です。何と、これはワン・チン監督の名作『五人少女天国行』(1991年)の原作ではありませんか。映画もブッ飛びましたが、原作も凄いです。嫁に出される直前の少女たち5人が集団自殺する話なのですが、その瑞々しさ儚さに胸が締め付けられます。許地山(シュー・ティシャン)の「鉄魚≠フ鰓」には、往年の海野十三の趣きがあります。
posted by 行人坂教会 at 17:45 | 牧師の書斎から