2021年07月31日

我々は単なる数なり Numerus sumus

1.核兵器五輪

コロナ禍の今、オリンピック東京大会が開催中です。私も息子と一緒に、サッカー日本代表の試合だけは欠かさず観ていますが、「平和月間」の8月に相応しく、核弾頭保有国のランキングを発表したいと思います。

ロシア6,260発、米国5,550発、中国350発、フランス290発、英国225発、パキスタン165発、インド160発、イスラエル90発、北朝鮮40発(2021年6月1日現在、長崎大学核兵器廃絶研究センター)と成っています。しかも、現在の核兵器1発の破壊力は、広島型原爆「リトルボーイ」の百倍と言われています。あの「リトルボーイ」等というフザケタ名前の通りに、かつての原爆の破壊力が如何にも「ごく小さい」と言われているかのような、異常な錯覚に陥りそうです。

世界に1万3千発余の核兵器が存在し、総計6千6百メガトンの破壊力があると言われています。広島の「リトルボーイ」が15キロトン、長崎の「ファットマン」が21キロトンです。「メガトン」とは「キロトン」の千倍を意味します。つまり、TNT爆薬の爆発に換算すると、1メガトンは百万トンです。その6千6百倍ですから、66億トンでしょうか。原爆投下直後の広島や長崎の惨状を思い浮かべながら、その3億倍、2億倍をイメージしてみるしかありません。

勿論、そんなことを、原爆を体験していない私たちがイメージすることは不可能です。けれども、その2億倍なんて、たとえ被爆者の人でも想像することは出来ないでしょう。

2.関心喪失点

先日、逝去されたジャーナリスト、立花隆が「単位とイメージ」という文章の中で、こんなことを書いていたのを思い出します。少し長くなりますが、引用させて頂きます。

「核兵器の実験があるたびに、あるいは核戦略が問題にされるたびに、われわれはメガトンということばをきき、広島原爆何千発分という表現をきく。しかし、広島の被爆者のケロイドの写真を見て、食事がノドを通らぬ思いをした人たちでさえ、そうした数字をきいても、まるっきり無感動に受け止めてしまっている。」

「なぜだろうか? 慣れだろうか? それもある。が、それだけではない。人間には、イメージできる量の限界がある。量が大きくなりすぎても小さくなりすぎても、人間は無感動になって、関心を失ってしまう。」(立花隆著『文明の逆説』講談社文庫より)

この後、立花は「パーキンソンの法則」(Parkinson’ s law)を援用します。シリル・ノースコート・パーキンソン(Cyril Northcote Parkinson)は英国の政治学者・歴史学者です。自国の官僚制を分析した結果、人間が金額に対して(それも大きな金額と小さな金額に対して)「関心喪失点」を持っていることを発見したのです。

英国の財務委員会が1千万ポンドの原子炉建造計画の予算見積もり審議に要した時間は僅か2分半だったそうです。それに対して、事務職員の自転車置き場を350ポンドで作る予算審議に対しては、「屋根をトタンにすれば300ポンドで出来る」という意見が出て、45分間の議論。共同福祉委員会の会合の茶菓代、月35シリングの予算請求に対しては、1時間15分も沸騰した議論が続いたと言うのです。

多分、この時代(1950年代末)は1ポンドが(現在の貨幣価値で)5千円くらいの時代です。シリングは1ポンドの20分の1ですから、茶菓代35シリングは8,750円。自転車置き場の300ポンドは150万円。原子炉建造は500億円です。

ここからパーキンソンは、小さい数字の「関心喪失点」は、その人が賭け事で失っても良い金額、もしくは、慈善団体に寄付しても良いと思っている金額に等しいとしました。大きい数字の「関心喪失点」について、パーキンソンは書いていなかったそうで、立花は「私見だが、たぶんその人が一どきに費消した経験がある金額の十倍から二十倍くらいが極大点になるのではあるまいか」と述べています。

3.数字の魔力

例えば、悪名高き「アベノマスク」の費用総額は260億円だったそうです(内、配送費76億円)。当初言われていた466億円に比べれば、ズッとマシですが、それでも、詰まらない思い付きのために行なわれた、途方も無い無駄遣いです。私が安倍元首相なら国民に申し訳なくて、首を括っているはずです。

「東京オリンピック・パラリンピック」の大会経費は(今の所)1兆6440億円と言われています。歴代五輪の中で最も経費がかかった大会と成る見込みです。しかも、これまた、チケット販売などの回収は無くなり、観客による宿泊費、旅行費、飲食費などで事業者に零れ落ちる利鞘も全く見込めなくなりました。「夢の跡」には、用途を失った沢山の巨大施設が残ることでしょう(選手村はマンションとして売り出すそうですが…)。五輪の後も、しばらくは、各種競技の大会などを積極的に誘致するのでしょうが、そんなに利用料を見込めるものではありません。

結局、1兆6440億円と聞いても、260億円と聞いても、私たちにとってはイメージすることの出来ない数字です。核爆弾の66億トンも同様です。コロナの感染者数、死者数、重症患者数などの発表にも、私は大きな違和感を抱いています。その一人一人に人生があり、暮らしがあり、愛する家族が居るのです。それが全く見えない。

アッシリア帝国に攻め滅ぼされようとする、北王国イスラエルに向かって、ホセアは言いました。「これはあなたがたが自分の戦車を頼み、/勇士の多いことを頼んだためである。」(ホセア書10章13節/日本聖書協会訳)。

牧師 朝日研一朗

【2021年8月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 09:00 | ┣会報巻頭言など