2022年01月31日

争うのはやめよう【創世記13:5〜18】

聖句「わたしたちは親類どうしだ。わたしとあなたの間ではもちろん、お互いの羊飼いの間でも争うのはやめよう。」(13:8)

1.《ギャンブル》 宝くじの「メガビッグ」1等12億円の当選者が未だに名乗り出ないそうです。配当されなければ「キャリーオーバー」と言って、次回の配当金に上乗せされます。サッカーくじをフランスでは「ロト」と言います。「創世記」にも、アブラハムの甥の族長ロトが登場しますが、何の関係もありません。但し、丁半博打のような賭けが出て来ます。ハラン出発の時から同行し、一時は自分の跡継ぎとまで考えた甥との別れは、アブラハムにとっても辛かったはずです。

2.《争いと和解》 貧困の故に家族が離散を余儀なくされる場合もありますが、「財産が多すぎたから」別れざるを得ない場合もあるのです。相続争いに端を発する同族企業の分裂など、今でも耳にします。アブラハムとロト、各々の羊飼いたちの間に争い(メリーバーハ)が起こりました。草場を巡ってでしょうか、それともお互いの群れが混じり合ったせいでしょうか、両者の対立は一触即発の事態に発展しています。その時、アブラハムがロトに「親類(アーハ/同胞、同信の友)が争い合うのは愚の骨頂」と提案するのです。イエスさまも「礼拝」よりも「和解」を優先しろ(マタイによる福音書5章24節)と仰っています。誰かとの喧嘩や感情の蟠りを礼拝欠席の方便に使う等、もっての他です。

3.《右か左か?》 二者択一の博打なら勝率は50%です。しかし、アブラハムは年長者でありながら優先権をロトに譲ってしまったのです。コイントスも振り駒もありません。ロトが肥沃な土地を選ぶのは明白でした。ロトは「右=東」のヨルダン川一帯の低地を選び、アブラハムは「左=西」の痩せた土地に向かいます。ヘブライ語でも「右」が祝福や力を表わすのに対して、左向きに出発するのは「幸先が悪い」の意味です。日本語の「左前」にも通じます。ロトへの親心から優先権を譲ってみたものの、冷静に考えると大失敗です。でも、そんなアブラハムに神さまは「目を上げて見渡せ」「自由自在に歩き回れ」「あなたの土地だ」と励まされたのです。私たちにとっては「土地」ではなく「人生」の問題です。「開かれているかどうか」は私たちの志の問題、「自由」は私たちの意志の問題です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:55 | 毎週の講壇から