2022年02月28日

三種のレガリア【Tテサロニケ1:2〜10】

聖句「あなたがたが信仰によって働き、愛のために労苦し、…希望を持って忍耐していることを、わたしたちは…心に留めているのです。」(1:3)

1.《三種の神器》 昭和30年代には電気冷蔵庫、電気洗濯機、白黒テレビが、皆の憧れる家電製品でした。それを「三種の神器」等と呼んだのです。昭和40年代になると、カラーテレビ、クーラー、自家用車が「三種の神器」と呼ばれました。現代では、食器洗い乾燥機、ロボット掃除機、ななめドラム式洗濯乾燥機、4K/8Kテレビ等が候補に挙げられるのですが、誰も彼もが同じように欲しがり、揃えたがるような、家電の時代は終わりを告げたように思います。

2.《レガリア?》 本来の「三種の神器」は「八咫鏡、天叢雲剣(草薙剣)、八尺瓊勾玉」の3品を言います。天孫降臨の際、アマテラスからニニギが授かって以来、天皇一族の王権の象徴とされる宝物です。凡そ王族が存在する国や民族部族には、同様の宝物が存在します。それをラテン語で「レガリア」と言います。「王に相応しき」という形容詞から派生した語です。しかし、王位継承者が当然のように受け取る世襲制にはワクワク感がありません。「アーサー王物語」では、聖剣エクスカリバーが(つまり、レガリアの方が)王に相応しき者を選びます。ローマ教皇の「漁夫の指輪」は一代限りの役割を果たすとハンマーで砕かれます。

3.《信・望・愛》 クリスチャンにとってのレガリアは「信仰と希望と愛」です。但し、パウロは信仰には「働き」を、愛には「労苦」を、希望には「忍耐」を結び合わせています。「働き/エルゴン」は「仕事、行動、勤め」、仏教徒の言う「お勤め、勤行」に当たります。信じるだけではなく、実際に足を運んで礼拝に集うことです。「労苦/コポス」は「疲労、骨折り」です。自らを悩ますことです。誰かに善事や施しをして気分が良いレベルではありません。「忍耐」は「持続性」、そこに留まることです。踏み留まる人たちの上に、イエスさまは希望の賜物をお与えになるのです。このように三種のレガリアは物品ではなく、人の目に映るものでもありません。でも主の御目には映っています。世襲で受け継がれるものではなく、あなた一代で打ち砕かれてしまうのです。しかし、礼拝を通して、神はあなたと共に居られます。御前には「労苦が無駄になる」ことはありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から