2022年07月04日

いつの日にか帰らん〜天のふるさと〜【ヘブライ11:13〜16】

「人生は旅である」と言われます。『おくのほそ道』は「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」で始まります。松尾芭蕉は、私たちの毎日の生活そのものが旅であると言いました。

ヘブライ人への手紙11章は、信仰がテーマです。信仰を抱いて死んだ、アベル、エノク、ノア、アブラハム、サラ…。 彼らは約束されたものを手に入れられませんでしたが、自分たちがこの地上では「旅人であり寄留者(よそ者であり、仮住まいの者)」と告白し「天のふるさと」を熱望した、と書かれています。

あなたは、旅行の時に何を持っていきますか?

旅慣れている人は必要なものを最小限だけ携えていて持ち物が少ないようです。私たちの人生という旅でも、余計な荷物を捨てられなかったり、大切なものを忘れ物したりします。たとえば、過去にひきずられたり、未来を心配したり、妬みや悲しみ、怒りの感情を拭いきれないことがあります。しかし、ノア、アブラハム、イサク、ヤコブ・・・。聖書に出てくる信仰の先輩たちが私たちを囲んで応援してくれています。大切なもの(信仰・希望・愛)を携えて、軽やかに人生の旅を続けられたらと願っています。

私たちの旅の目的地は「天のふるさと」です。唱歌ふるさとは、日本の美しいふるさとへの郷愁の念を歌った歌と一般的にされていますが、実は聖書的な要素が入っています(唱歌「ふるさと」の作曲者・岡野貞一は敬虔なクリスチャンであり、「ふるさと」のメロディーは讃美歌の影響を受けていると言われています)。 私の命の恩人の100歳現役クリスチャン医師・駿河敬次郎先生は、唱歌「ふるさと」を好んで歌います。駿河先生が唱歌ふるさとを「志を果たして、いつの日にか帰らん」と歌っている時、ご自分の故郷・金沢だけでなく「天のふるさ」との情景を思い浮かべているようです。

人生は旅です。この旅において、外なる人は衰えていきます。しかし内なる人は新しくなっていきます。「わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない」と言ってくださるイエス・キリストが私たちの内におられ、一緒に旅をしてくださります。 そして、私たちの旅の終着点は「天のふるさと」です。そこは、地上よりさらにまさった場であり、死も悲しみも嘆きも労苦もないところです。その「天のふるさと」に、いつの日にか帰らん。その希望を胸に抱きながら、私達も「地上の旅路」を心軽やかに前に進もうではありませんか。

関智征牧師

posted by 行人坂教会 at 07:00 | 毎週の講壇から