2012年10月29日

ここかしこを歩く者

1.竹田城

自分の生まれ故郷が映画のロケ地になるのは、嬉しいような恥ずかしいような複雑な気分です。私の実家(兵庫県朝来市)の近くにある竹田城址は、近年「日本のマチュピチュ」とか「天空の城」とかいう変なキャッチコピーのせいで、急激に、訪れる客が増えているそうです。その上、高倉健主演の映画『あなたへ』の中で、田中裕子が歌を披露する回想場面のロケ地に使われてしまいました。

私が子供の頃は、小学校の遠足の定番目的地でしたし、自転車に乗って遊びに行くこともありました。私の同級生などは、城址で遊んでいた時に、偶然、戦国時代の日本刀を発見して、地元の教育委員会から表彰されました。つまり、当時は、人っ子一人居らず、戦国時代からのままの状態で荒れ果てていたのです。

単なる廃墟に過ぎなかった城址を、観光に利用する契機に成ったのは、1990年の角川映画『天と地と』でした。石垣の上にオープンセットを建てたのです。勿論、撮影終了と共にオープンセットは取り壊されて、元通りの城址です。その何年か後、九州から遊びに来た親友を連れて1回、結婚前の妻を連れて1回、遊びに行っていますが、山城へ向かう道路が拡張整備された程度で、変化はありませんでした。

小学校時代、変人だった私は、わざわざ荒れ模様の日を選んで、天守閣跡に登り、ムーミン谷のような村々を見下ろしながら、『嵐が丘』のヒースクリフを気取って「吹けよ風、呼べよ嵐」と絶叫していたものです。そんな私としては、どうか、昔のまま、荒涼としたままの雰囲気でありますようにと祈るばかりです。

2.アド街

そう言えば、私が行人坂教会に赴任した数年前、「目黒はラーメン激戦区」ということで、盛んに権之助坂に軒を連ねるラーメン屋が取材されていました。東京に来たばかりの、田舎者の私にとっては、自分の暮らしている近所の風景がテレビの中に映し出されるのは、驚異以外の何ものでもありませんでした。

ある日曜日の午後、何気なくテレビを見ていたら、落語家のヨネスケが権之助坂の某ラーメン店に入って、麺を啜っている場面がライヴで放映されていました。当時、小学校3年生くらいだった長男が「見て来る!」と叫ぶや、息急き切って、権之助坂に走って行ったことが思い出されます。彼は帰って来るなり「本当に、ヨネスケがいた!」と興奮気味に報告してくれました。余談ですが、この類いのレポート番組では「まずい」とは言えないので、美味しくなかった場合、ヨネスケは神妙な顔つきで「中々…」と言うのだそうです。

9月半ばだったでしょうか、目黒の「さんま祭り」に当て込んで、テレビ東京の『出没!アド街ック天国』が「目黒大鳥神社」という特集を組んでいました。1週間前の予告編を見た時から、私は期待に胸を脹らませて、自分なりに「ベスト30」を予想していました。ところが、実際に番組を見ると、かなり予想は裏切られました。エリア設定が間違っていたのです。私としては、元競馬場ブロンズ周辺から権之助坂界隈までの範囲を想定していたのですが、番組の設定エリアは目黒川で切られていたのです。

「大鳥神社」「目黒不動尊」「五百羅漢寺」「目黒寄生虫館」といった寺社仏閣と名所は予想通りでしたが、私の好きな「蛸薬師成就院」や「甘藷先生の墓/青木昆陽碑」は除外されていました。お店も、私の予想通りだったのは、たこ焼きの「頑固蛸」、洋菓子の「OGGI」、和菓子の「玉川屋」、蕎麦屋の「川せみ」、喫茶の「CHUM APARTMENT」の、僅か5軒に過ぎませんでした。私の御用達「大久保だんご」は、ランク外で採り上げられていました。因みに、私は豆大福、妻はおはぎ、長男はみたらし、二男は磯部焼きと決まっています。この店は長男の(下目黒小時代の)同級生のお母さんが看板娘です。もう1軒ランク外で採り上げられていた「gentile」というパン屋(堀井印刷の隣)は、二男の(中目黒幼稚園時代の)同級生の両親が経営しています。

ランクインしたお店で言えば、「八ッ目や/にしむら」「味一」「ながみね」は、残念ながら今一歩、思索が及びませんでした。イタリア料理の「Antica Trattoria Nostalgica」も、長男か二男だかの同級生の親がやっている店でしたが、高級志向が強く、私には無縁なため、思いも寄りませんでした。第1位の「大鳥神社」は、長男の友人のお宅ですが、神主の息子のアキノリ君は「うちには取材撮影の挨拶には来なかったよ」とボヤいていたそうです。内容も「さんま祭り」の宣伝が中心で、地元民としては何か物足りない感じがしました。

3.商売人

旧約聖書で「商人」と訳されているヘブル語「ソヘール」は動詞「サハル」の分詞です。「ここかしこを歩く者」という意味です。もう1つの「商人/ロケール」も「ロカル/行き巡る」から来ています。アブラハムの時代から王国時代までは、「商人」とは、都と地方とを行き来する行商人のことだったのです。新約聖書で「商人」と訳されるギリシア語「エムポロス」も「ポロス/旅行」から来ています。歩き回るのが商人の仕事だったのです。

今は、お店を求めて巡り歩くのはお客の方です。昔ながらの雑誌やテレビの紹介のみならず、グルメナビのようなネット系のランキング情報まであって、その方面の対策にも心を向けなくてならず、商売も大変な時代です。情報に振り回されて、客が行列を作ったかとも思えば、潮が引くように客足が遠のき、閑古鳥が鳴くという状況もあるそうです。

私たちは現在、溢れ返る程の情報に心を乱されて暮らしています。しかし、情報が一杯あること、便利なことが幸せではありません。それが幸せと何の関係もないことは言うまでもありません。時には、情報面での「断捨離」が必要なのかも知れません。

牧師 朝日研一朗

【2012年11月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 08:40 | ┣会報巻頭言など