2013年01月28日

私だけの十字架【ルカ 9:21〜27】

聖句「わたしに付いて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。」(9:23)

1.《特捜最前線》 昨年、病没した俳優の二谷英明と大滝秀治の出演していた『特捜最前線』という刑事ドラマがありました。エンディングに流れる「私だけの十字架」という主題歌が胸に染みました。歌詞を吟味すると「丘の白い十字架」「風と語る十字架」とも歌われていて、愛する人の不在を歌っているようです。

2.《心の十字架》 長年、水上隣保館の館長を務められた中村敏夫牧師が、昔こんな話をされました。神学校を卒業したばかりの若い牧師が、開拓伝道のために任地に赴きました。牧師の息子が「パパ、この教会、十字架が無いね」と尋ねたそうです。その話に中村牧師は胸を打たれたのです。「彼は十字架を建てるため、十字架の無い教会に、十字架を背負って行ったのです」。続けて、中村牧師は「十字架が屋根の上に建っていても、十字架の無い教会が多くなったのではないかと反省させられました」とも仰っています。

3.《キリスト印》 「十字架を背負う」とは「十字の印の烙印を押されること」と言った人がいます。パウロも「私は、イエスの焼き印を身に受けている」と言っています。ヤンキーや暴走族の世界では、昔から「命彫り」といって、胸や腕に好きな女の名前を入れたりしました。会堂の屋根に建っている十字架は隠すことが出来ません。問題は私たち自身なのです。主は「日々、十字架を背負って」と仰っています。私たちが一週間の殆どを過ごしているのは、十字架の無い世界です。十字架の無い所に行って、イエスさまを忘れてしまうのではいけません。十字架の無い所に行くからこそ、主に同伴して貰うのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 15:59 | 毎週の講壇から