2013年05月26日

アナログの価値

1.惜別の思い

私の頭の中はアナログで、今でも中古レコード店に出入りして、昔のレコードを漁っています。子供が大病をした後、理由は分かりませんが、何か潮が引くようにしてCDを買うのを止めてしまいました。その後、東京YMCA山手学舎の聖書研究を担当することになり、高田馬場に行くようになりました。高田馬場は学生街ですから、古本屋や中古レコード店や名画座が生き残っています(但し、昔ながらの喫茶店は既に滅亡していました)。それで、またもや、レコードを買うようになったのです。

高田馬場のレコード店で、ナナ・ムスクーリ、オルネラ・ヴァノーニ、ガル・コスタ、ジャニス・イアン、マリ・ウィルソン、タミー・ウィネット、アン・マレー、マルレーネ・ディートリッヒ、マリー・ラフォレ、リンダ・ルイス、ダイアナ・ロス等のLPレコードを、5百円から千円前後で手に入れました。イヴ・モンタンやバルバラ(これは妻の趣味ですが)も買いました。ターンテーブルに乗せて聴くのは面倒臭いのですが、やはり、女性歌手のレコードを聴く楽しみはジャケットにあります。

山手学舎の舎生(18〜25歳の大学生)は、私が買って来るのがレコードだと聞いて、「写真集だと思っていました」と驚いていました。彼らにとっては、生まれた時からCDがあって、そのCDも消費される物です。今や楽曲をPC(パソコン)やモバイル(携帯電話とか)にダウンロードするのが当たり前です。音楽媒体も映像媒体も、いつでも引き出せるのですから、品物として購入して、狭い部屋を更に狭くする必要は全くありません。

そんな時代ですから、今年の4月、JR高田馬場駅前のCDショップ「ムトウ楽器店」(創業89年の老舗レコード店)が閉店してしまいました。私は自分のためにCDを買わなくなっていましたが、子どものために『ドラゴンボール』や『HUNTER×HUNTER』のCDを、妻のためにアリス=紗良・オットの『展覧会の絵』や『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集』のCDを、「ムトウ」で買ったものです。クラシック・コーナーが中2階にあって、何か格調高い感じがしたものです。

2.中性子爆弾

私の後輩にFという男がいて、北海道で牧師をしています。大学時代には、彼から私は、ジョン・メイオールやクリーム等のブリティッシュ・ロックの魅力を教えて貰ったのですが、なぜか今はクラシックのLPレコードだけをコレクションしているのです。何年か前に、その男が上京した時、蒲田教会のH牧師と一緒に歓迎飲み会をしました。その席上、彼は、こんな風に薀蓄を垂れていました。

「もしも、地球上のどこかで戦争が起こって、その戦争で中性子爆弾が使われたら、CDやDVDやPCに記録されたデータなんかは、全て飛んでしまうの。だから、結局、最後まで音楽を聴くことが出来るのはレコードなの」。

発売当時「半永久的」と謳われていたにも拘わらず、10年、20年経つ内にCDの音質も劣化するという悲しい事実に直面して、私も愕然としていたものですから、この時は「そうだ、そうだ!」と言って、彼の自論を支持したのでした。科学的な説明は忘れましたが、事実、そのように成るのだということで、納得できるものでした。

ところが、後になって、よくよく考えてみると、中性子爆弾が爆発して、大気圏内のPCデータが全て飛んでしまうのであれば、私たちが使っているオーディオセット(アンプやターンテーブル)だって、やはり、ガラクタ同然に成るはずなのです。1980年代以後、マイコン(マイクロコンピュータ)の組み込まれていない機械など、恐らく、ただの1つも存在しません。結局、レコードのデータは飛ばなくても、それを聴くための道具は存在しなくなるのです(1970年代以前のオーディオセットをお持ちの方は別です)。

たとえ、皆さんが、自分はコンピュータ等と無縁の生活と思っておられるとしても、家庭電化製品には全てマイコンが入っています。テレビ、DVDデッキ、エアコン、電子レンジ、炊飯電子ジャー、ミキサー、攪拌器、冷蔵庫、電話器、ウォシュレット型の便器、温水器型の風呂、ドライヤー、電気こたつ、電気毛布、ガスストーブ、扇風機、デジカメ、自動車…。居間から台所、寝室、外出と移動しながら、見渡してみました。全滅です。

3.電話で礼拝

今年の1月末から、行人坂教会のHP(ホームページ)でも、礼拝の音声を聴くことが出来るようになりました。毎週、「前奏」から祝祷の後の短い「後奏」までがアップされています。「説教」だけ聴いてみようと思えば、そのポイントまで飛ばすことも出来ます。しかし、若い世代と違って、高齢者の場合、PCを持っている人は余りありません。残念ながら、このようなサービスも、高齢のために礼拝に集うことの難しい人たちにとっては、それ程に有益ではありません。

お宅にプッシュホンがあれば、礼拝時に教会と電話で繋いで、スピーカーボタンを押すだけで、礼拝を聴くことの出来る「多回線音声応答装置・サービスホン」の設置に向けて、現在、教会はシステムの導入を進めています。聞くところによると、利用者(自宅で礼拝を聴く人)の負担は、1時間半2百円か3百円だそうです。

いずれは「スカイプ」を利用する時代も来るのでしょう。しかし、今、礼拝を必要としている高齢者や長期自宅療養者が簡単に利用できるシステムの導入が、何より求められています。丁度、今でもカセットテープで音楽を聴く人がいるのと同じように。誰もが持っている家電で、ボタン1つで、自宅にいながらにして、礼拝に参加することが出来るのです。

近々、申し込みの希望を取りたいと思います。どうぞ、お知らせ下さいますように。

牧師 朝日研一朗

【2013年6月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 08:48 | ┣会報巻頭言など