2013年08月12日

不公平な人生【サムエル記上 26:6〜11 ルカ16:19〜31】

私だけがどうして不幸なのか、どうして人生は不公平なのか、そう嘆く私たちは、無意識のうちに不公平を是正するための復讐を計画している。しかしそれに対しダビデとラザロは、不公平の最終的是正が神の領域であることを示してくれる。復讐できるけれどあえてしない、強さと愛の世界があることを私たちに教えてくれる。

コルベ神父の身代わりによって生き残ったガヴィヨニチェック、彼も逆の意味で また人生の不公平に悩んだ一人。どうして自分だけが生き残ったのか。どうしてあんないい人が殺され、私のような人間が生き残るのか。このような人間もまた、人生の不公平を是正するための復讐をする。しかし復讐の相手は、自分自身。自らを殺して、人生の不公平を是正しようとするのだ。

もしもコルベ神父がこのガヴィヨニチェックの苦しみを聞いたら天国で何と言 うだろう?小崎登明氏はこの問いにこう答えた。「人間に・・・あの人は尊い、この人は貧しい、そう言う生き方はないのだよ。全ての人間は、同じように神が愛しておられる。神は普通の人を愛される。どの人も、あの人も、神の豊かな愛に生かされているのだから。」・・・ガヴィヨニチェック、あの人は生きる価値がある。この人にはない、と言うことはない。全ての人間は同じように神が愛している。神はあなたのような普通の人を愛される。偉い人も、立派な人も、若くして死んだ人も、生き残ったあなたも、神の愛に生かされている。私が死んで、あの人が生きた方がよっぽど良かった、と言うことはない。全ての人に生きる価値がある・・・。

不公平な人生を是正しようと私たちは復讐に走る。けれどダビデ、ラザロ、そしてイエスは、私たちに語る。本当の強者となり、神にゆだねなさい。与えられた人生を、生き残ったあなたのたった一つの命を大切にしなさい、と。

塩谷直也牧師師

posted by 行人坂教会 at 17:08 | 毎週の講壇から