2013年10月28日

人生はジグザグ模様

聖句「一行がエルサレムへ上って行く途中、イエスは先頭に立って進んで行かれた。それを見て、弟子たちは驚き、従う者たちは恐れた。」(10:32)

1.《牧師の定義》 「牧師」は英語の「パスター」を翻訳した語です。その語源は「羊飼い」です。家畜に草を食べさせながら移動する「遊牧者」です。「牧師」と言うと、生真面目なイメージがありますが、一文字「遊ぶ」と付けるだけで、田園に遊び戯れる楽しげなイメージに成ります。また、牧師は、仏教で言えば「一所不在」、遍歴する者でなければいけません。

2.《遍歴する主》 イエスさまの生活も、町々村々を旅して歩き、そこに暮らす人たちと出会う遍歴でした。主の行く先には、苦しみ悩む人がいます。イエスさまは彼らを癒しますが、いずれまた別の病気に罹ったはずです。蘇えった人も、いずれ再び亡くなったことでしょう。悩みが1つ解決したと思っても、それは次の悩みへの小休止に過ぎません。生き難さは変わらないのです。けれども、イエスさまとの出会いは、私たちの希望と勇気を与えてくれます。イエスさまは悩む人たちと一緒に愛の宝を育み、生み出していかれたのです。

3.《先導する主》 「マルコによる福音書」を読むと、イエスさまの旅のルートがジグザグであることが分かります。合理的ではないのです。まるで、誰かを訪ね求めて彷徨い歩いているような有様です。そこに出会いがあるのでしょう。しかし、エルサレムを目指し始めるや、真っ直ぐに進みます。エルサレムには受難と十字架が待っていますから、弟子たちは恐れます。私たちも多かれ少なかれ不安を抱えて暮らしています。しかし、主が先導してくださるのです。「もう後がない」「もうお仕舞い」と思うこともありますが、「停車駅の1つ」「地上は仮住まい」「次は何が来るのか」と考えてみたらどうでしょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:11 | 毎週の講壇から