2013年05月26日

幽径耽読 Book Illuminationその7

  • 「モンタヌスが描いた驚異の王国/おかしなジパング図版帖」(宮田珠己著、パイ・インターナショナル)
    ラジオ体操の前屈運動のように、立ったまま両手を地面近くまで伸ばして礼を交わすサムライたち、「悪魔の植物人間」にしか見えない仏像、豊かな乳房を露わにした半裸の大仏、あたかも水木しげるの「妖怪城」のような天守閣、集団自殺のように描かれた補陀落渡海の図…。私たちの想像を絶する異次元の日本の風景が続きます。ラヴェルの歌曲『シェヘラザード』の第1曲「アジア」が脳裏に響くようでした。西洋人の誤解と妄想とが生み出したSF的な異世界です。モンタヌスはオランダ改革派教会の牧師です。
  • 「月を見つけたチャウラ/ピランデッロ短篇集」(ルイジ・ピランデッロ著、関口英子訳、光文社古典新訳文庫)
    白水社刊の『カオス・シチリア物語』とカブっている作品は思いの他少なく、その上、幻想文学の掌篇が集めてありました。表題作『月を見つけたチャウラ』や『使徒書簡朗誦係』は、聖フランチェスコの汎神論的な信仰を思い出させます。『ひと吹き』は、自らが疫病神と成って、町を破滅させていく物語。「出エジプト記」12章の「ネルガル」みたい。『すりかえられた赤ん坊』は、魔女によるチェンジリングを思って読み始めると、やがて、更に恐ろしい現実が見えて来ます。『手押し車』や『笑う男』には、家庭の中で追い詰められている私たち、中年男の現実が余す所無く描かれています。
  • 「禅銃/ゼン・ガン」(バリントン・J・ベイリー著、酒井昭伸訳、ハヤカワ文庫)
    キーパーソンとなる「小姓」池松八紘の喋り方が、テレビアニメ『NARUTO』の自来也そっくりだったので、読んでいる間中、大塚芳忠の声が頭から離れませんでした。豚族がクーデターを起こして、帝国を支配下に置くのは、オーウェルの『動物農場』と同じです。「イタチ族は自然の生み出したもっともすぐれた殺戮機械であり」云々は、斉藤惇夫の『冒険者たち/ガンバと15ひきの仲間』の読者にとっては親しみの持てる意見。それにしても、人猿パウトの活躍が意外な程に少なく、『西遊記』や『ドラゴンボール』の展開を期待した私(バカ)には何とも拍子抜けでした。でも、パウトの禅銃の使用法、私も是非やってみたいです。
  • 「レクィエムの歴史/死と音楽との対話」(井上太郎著、河出文庫)
    プロテンタント陣営からは、J.S.バッハ、H.シュッツ、J.ブラームスの3人が採り上げられているだけですが、『ドイツ・レクイエム』については、著者の思い入れ並々ならぬものを感じました。20世紀後半の「現代音楽」作曲家の作品も同等に扱われていて、その公平な批評眼だけでも敬服に価します。「聴き手は音楽が終わった時、それが鳴っていた『有限の時間』が『無限の時間』に変わる瞬間を体験する。それはなんと人の死に似ているのだろう」。著者は人生、命もまた「メビウスの帯」に例えているのです。私たちが生きている所の、その裏返った所に、死者が「生きる」世界があるのです。
  • 「ハカイジュウ」第8〜9巻(本田真吾作、秋田書店)
    新宿のコクーンシアタービルがロケットと成って飛ぶのは、もう子供の空想そのまんま。お台場封鎖作戦の比ではありません。9巻の「三つ巴」で戦うトール型。これって『決戦!南海の大怪獣/ゲゾラ・ガニメ・カメーバ』でしょう。チブル星人みたいのと、メトロン星人にワイアール星人足したみたいのと、ムルロアみたいのとが戦います。「人間肉団子」もグロかった。フェーズは『メタルギア』シリーズの雷電、押井の『ケルベロス』をグロテスクに発展させたやつです。
  • 「クラシック音楽は『ミステリー』である」(吉松隆著、講談社α新書)
    「ピアノがうまく弾ける」というのは「ボタンの早押し」や「モグラ叩きゲーム」と同じ反射神経の問題だと…。「『絶対音感』にも、パブロフの犬以上の意味はない。それは、訓練と対応能力の問題であって、『音楽』の才能とは全く別の要素だ」。同じことを、私たち素人が言っても笑われるだけですが、作曲家先生が言って下さると説得力があります。どのジャンルでも、早期英才教育による純粋培養種の育成が盛んです。しかし、僅かな環境の変化で忽ち絶滅するのです。絶滅せずとも、各家庭の「不良債権」(『のだめカンタービレ』より)と化している子たちが大勢います。
  • 「Cinematrix/伊藤計劃映画時評集2」(伊藤計劃著、ハヤカワ文庫)
    これを読みながら、著者が既に「屍者の王国」の住人であるという事実に、中々、得心が行きませんでした。彼が生前、個人のウェブサイトにアップしていた映画レヴューということで、語り口がブログのそれなので、そんな気がするのでしょう。特に押井作品評(『アヴァロン』『イノセンス』)が素晴らしいです。ここまで適正な批評をした人を他に知りません。出来ることなら『スカイ・クロラ』評を読んでみたかった…。渡辺文樹の『腹腹時計』体験記など、私も些か覚えがあって苦笑せざるを得ませんでした。そう、見世物小屋、グラン・ギニョール、アングラ芝居の世界が息づいているのです。でも、よく数十人もの観客が集ったものです。サンプラザ市原ホール、凄い。
  • 「ル・グラン・デューク」(ヤン作、ロマン・ユゴー画、宮脇史生訳、イカロス出版)
    ソ連の女性パイロット「夜の魔女」の話は、その昔、松本零士の『ザ・コックピット』で読んだ覚えがあります。ライバルとなる「エクスペルテン」ヴルフの乗る機がFw190、ハインケル219(ウーフー)、Ta‐152H、ミステルと変化して行きます。ヒロイン、リリアの機も複葉機ポリカルポフに始まって、シュトルモヴィク、ペトリヤコフ‐3、La‐5FN、エアコブラと変わります。終戦後、二人が生き延びて再会するのが良いです。まっ、ファンタジーだけど。バンド・テシネ(マンガ)ですから。暗いリアリズム一辺倒では楽しくありません。
  • 「雲の彼方/オドゥラ・デ・ニュアージュ」(レジ・オーティエール作、ロマン・ユゴー画、宮脇史生訳、イカロス出版)
    谷口ジローの絵と似ているのでビックリ。そして、フランスにも滝沢聖峰みたいなマンガ描いている人がいるのね。でも、物語の作風は、やっぱり谷口に近い。谷口の『遥かな町へ』が仏語圏で人気が高く、ベルギーで映画化されたりしているのも頷けます。後半の連作『最後の飛翔』は短いエピソードの積み重ねながら、神風、ノルマンディー、エクスペルテン、ヤコブレフと来て、モザイクのように因果が巡って、エピローグでは思わず空を見上げたくなりました。
  • 「刻刻」第1〜6巻(堀尾省太作、講談社モーニングKC)
    この「ドンドン面白く成って行く」感覚、久しぶりに味わいました。冴えない一家に火が着いて…という意味では、ポン・ジュノ監督の『グエムル/漢江の怪物』にも似ています。雑多で得体の知れない登場人物がザクザク「整理」されて行く力学を楽しむことが出来ます。読者の読みの裏切り方も大したものです。少し岩明均の『七夕の国』を思い出しましたが、この「止界」観はかなり独創的です。
  • 「ヒュペルボレオス極北神怪譚」(クラーク・アシュトン・スミス著、大瀧啓裕訳、草原推理文庫)
    幾度、斬首刑に処しても蘇る怪人と首斬り役人の物語『アタムマウスの遺書』、黒魔術師と彼を捕らえようとした宗教裁判官とが異世界で呉越同舟となる『土星への扉』(悟空とベジータみたい)が私の好みです。17世紀の海賊たちが、偶然、手に入れた酒壷に入っていたのは『アトランティスの美酒』だったという怪異譚、これも単純で面白い。清朝の官吏を主人公にした『柳のある山水画』は、小泉八雲にも同趣向の作品があったように思います。
posted by 行人坂教会 at 15:53 | 牧師の書斎から