2013年11月18日

囚われない心【マルコ7:14〜23】

聖句「人から出て来るものこそ、人を汚す。中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。」(7:20,21)

1.《福と鬼》節分の豆撒きの口上は「福は内、鬼は外」です。「鬼」とは「災厄」の意味です。「家内安全」は誰しも願いしますが、だからと言って「自分の家庭さえ幸せなら良い」と考える剥き出しのエゴイズムには躊躇を感じます。そのせいでしょうか、寺社ですら「鬼も内」と唱える所があります。

2.《内と外》問題は「内と外」の区別です。聖書の世界、古代ユダヤ社会では、異民族、異教徒、それらと接する徴税人は汚れた者とされていました。婦人病に悩む女性が「群集に紛れ込み、後ろから」イエスさまの服に触れるのも、彼女に接しただけで「夕方まで汚れる」とされていたからです。死人や死体も、それに触れた者までも汚れが伝染すると考えられていました。しかし、イエスさまは「忌み穢れ」のタブーを打ち破って、御自ら外に出て行かれました。

3.《罪と幸》イエスさまは「鬼は外から来るのではなく、鬼は内にいる」と仰っているのです。罪や悪は人間の心の中から生まれるもので、病気や不幸とは何の関係もないのです。イエスさまは社会の外側に置かれた人に近寄り、寄り添って生きられました。寄り添うことはくっ付いて「共依存」に成ることではありません。相手の人格を認め、相手の人生を尊重すればこそ、距離を保つ必要があります。その他者に心を与える時、幸せが生まれるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:47 | 毎週の講壇から