2014年03月24日

燻し銀の魅力【ヘブライ 12:4〜13】

聖句「およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に…」(12:11)

1.《燻し銀》 若い頃、フランスのフィルム・ノワール(暗黒街映画)に魅了された時代がありました。特に、親分役やメグレ警部役のジャン・ギャバンの風格には参りました。そんなギャバンを「燻し銀の魅力」と、池波正太郎が書いているのを読んで、初めて、その言葉を知りました。スマートではないけれども、一度見たら忘れられないような独特の味わいがあるのです。

2.《燻製品》 友人に、燻製作りを趣味にする牧師がいます。今では、燻製器とスモークウッドを使えばお手軽に燻製が作れるのです。さすがにベーコン作りは下ごしらえが大変ですが、塩鯖や干物、プロセスチーズ、ゆで卵などのスモークは簡単に出来るのです。日本にも鰹節やいぶり漬けの伝統があります。燻すことで保存性が高くなり、独特の風味が付くのです。このことは、私たちの信仰にも適用できます。1つは「長続きする信仰」です。入信にも少し手間がかかるかも知れません。また、その教会生活も新鮮味が薄いかも知れません。けれども、ゆったりとした気持ちで、長く続けられるのが良いのです。

3.《味わい》 煙によって食品は燻製になりますが、銀は燻し銀に変わります。空気中の硫化水素や温泉の硫黄により、銀表面が硫化銀に覆われるのです。ピカピカ光る安っぽい銀ラメよりも、くすんだ銀の方が渋くて味わいがあるという美意識も存在するのです。周囲に見せびらかしたり、相手の都合を無視してアピールしたりしないのが「渋くて味わいのある信仰」です。ギリシア語の意味から「鍛錬」は「親子」関係、「精錬」は「吟味」と繋がります。いずれも錬り上げられて純化するのです。練り上げる炎は苦しみと悲しみです。苦しみに遭うのに、信仰者も不信者も変わりありません。従って「純化」「聖化」はキリスト者の特権ではありません。しかし、その時、苦しみ悲しみによって、余計な物が削ぎ落とされ、イエスさまの十字架が明らかに見えて来るはずです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:12 | 毎週の講壇から