2014年03月31日

目と耳、そして、心【マタイ13:10〜17】

聖句「彼らは目で見ることなく、耳で聞くことなく、心で理解せず、悔い改めない。私は彼らを癒さない。」(13:15)

1.《探し物は何》自分の眼鏡や入れ歯、小銭入れ等、いつも使っているのに、どこに置いたのか見付からなくなることがあります。それを家族がいとも簡単に見付けたりすると、すっかり自信喪失します。しかし、使っている本人にとっては自分の身に付けている物ですから、却って見付けにくいのです。私たちが目にしている光景は、自身の記憶や意識に頼って再構成された世界なのです。

2.《心が捉える》私たちの目は、カメラレンズのような「機械の目」ではなく、「心の目」なので、現実とはズレが生じるのです。つまり、その時々の健康状態や精神状態、疲れや気分などに影響を受けるのです。逆を言えば、私たちの目や耳は外の情報を何でも取り入れているのではなく、関心のある事柄に焦点を合わせているのです。現実の世界の中から、今の自分にとって必要と思われる情報だけを、無意識のうちに採り出しているのです。私たちの目や耳の働きは、私たちの心の働きと直結しているのです。

3.《心に入って》イエスさまは数多くの譬え話をなさいました。「罪の赦し」等と言っても分かりませんが、ストーリーならば、「迷子の羊さん」ならば、子どもにも分かります。また、イエスさまの譬え話には生活感があります。それは、主が、百姓や漁師、徴税人や娼婦、主婦といった目の前にいる人たちに向かって語り掛けていたからです。ここには聞き手の問題もあります。幾ら聖書のメッセージに触れても、それを他人に向けられたものとして受け止めている限り、自分のものにはなりません。イエスさまが問題にされているのは、視覚や聴覚ではなくて、何かを感じ取る私たちの「心の働き」なのです。弟子たちも特別な修行を要求されたことはありませんでした。色々な人に出会って、感じ取って、少しずつ成長して行く心を、私たちに求められているのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:36 | 毎週の講壇から