2014年05月29日

幽径耽読 Book Illuminationその15

  • 「キス・キス〔新訳版〕」(ロアルド・ダール著、田口俊樹訳、ハヤカワ・ミステリ文庫)
    その昔、開高健が訳していたのですね。未熟児の赤ん坊に「ロイヤルゼリー」を与えて成長促進させる話がありますが、『ウルトラQ』第8話「甘い蜜の恐怖」(大モグラの話)は、案外これが元ネタかも知れません。夕食の際、このホラー噺を二男に聞かせてやったら、曰く「それって、『チョコレート工場』の人の本でしょ」と。思わず脱帽。骨董家具のバイヤーが牧師に偽装する「牧師の愉しみ」、教区内の「オールドミス」集団から総攻撃を受けて撃沈される(こちらは本職の)牧師が主人公の「ジョージー・ポージー」、同業者としては、この2編が興味津々でした。ベジタリアンの大叔母に育てられた無垢な青年が、生まれて初めて食べたローストポークの旨さに狂わされる「豚」の展開の凄いこと。身も蓋もない強引な幕引きの仕方とか、こんなのダールが書いていたのだと仰天しました。
  • 「旅をする木」(星野道夫著、文春文庫)
    星野道夫の書いたものは、私にとっては、読むのに長い時間を要するのです。いいえ、文章は簡潔で、難しい語もありません。でも、少し読んだだけで、色々なイメージが膨らんでしまって、立ち止まってしまうのです。まるで夢を見ているような状態になって、そのまま本を閉じてしまうこともしばしばでした。氷海に運ばれる「ゴーストシップ」の話、表題にもなっている「旅をする木」トウヒの話、トーテムポールが朽ち果てるままに聖地を封印するハイダ族の話、死の危険を支えに飛び続ける飛行士、ブッシュパイロットの話、どれもこれも深みにハマります。「結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味をもつのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である」。…そうそう、池澤夏樹による文庫版解説「幸福論としての星野道夫」が、また凄い。
  • 「文豪ストレイドッグス」第1巻(朝霧カフカ作、春河45画、KADOKAWA)
    とても評判になっているので、試しに1巻だけ買ってみました。要するに『X-MEN』なのです。異能者間の闘争を、文豪の名前を借りたイケメンに演らせてみたら…というのがミソです。中島敦の「月下獣」、芥川龍之介の「羅生門」、太宰治の「人間失格」、谷崎潤一郎の「細雪」等という必殺技(!!)が繰り出されて、かなり笑えます。例えば、「人間失格」は、どのような相手の能力も無効化(無能化と言うべきか)する、凄い技なのです。その線で言うと、坂口安吾の「白痴」(皆バカになる)とか、遠藤周作の「おバカさん」(皆バカになる)とかあると面白いでしょう。小松左京の「日本沈没」とか、筒井康隆の「日本以外全部沈没」とか…。
  • 「バート・バカラック自伝/ザ・ルック・オブ・ラヴ」(バート・バカラック、ロバート・グリーンフィールド著、奥田祐士訳、シンコーミュージック・エンタテイメント)
    小学校の掃除の時間に、いつも放送でバカラックが流れていました。単なるムードミュージックとして、レコードをかけていたのでしょうね。でも、それが私のインプリントでした。どうして彼の曲は、こんなに明るいのに悲哀を感じさせるのか、不思議に思ったものです。自分では大失敗と言っている『失われた地平線』も(映画の出来はともかく)私は大好きです。殆どのナンバーを暗唱できるくらいです。ジュリア・ロバーツ主演の『ベストフレンズ・ウェディング』、映画の中身は忘れ去ってしまいましたが、参列者が皆で「小さな願い」を合唱する場面だけは、今も心に焼き付いています。バカラックに対面するや感激の余り泣いてしまった日本人女性の逸話が紹介されますが、日本語版注釈で、それが椎名林檎であることが明かされます。それにしても、ハリウッドセレブの例に洩れず、次から次へと結婚と離婚を繰り返した人ですね。それに比べて、アスペルガーの長女、ニッキーはクリスマスイヴ礼拝に行って、キャロルを歌って、年が明けたら自死してしまう、この姿は余りにも対照的で痛々しいです。
  • 「アド・アストラ/スキピオとハンニバル」第5巻(カガノミハチ作、集英社)
    「カンナエの戦い」を簡単に言えば、大包囲撃滅戦なのです。複数の民族による連合軍であるハンニバル陣営は3〜4万、中央にガリアとイベリアの歩兵を、左側にリビアとイベリアの歩兵を、更に左右両翼に強力なヌミディア騎兵、ガリアとイベリアの騎兵を配置。対するローマ軍は8万、強みの歩兵による正面中央突破で敵軍を分断しようとします。予め三日月型陣形を取っていたハンニバル軍の陽動作戦に引っ掛かり、気付いた時には、ローマ歩兵は側面からリビア歩兵の、背後からヌミディア騎兵の攻撃を受けることになったのです。結果、ローマ兵の5万が戦死、2万が捕虜になったと言われています。いつも私が気になるのは、勝利のためとは言え、中央に配置され、犠牲を強いられたガリア歩兵のことです。ハンニバルはどうやって異民族のガリア人を説得したのでしょうか。
  • 「海うそ」(梨木香歩著、岩波書店)
    私が南九州で暮らしたのは、僅か5年に過ぎません。けれども、時折、あの5年間が人生の全てであったかに思われる瞬間があります。この物語の舞台となる「遅島」のような離島でもありませんが、かつては「陸の孤島」呼ばわりされた町でした。照葉樹林の細い小径を抜け、浜辺に出て貝殻探しに興じ、離合するのも難しい、曲がりくねった断崖絶壁の細道に自動車を走らせ、岬の灯台から水平線を見て、球体の上に生きていることを実感したものです。さて、私自身の物語は、この物語のエピローグに当たる「五十年の後」のような、解決には程遠く、蟠りを抱えながら、私の脳裏には、真夏の光と影とが交互に反転するような気分です。亡き父は人文地理学科だったのですが、主人公の秋山の姿を見て、父が大学時代に何をしていたのか、少し得心が行きました。
  • 「歴史を考えるヒント」(網野善彦著、新潮文庫)
    病院の検診の日、余りの待ち時間の長さに、院内書店で買って読み始めました。連続講座を纏めた本ですから、待合で読むのにピッタリです。中世においては、異界である土の中に銭を埋めて後、人の手から切り離されて無主物にします。このようにして一旦、神仏の物と成った銭を人に貸して利息を取るための資本と化するのです。主人から預かったタラントンを土の中に埋めたまま、活用しなかった男の話(マタイによる福音書25章14〜30節)と、どこかで通じているような気がします。日本列島は、決して孤立した「島国」ではない。むしろ、南北逆転させて日本地図を見ると、大陸から飛び石状に続く形から、人や文物の流れが実感できる。「環日本海諸国図」が紹介されていました。それが今や、二男の中学の地図帳には採用されていました。この本を読むと、自分が「百姓」の出であることに自信が湧いて来ます。
posted by 行人坂教会 at 09:32 | 牧師の書斎から