2021年07月12日

今夜、取り上げられる命なら【ルカ12:13〜21】

聖句「しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。」(12:20)

1.《エッセンシャル》 コロナウイルスの感染爆発が始まって、私たちは沢山の耳慣れぬ用語を知ることになりました。その中に「エッセンシャル・ワーク」(社会インフラのために必要不可欠な職業)がありました。医療介護、教育保育、食品や必需品の生産・流通・販売、防犯治安、交通、公益インフラ等です。これらの職種が「必要不可欠」なのは理解できますが、それが強調され過ぎると、「不要不急」と烙印を押される職種も出て来ます。お酒を出す店、芸術芸能、そして私たち教会も、精神的に追い詰められているように感ぜざるを得ません。

2.《過剰供給の呪い》 相続問題で悩む人が相談しましたが、イエスさまは「貪欲に注意し用心せよ」と仰るばかりです。ギリシア語の「貪欲」とは「もっと、もっと」と「より多くを求めて止まぬ生活習慣」のことです。私たちが物質的な豊かさを求め続ける状態です。ラテン語には「吝嗇」の含みもあります。経済成長率などの空疎な数字に固執して、困窮する国民に目を向けない政治家たちを思い出させます。「有り余るほど物を持っていても…」は「過剰、余剰」という語で、食品廃棄物の問題とリンクします。私たちは「財産」(直訳は「手近な物」)が大事だと思い込まされていますが、それは消費社会が生み出した呪縛なのです。

3.《人生はレンタル》 ある金持ちの畑が大豊作だったので、彼は古い倉を壊して新しく大きな倉に穀物と財産を仕舞い込んで、安心していました。ところが、神は「今夜、お前の命は取り上げられる」と宣告されたのです。直訳は「彼らがお前の魂を要求する」です。死神(死の天使)が債務の取り立てにやって来るのです。つまり、私たちの命や魂は神さまからの借り物(レンタル)だったのです。従って、それによって得られた富や宝もまた、必要とする誰かのために活用しなければならなかったのです。私たちの持ち物も、才能も、心も「死蔵」してはいけません。誰かのために使うことが出来るのです。延いては、それこそが、神を喜ばせること、神に栄光を帰することに繋がって行くのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2021年07月05日

ありとあらゆる患いを【マタイ4:23〜25】

聖句「イエスはガリラヤ中を回って、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、また、民衆のありとあらゆる病気や患いをいやされた。」(4:23)

1.《癒し系アイドル》 日本社会では、今も「癒し系」という語が広く流通しています。実際「癒し系グッズ」の名で売り込んでいる商品が沢山あります。それに加えて「癒し系」が持て囃されるのが芸能界です。毎年「癒し系タレント」「癒し系イケメン」等のランキングが発表されます。バブル経済崩壊後の1990年代に始まった「癒しブーム」は今尚続いているのです。まさに「失われた30年」、働けども我が暮らし楽にならず、日本国民の多くは潜在的に、生活苦と不安に喘ぐ中で「癒されたい」「癒して欲しい」と願っているのです。

2.《癒しは卑しい?》 90年代の「癒しブーム」に対して「癒しは卑しい言葉だ」(1999年)と頭ごなしに否定したのが、宗教学者の山折哲雄、仏教学者のひろさちや等でした。誰もが「癒されたい」と受身のみで語られる「癒し」は「卑しい」と警鐘を鳴らしたのです。しかしながら「癒されるパワースポット」「ヒーリングスポット」等と、現在、マスコミと共に「癒しブーム」の旗振り役を務めているのは、山折の大スキな寺社仏閣(所謂「日本文化」とやら)であるというのは何とも皮肉な話です。キリスト教にも「癒しの信仰」を前面に出して、教勢拡大に利用している教会があります。患者を医療から遠ざけたり、見世物にしたり、引き替えに破格の献金を要求したり、その多くが「破壊的カルト」です。

3.《病者に仕える者》 福音書の中にも繰り返し「癒した」との語が出て来ます。それを根拠に「癒しの信仰」を主張する教会もあります。そこで改めて、イエスさまが何を為さっていたのか調べてみました。「癒す/テラペウオー」は「セラピー/療法」の語源です。患者本人の成長や発達、回復を促していく事です。しかも「テラペウオー」は「仕える、奉仕する、看護する」が第一義です。名詞の「テラポーン」に至っては「従者、下僕、奴隷」です。治療士(ヒーラー)が霊能力を誇示する癒しではありません。イエスさまは、病気や患い(病名も付けられない症状)に苦しみ悩んでいる人たちに仕え、寄り添って行かれたのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:53 | 毎週の講壇から

2021年06月28日

神さまの友だち【民数記 12:2〜8】

聖句「モーセという人はこの地上のだれにもまさって謙遜であった。」(12:3)

1.《生き辛い世に》 夏目漱石の名作『草枕』の冒頭に「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」という名文句があります。筋を通せば事を荒立てるし、慮れば状況に流されるし、持論を押し通すと身動きが取れないのです。と言って「人でなしの国」に行く訳にも参りません。むしろ、住みにくい所を寛げて長閑な住み易い所、生き辛い世を少しでも生き易くするのが芸術家の使命だと、漱石は言っています。芸術家のみならず、私たち皆の願う処ではないでしょうか。

2.《柔和は力強い》 イエスさまの「八福の教え/真福八端」の3番目に「柔和な人たちは幸いだ/地を受け継ぐ」とあります。社会変革を意識する人たちは「貧しい人たち」「平和を作り出す人たち」「迫害されている人たち」に注目しますし、ホーリネス派は「清い人たち」を選ぶことでしょう。今現に辛い思いをしている人は「悲しむ人たち」や「憐れみ深い人たち」に目を留めるでしょう。8つの中で一番地味で目立たないのが「柔和な人たち」なのです。でも「生き辛い世の中を、少しでも寛げるように」と考えたら、この「柔和さ」こそが大事な要素なのです。ギリシア語の「柔和/プラーユテース」には「忍耐強い」の含みもあるのです。「柔よく剛を制す」。案外「柔和」には底力があるのです。

3.《柔和なモーセ》 モーセは地上の誰よりも「謙遜、柔和/アーナーヴ」だったと書いてあります。モーセは美術や映画で力強く峻厳なイメージで描かれていますが、実際には口下手で控え目な性格だったのです。姉ミリアムや兄のアロンに言いたい放題に批判されても、すぐに反論できずに、辛抱して黙り込んでしまうのです。モーセは何も言い返さないのです。これが「柔和」です。本来は「抑圧された奴隷状態にあること」を意味する語なのです。神さまの方が我慢できなくなって「モーセは俺の友だちなんだ」と介入する有様です。「柔和」は「人でなしの国」では無益ですが、「天の国」では恵みの賜物を受け継ぐのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:52 | 毎週の講壇から

2021年04月26日

さあ、わたしの後ろに【マタイ4:18〜22】

聖句「イエスは、『わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう』と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。」(4:19,20)

1.《信仰への入門》 プロテスタント教会には「教理問答/カテキズム」の伝統があります。洗礼志願者、堅信礼志願者に「信仰告白」に準じて教育し、自らの信仰について弁証できるようにしたのです。それに倣って、カトリック教会も「公教要理」を作りました。しかし、私は教理の「詰め込み」に意味を感じません。それで「キリスト教入門講座」の中では、受講者と一緒に、信仰者は如何に生きるのか、暮らしの中に信仰生活を如何に位置付けるかを考えるようにしています。

2.《イエスの弟子》 その「入門講座」の受講者から「これで私も先生の弟子になりますね」と言われて驚いたことがあります。私にも洗礼を授けてくれた牧師はいますが、「彼の弟子」と意識したことは無かったからです。漢字の「弟子」(「弟」の文字は矛の柄に巻く鞣革)は「次の人」の意味、ラテン語の「ディスキプルス」は「学ぶ、経験する」から、ギリシア語の「マテーテース」は「習得する、聞いて理解する」から、ヘブライ語の「リンムーディーム」は「馴れる」から来ています。因みに、ヘブライ語の「師/モーレハ」は「投げる、指し示す」から来ています。これこそ、イエスさまです。主は私たちに「模範解答」など求めて居られません。いつも何かを「投げ掛け」、新しい気付きを与えて下さるのです。

3.《最前線の矢面》 小見出しは「4人の漁師を弟子にする」ですが、本文に「弟子」という語はありません。「従う、付いて行く」が「弟子になる」という意味ではあります。「教理問答」を習得したから弟子と認められた訳ではありません。イエスさまの召し(人選)は、むしろ、神の国の門が全ての人に開かれていることを示すものです。なぜペトロたちがイエスさまの召しに従ったのか不思議です。しかし、聖書は人を操るための魔法の本ではありません。「あなたならどうする?」と問い掛ける本なのです。主は「私に付いて来なさい」(直訳は「さあ、私の後ろに」)と仰っただけです。戦争では、属国(占領地)の兵士を最前線に立たせるのが常です。服従させ「弾除けの楯」「鉄砲玉」にするのです。しかし、信仰の闘いでは、矢面に立つのはイエスさま、後ろに続く私たちを守って下さるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:56 | 毎週の講壇から

2021年04月19日

何のために生きるのか【ローマ 14:1〜12】

聖句「それなのに、なぜあなたは、自分の兄弟を裁くのですか。また、なぜ兄弟を侮るのですか。わたしたちは皆、神の裁きの座の前に立つのです。」(14:10)

1.《驚く為五郎》 その昔、ハナ肇の「アッと驚く為五郎」というギャグがありました。そもそも、ハナが麻雀をしている時、自分の打牌によって他家にロンしてアガられた瞬間に唸っていた口癖だったそうです。元ネタは浪曲「清水次郎長伝」の「為五郎の悪事」の一節、本座村為五郎の驚愕を、名人と言われた二代目広沢虎造が独特の節回しを効かせて唸った(歌った)ものだったのです。

2.《恩を着せる》 ここには「わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために生きるのです」という有名な聖句があり、その前後も含めると僅か2節に7回も「ために」が出て来ます。こんなに連発されたら、さぞかし主も鬱陶しかろうと思いました。愛国心に付け込んで「お国のため」と言っては、兵隊を死地に追いやった歴史があります。親が子どもに「あなたのためなのよ!」と捲くし立てる場合も、大抵、本人のためには成りません。殆ど全ての日本語訳で「主のため」になっていますが、実際には、単に「主に」(定冠詞+与格の名詞)に過ぎないのです。英訳なら「to the Lord」です。人間が神さまに恩を着せよう等とは言語道断、以ての外ではありませんか。

3.《主に生きる》 イエスさまは高い所から下々を見下ろして居られたのではなく、実際に地上に生きて、人間として苦難を受け、十字架に死なれました。そのような御方だからこそ、生きている者にとっても死んだ者にとっても、主であられるのです。その主が「私は誰をも裁かない」と仰っているのに、どうして信徒を自称する者が他人を裁くのでしょうか。主は「ファリサイ派と徴税人」の喩え話をして、他人を見下してはいけないと教えられたのに、どうして同胞を蔑んだり侮ったりするのでしょうか。「裁く」ことは「侮る」ことと同じです。残念ながら、社会は勿論のこと、教会の中にさえ、他者を自分より低い者と見下す人がいます。しかし、私たちがキリストを主と仰ぐなら、同胞と同じ目線で生きて行く道を選ぶべきです。その時にこそ、自分が生きる価値と目的とが知らされるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2021年04月12日

イエスの顔も三度【ヨハネ 21:1〜14】

聖句「イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現われたのは、これでもう三度目である。」(21:14)

1.《魂の暗証番号》 最近は、年配者が若い人に説教する姿が見られなくなりました。昔の人は叱るにしても、諺や格言を織り交ぜていました。その人の人生観や職業倫理を裏打ちするものだったのでしょう。愛誦聖句も同じです。朝な夕なに唱えて自分を律する聖句は、私たちの魂の一部になります。クレジットカードの暗証番号みたいなものです。愛誦聖句を忘れるようでは、天国の扉は開きません。

2.《見ずに信じる》 「仏の顔も三度」の由来は、コーサラ国の毘瑠璃王(ヴィドゥーダバ)の軍勢が母の祖国、釈迦族を攻めた時、釈尊が教え諭して戦を押し留めるのですが、遂に4度目に釈迦族を滅ぼしてしまう故事です。「仏の顔」は釈迦の威光ですが、3度までしか効かなかったようです。聖書の「神の御顔」も神の栄光と臨在を意味します。私たち人間が見ることは出来ません。ただ仰ぐのです。イエスさまの復活の御姿も「見る」ものではありません。「ヨハネによる福音書」20章では、マグダラのマリアから始まり「見る」という動詞が繰り返されますが、「見ないうちは信じない」トマスに対して、主は「見ないで信じる者になりなさい」と言われて、復活は見るものではなく信じるものだと解き明かされるのです。

3.《毎日の朝御飯》 21章は後日譚です。最近の映画やアニメはエンディングのクレジットの後に付け足しのドラマが続いたりします。これを映画業界では「ポスト・クレジット・シーン」と言います。派遣命令が出された後に、どうして弟子たちが漁師なんかやっているのでしょうか。それは、私たちの日常生活の中に復活の主が居られるというメッセージです。夜通し働いた弟子たちのために朝御飯を用意して待っているイエスさまは、私たちの家族、学生食堂のおばちゃんのようです。聖礼典だの秘蹟だのと勿体ぶったものではありません。もはや「見たの見ないの」と喧嘩する弟子は一人もいません。イエスさまがそこに居られるのが当たり前なので、誰も「あなたは誰か?」と問うたりしないのです。だって「これでももう3度目」なのですから。私たちの暮らしの中に主は居られるのです。 

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:54 | 毎週の講壇から

2021年04月05日

どこかで朝が始まっている【マタイ 28:1〜10】

聖句「婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。」(28:8)

1.《朝のリレー》 谷川俊太郎に「朝のリレー」という詩があります。初出は1968年の詩集ですが、1980年代に中学の国語の教科書に掲載され、2004年にはコーヒー会社のCMにも使用されて、多くの人に知られるようになりました。世界の各地に暮らす若者や子どもたちが時間差で朝を迎える様子が、地球上の人から人へと「朝がリレー」されていると表現されています。

2.《何を繋ぐか》 東京五輪の聖火リレーが始まりましたが、正直、コロナ禍とあって素直に祝福できません。聖火リレーの起源は古代ギリシアの「松明競争」と言われます。競技会の前に騎手や走者が松明を消さないように注意しながら、神殿までリレーする宗教儀礼でした。近代リレーの発祥は、米国の大学が大陸横断の「駅馬車」や「早馬」の制度をヒントにして、バトンを手渡すトラック競技を始めたとされています。米国の消防士の消防訓練競技で手旗をリレーしたという説もあります。日本の「駅伝」では「襷を繋ぐ」と言います。駅から駅へ馬を乗り換える「伝馬」制度を利用する役人が、朝廷から支給された「駅鈴」が襷の起源とも言われます。しかし、目に見えない何かを繋ぐリレーもあるのです。

3.《希望の朝だ》 最初に主の復活を伝えられたのは「マグダラのマリアともう一人のマリア」でした。「もう一人のマリア」とは「小ヤコブとヨセの母マリア」です。息子2人を主の弟子として送り出し、自らもガリラヤから従って来て、一行の世話をしていた女性です。十字架の最期を見届け、朝一番に墓参りにも来ています。彼女たちは、そこで転がる墓石、天使の啓示、逃亡する番兵、主の復活という出来事に出会うのです。福音を弟子たちに伝えるために、彼女たちは走ります。聖書の中で女性が走る場面は珍しいと思います。伝え聞いたペトロも墓に走ります。さながら「箱根駅伝」の往路と復路のようです。この2人の女性たちから、復活を伝える「朝のリレー」が始まり、2千年後の私たちの所に届きました。今日に至るまで、途絶える事無く続けられているのです。それが主日礼拝です。 

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:54 | 毎週の講壇から

2021年03月29日

ぞうきんのこころ【ヨハネ13:1〜11】

聖句「イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。」(13:1)

1.《洗足と千束》 大田区には「千束」と「洗足」の地名が混在しています。その昔この地域は寺領だったので「稲千本分」の年貢が免ぜられていたので「千束」だったそうです。その後、日蓮が旅の途中、池で足を洗った伝説が加わり「洗足」の字が当てられたとか。ところが、1926年、この地に前田若尾が「洗足高等女学校」というキリスト主義学校を設立したのです。勿論、イエスさまの「洗足」の御業を建学の精神に掲げて校名にしたのでした。

2.《跣足と清貧》 カトリック教会には「跣足(せんそく)」と銘打った修道会があります。これは、アッシジのフランシスコとキアラ(クララ)が古代の使徒たちに倣って「裸足」で旅をしたことから来ています。それは清貧の実践でしたが、同時に、贅沢三昧を極めたローマ教会の内部改革を促す運動でもありました。因みに、日本では「清貧」と言われますが、ラテン語の「パウペルタース/貧しさ」には、「清い」等という自己主張はありません。そうではなくて、ただ単に「キリストは貧しさと苦しみの中に共に居られる」という信念です。安土桃山時代、フランシスコ会修道士が初めて入って来た時、貧しさを旨とする姿を見て、キリシタンの信仰に入った庶民も多かったと言われています。

3.《足を洗う主》 過越祭の食事(最後の晩餐)の直前、主は弟子たちの足を一人一人洗われました。人に仕える姿を身をもって示された等という教育実践のようなことではなく、洗足の御業そのものがキリストの御心そのものだったのです。確かに「大地/フムス」に触れる足は、私たちが地上の存在(この世の者)であるという限界を常に教えてくれます。その足を洗う主の御姿は「謙遜/フムス」そのものです。ペトロとの対話に気を取られますが、ここで最も焦点が当てられるべきは、イスカリオテのユダの存在です。主は裏切る者の足も洗われたのです。イエスさまは既に悪魔に取り憑かれている者をも「主の晩餐」に招かれているのです。そして手ずから聖餐のパンを差し出されたのです(直接、彼の口に入れたのかも知れません)。これが「世にある彼自身の弟子たちを愛して」愛し抜かれたという事柄の真骨頂なのです。裏切ったり、見捨てたり、逃げ出したり、否認したり、信じなかったりする弟子たちであっても、イエスさまの魂の一部なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:52 | 毎週の講壇から

2021年01月11日

安息日にこそ救いを【ルカ 14:1〜6】

聖句「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」(14:5)

1.《ぽっぽや》 映画『鉄道員(ぽっぽや)』で高倉健扮する主人公、乙松は北海道のローカル線の終着駅の駅長です。生後2ヶ月の娘が病死した時も、入院中の愛妻が臨終を迎えた時も、鉄道員としての職務を全うしたために、その最期を看取ることが出来ませんでした。定年退職を控えた乙松の前に、幼児、中学生、高校生の3姉妹が順に現われます。それは、幼くして亡くなった娘が成長して行く自分の姿を見せようとして、彼の前に現われたのでした。

2.《四角四面》 『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)の下地に成っているのは、イタリア映画の『鉄道員』(1956年)でしょう。いずれの主人公も、鉄道員としての職務に誇りを持ち、家庭の事情よりもダイヤと乗客の足を守り、職務を全うすることを第一に考えているのです。愚直を通り越して偏屈と言っても良いくらいです。昔の職人気質や職業人のプロ意識なのです。イエスさまの御言葉を読みながら、自分の息子が穴に落ちても、気付かない人もいるでしょうし、仕事を優先する人もいるかも知れないと思いました。イエス一行を自宅に招いて宴会を開いたファリサイ派の議員も、同席した「律法の専門家やファリサイ派の人々」も、決して悪い人たちではなく、ただ自分の職務に忠実な人たちだったのではないでしょうか。

3.《救いの手》 律法には「たとえ敵の驢馬でも荷物の下敷きに成っているのを見たら助けよ」「同胞の驢馬や牛が倒れているのを見て見ぬ振りをするな」と教えられています。況してや自分の家畜なら、自分の息子なら尚更でしょう。言うまでもありません。宴会の席上に「水腫を患っている人」がいました。リンパ液の病気で、体に浮腫が出ているのです。同席していたのですから、議員の身内に違いありません。しかし、居並ぶ面々は、イエスさまから改めて「安息日に病気の治療は許されるか?」と訊かれると、職業意識が邪魔をして黙り込んでしまったのです。議員は誰よりも癒しを願っていたはずです。それなのに私情を差し挟むことは許されないと沈黙してしまうのです。融通の利かない「律法バカ」なのです。彼らこそが井戸に落ちて上がれないのです。イエスさまはそんな面々を通り過ぎて、彼を癒されました。大切なのは愛、神が良しとされるのは愛、私たちを天国へと連れて行ってくれるものがあるとしたら、それは愛だけです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 22:52 | 毎週の講壇から

2021年01月04日

亡命者はナザレをめざす【マタイ2:19〜23】

聖句「ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、ナザレという町に行って住んだ。」(2:22,23)

1.《巣ごもり生活》 昨年はコロナウイルス感染拡大に伴い「外出自粛」が叫ばれました。在宅で仕事をする「テレワーク」や、外出を減らして「おうち時間」が増えた結果、「巣ごもり需要」と言って調理器具や食品、ゲームや書籍、動画配信サービス、健康器具、家具、学習教材などの販売収益が倍増したそうです。このように「コロナ禍」で大儲けした人がいる一方、仕事や職場を失った人たちも多数あることを思うと、とても遣り切れない気持ちに成ります。

2.《引きこもり?》 昨年は「引きこもり」に取材した番組も多くありました。所謂「8050問題」もありますが、失職や高齢の親の介護を契機に引きこもる人も増えています。米国精神医学会の診断マニュアルに「社会的撤退/Social Withdrawal」とあったのを翻訳したのが「引きこもり」の語源です。聖書にも「引きこもり」が出て来ます。単に時代に迎合したのではなく、キリストの「公生涯」を如何に位置付けるかという問題があります。降誕から洗礼者の登場までの約30年間、イエスさまの動向について、知られざる期間があるのです。社会的に孤立しても、人から知られていなくても、生きている人たちがいるのです。

3.《ナザレの人?》 ヘロデの死後にユダヤ地方の統治を継いだ、アルケラオは大変な悪政を行なったそうです。そこで、ヨセフ一家はガリラヤ地方のナザレに移住したと言うのです。ここに「ルカによる福音書」のクリスマス物語との齟齬があります。「ルカ」では、マリアもヨセフも最初からナザレに住んでいた設定ですが、この「マタイ」では、故郷のベツレヘムに戻らず、泣く泣く東北の片田舎に移住するのです。この齟齬を「面白い」と思うか否かで、信仰の在り方(寛容と不寛容)が分かれます。「彼はナザレの人と呼ばれる」という預言は旧約聖書にはありません。むしろ「ナザレから何か良いものが出るだろうか?」と言われているのです。しかし、その方が本当のキリスト、王宮にではなく飼い葉桶に生まれたイエスさまに相応しいと思います。寄る辺ない亡命者の憂愁、片田舎に引き籠る者の孤立感、田舎者の鬱屈を、イエスさまは御存知なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:55 | 毎週の講壇から