2016年04月11日

羊の門【ヨハネ10:7〜18】

聖句「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。」(10:9)

1.《新年度4月》 新入園児や新入学生、新入社員の初々しい姿を見かける季節です。新入ではなくても、転校や転勤、配置転換によって新しい人間関係が生まれます。不安と緊張もありますが、新しい出会いもあるのです。4月を年度初めとする習慣は日本固有の文化で、稲作と関係があります。江戸時代には、年貢は米で換算され、米価が物価の基準とされていたので、作付け準備が始まる4月をもって年度初めとしたようです。

2.《九つの城門》 「入門の季節」、門に思いを巡らせると、小説や映画、彫刻から世界の観光名所まで、数多くの門があります。因みに、江戸城や京都御所、横浜中華街の門は9つあります。北京城の内城も、イシュタル門で有名なバビロンも、城門は9つあったそうです。どうやら人間の肉体に譬えられているようです(目、耳、鼻、口、尿道、肛門)。残念ながら、エルサレムの城門は8つしかありません。「ネヘミヤ記」3章の記事では7つです。しかし、エルサレム神殿の内庭への門は9つあったそうです。

3.《出入り自由》 イエスさまが「私は羊の門」と言われた時、エルサレムの住民は北東の城門「羊の門」をイメージしたはずです。それは「悲しみの道」の出発点でもあります。また、夜間に羊飼いが群れを収容する洞窟や囲いの入り口を想像したはずです。いずれも、夕方には閉じられ、門には兵士や羊飼いが見張りに立って、略奪者や猛獣から守ってくれるのです。朝になれば、農夫や商人は城門を出入りし、羊の群れは牧草を食べに出て行きます。門は「出入り」するための物、閉じ込めたり監禁するためではありません。イエスさまを「通って入る者が救われる」のです。「出たらアウト!」ではありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:47 | 毎週の講壇から

2016年04月04日

天下御免の向こう傷【ヨハネ20:24〜29】

聖句「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をその脇腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」(20:25)

1.《傷自慢大会》 スピルバーグ監督の映画『JAWS』の一番の見せ場は、海洋学者のフーパーと鮫漁師のクイントが、お互いの体に残る鮫にやられた傷跡を見せ合った末に、打ち解けてしまう場面です。警察署長のブロディだけは盲腸の手術跡しかなく、盛り上がりに加わることが出来ずに、寂しい思いをするのです。「傷自慢」は、学歴や職歴、役職や肩書き、家屋敷やブランド品を自慢し合うよりも遥かに健全です。「キズバナ」は「コイバナ」よりも罪がありません。

2.《キズキャラ》 有名な「傷キャラ」としては、隻眼隻腕の『丹下左膳』、ボリス・カーロフの「フランケンシュタインの怪物」、『旗本退屈男』が思い浮かびます。いずれも昨今のマンガやアニメにまで受け継がれています。早乙女主水介の額の三日月傷は、歌舞伎の『弁天娘女男白浪』が出典でしょう。しかし、史上最強の「傷キャラ」は、やはりイエス・キリストでしょう。マグダラのマリア、弟子たちが「私は主を見た」と証言する中で、復活の主に相見ゆる機会を逸したトマスが「手の釘跡、脇腹の創傷」を見るまでは信じないと主張するのです。そんな彼の前に、主が現われて傷痕を見せるという展開です。

3.《見知らぬ人》 トマスだけが特に疑い深かったのではありません。弟子たちの前に現われた時にも、主は傷痕を示されるのです。まるで身元不明遺体の確認作業のようです。つまり、復活のお姿は、生前のお姿とは違う「別の姿」だったのです。それだからこそ、復活の主が現われているのに、マグダラのマリアもペトロたちも、エマオ途上の2人も気付かないのです。復活の主は、私たちの前に「見知らぬ誰か」として登場されるのです。「見知らぬ誰か」の抱える傷に気付く時、私たちは復活の主と相見ゆることが出来るのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2016年03月28日

友として生きる【ヨハネ15:11〜17】

聖句「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行なうならば、あなたがたはわたしの友である。」(15:13,14)

1.《真の友だち》 世の中には「○○の友」と称する雑誌が数多くあります。各百貨店には「友の会」があり、同好の士が集まるサークル「友の会」も各分野にあります。浦沢直樹の『二十世紀少年』では、「ともだち」と名乗る教祖に率いられたカルト教団が登場し、目的のために手段を選ばぬ権謀術数で、日本の政財界を支配下に置きます。阻止しようとする人たちは資金も組織もなく、自らの弱さに悔し涙を流します。しかし、そこに本当の友情のドラマがあるのです。

2.《友だち宣言》 「論語」に「益者三友、損者三友」と言いますが、「自らに益する友を選べ」との処世訓です。ヘブル語にも3つの「友」があります。「馴染む」という動詞から「人生の伴侶」、「付き合う」という動詞から「隣人、社会的な仲間」を表わす語があります。そして最後に「愛する」という動詞から派生した語があります。これがギリシア語の新約聖書では「フィロス」と成ります。イエスさまは弟子たちに、愛の掟を実践するならば、自分たちは「主従関係」ではなく「友だち」であると宣言されました。自分の立場を捨てて、何かの働き掛けをして行くことで、相手との関係性が大きく変化するのです。

3.《友だち甲斐》 ポーズやジェスチュア、社交辞令や美辞麗句ではありません。問題は、私自身が「自分の殻を破る」かどうかに掛かっています。誰でも自分を最優先にしています。つまり、自らを「主」として生きているのです。いつも自分のことばかり考えています。しかし、人は自分のために生きるようには作られていないのです。誰か他の人のために生きるのです。「仕えること」が「愛すること」です。「自分の命を捨てる」とは「自分の命を置く、預ける、脱ぐ」という意味です。それでこそ「友だち甲斐がある」というものです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:49 | 毎週の講壇から

2016年03月21日

亜麻布に包まれて【ヨハネ19:38〜42】

聖句「彼らはイエスの遺体を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。」(19:40)

1.《お雛巻き》 米国の産婦人科では、新生児をグルグル巻き(Swaddling)にします。私の後輩は、それを見て「エジプトの猫のミイラ」を、連れ合いは「クリスマスのイエスさま」を連想したそうです。最近、赤ちゃんを安眠させる方法として、日本でも若い母親たちの間で流行しています。子宮にいて守られている状態を作り、赤ん坊を安心させて上げるのです。考えてみれば、昔から日本でも「おくるみ」「お雛巻き」として存在していた習慣です。

2.《おくるみ》 クリスマスの記事には「マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布に包んで飼い葉桶に寝かせた」とあります。ギリシア語は「産着で包む」という動詞が使われているだけで、布の素材まで言及していませんが、亜麻布であることは間違いありません。インド、メソポタミア、エジプトでは亜麻布の歴史は古く、肌着として普及していました。木綿や羊毛などは、むしろ上着として羽織ったのです。イエスさまの埋葬の場面にも、再び亜麻布の「グルグル巻き」が登場します。「隠れ切支丹」のヨセフと未信者のニコデモが、イエスさまの遺体を懇ろに埋葬して、最大限の愛情を奉げるのは感動的です。

3.《復活の命》 ユダヤにはミイラの習慣は伝わりませんでしたが、亜麻布の包帯で遺体を巻き、香料で腐臭を防ぎました。「顔覆い」も亜麻布の包帯だったようです。「布に包まれて」飼い葉桶に始まった御生涯は、十字架によって断ち切られて、遺体は「亜麻布に包まれて」墓に納められました。しかし、それで終わることはなく、主は復活されたのです。亜麻布は蝉の抜け殻のように墓に残されていたのです。私たちは、死や遺体を穢れとは思いませんし、聖骸布を崇敬の対象ともしません。大切なのは、今も生きて働き給う主御自身です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:08 | 毎週の講壇から

2016年03月14日

暗い夜がふけるのは【マルコ15:33〜41】

聖句「そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、『本当に、この人は神の子だった』と言った。」(15:39)

1.《十字架の七言》 ローマカトリック教会では「十字架上の七つの言葉」を採り上げて「聖週間」の瞑想の歩みとすることがあります。7つの御言葉を通して、1日ずつ、主の十字架を偲ぶのですが、一度に読んでみると、困ったことに、イエスさまが何度も息絶えて、息を吹き返しているかのような印象を受けてしまいます。「ヨハネによる福音書」から3言、「ルカによる福音書」から3言、「マタイによる福音書」から1言が採られています。

2.《エロイとエリ》 十字架の言葉の中でも、最も胸に迫るのが「我が神、我が神、なぜ私をお見捨てになったのですか」という絶叫です。「マルコによる福音書」では「エロイ、エロイ」とアラム語ですが、「マタイによる福音書」では「エリ、エリ」とヘブル語の呼びかけにされています。イエスさまが日常的に喋っていたのはアラム語ですが、直後の「預言者エリヤに助けを求めているのだ」という見物人の反応からすると、「エリ」でなくては筋が通りません。こんなこともあって「七言」には「マタイ」が採用されています。「マルコ」は「マタイ」の抜粋みたいな半端な福音書という不当な扱いを受け続けて来たのです。

3.《山麓の菜の花》 近代になって「マルコ」の再評価が始まりました。「マタイ」も「ルカ」も「マルコ」を下敷きに書かれたのです。問題は、百人隊長の信仰告白です。「マタイ」では地震とゾンビを恐れたのですし、「ルカ」ではイエスさまを「礼儀正しい人」と評価しています。しかし「マルコ」では、彼は真っ直ぐに死に行く人を見詰めているだけです。ユダヤ人作家、エリ・ヴィーゼルは、アウシュヴィッツ強制収容所で絞首刑に処せられた人を前にして、神の御声を聴きました。河野進牧師は「暗い夜がふけるのは/明るい朝が近づくため」という詩を書いています。そういうことなのかも知れません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:57 | 毎週の講壇から

2016年03月07日

それ、無駄使いですか?【マルコ14:3〜9】

聖句「なぜ、こんなに香油を無駄使いしたのか。この香油は3百デナリオン以上に売って、貧しい人に施すことが出来たのに。」(14:4)

1.《ナルドの壺》 「ナルドの香油」はヒマラヤ原産のスパイクナルドとも言われます。その容器「石膏の壺」も雪花石膏(アラバスター)でした。「3百デナリオン」は、当時のローマ軍の兵卒の日当が1デナリオン、現代の米軍兵士の給料から算出すると、1デナリオンは5〜7千円でしょう。150〜210万円もする高級品だったことが分かります。ラベンダー説を採って、プリニウスの記録を参考に算出しても、やはり百万円近くすることでしょう。

2.《何が浪費か》 古代ユダヤの女性たちは、事の他、香料を大切にしていました。若い女性は香油の壺を携えて結婚式に臨みました。婦人たちは愛する夫の弔いに没薬(ミルラやバルサム)を使いました。年若い女性だったとすると、彼女の大切な嫁入り道具だったのかも知れません。裕福でも一生に一度しか使うことのない香油です。それを惜しみなくイエスさまに注いだのです。どんな悲しい事があったのでしょうか。それは誰にも分かりませんが、イエスさまは御存知でした。しかし、「そうは問屋が卸さない」のが世間の人たちです。

3.《意味と価値》 居合わせた男性たちが彼女を「厳しく咎めた」は「馬の嘶きのように鼻息荒く怒鳴り付ける」です。「無駄使い」は「絶滅、破滅、滅亡、浪費」です。女性独りに殴り掛からんばかりの剣幕です。しかし、イエスさまは彼らを制止して「予め私の埋葬の準備をしてくれた」と言って弁護されます。私たちの行ないや人生に意味と価値を与えて下さるのは、そもそも神さまなのです。人間の意味付けは所詮、貨幣価値です。貨幣価値に換算しなければ、意味が見出されません。しかし、お金に換算できない素晴らしいものがあるのです。私たちの命や人生は、本来そういうものであったはずです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:12 | 毎週の講壇から

2016年02月29日

体は痛みを共にする【Tコリント12:12〜26】

聖句「目が手に向かって『お前は要らない』とは言えず、また、頭が足に向かって『お前たちは要らない』とも言いません。」(12:21)

1.《致命傷を与える》 映画『男はつらいよ』シリーズでは、大喧嘩を始めた寅次郎に向かって、おいちゃんが「出て行ってくれ!」と叫ぶと、関係性が切れて、寅は旅に出ます。現実には「とらや」の面々のように簡単に関係修復は出来ません。「それを言っちゃあお仕舞いよ」なのです。「被虐待サバイバー」の声を聴いていると、残酷な虐待やネグレクトもさることながら、言葉の暴力によって受けた致命傷の大きさに慄然とさせられます。

2.《命を粗末にする》 数ある言葉による暴力の中でも、「お前なんか要らない!」は最強の呪詛です。親が子を不要品、ゴミ扱いするのです。現代日本はペットの遺棄と殺処分の多さも凄まじく、年間13万匹もの犬猫が「アウシュビッツ」送りになっています。命が使い捨てにされているのです。世の中は「消費社会」で、私たちも「消費者」と呼ばれています。政財界は「消費者物価指数を上げるように」PRします。消費が美徳とされ、経済を優先する社会の呪いが結晶化したのが「お前なんか要らない!」です。

3.《お前は要らない》 パウロの手紙の中にも「お前なんか要らない!」が出て来ます。紀元55年頃にも、こんな言葉があったのです。聖書では、人体の中でも「目」や「頭」が大切にされて来ました。しかし、だからと言って、目や頭が手や足を不要とするはずはないのです。それどころか「体の中で他よりも弱い部分」である目や頭を庇ってくれるのが「手」なのです。「幻肢痛」という症状があり、切断して存在しないはずの指先や爪先に疼痛を感じる人がいます。「身体図式」が備わっているのです。それこそ神の創造の御業です。愛する者の喪失にも同じような痛みを感じます。それが愛なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:05 | 毎週の講壇から

2016年02月22日

誘惑の荒れ野【マタイ4:1〜11】

聖句「すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。『神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。』」(4:3)

1.《悪魔学入門》 私は悪魔学を修めんと志して神学部に入った結果、道を誤り牧師になって早や30年になります。神の御導き、大勢の人たちのお助けで、私は危うく冥府魔道から立ち帰ったのですが、私自身も「影との戦い」をして来たのです。改めて世間を見渡せば、立派そうに見える牧師や真面目そうに見える信徒でも、本人が気付かぬまま、実際には「影」に支配されている人が多いのです。それこそが、私から皆さんに贈る「悪魔学入門」です。

2.《悪魔の誘惑》 旧約聖書では、かつてサタンが「エデンの園」にあってはアダムを、「荒れ野」にあってはイスラエルを誘惑し、神から離反させたとされています。それを想起させるように「マタイによる福音書」は、「イエス・キリストの系図」で始まり、舞台を「荒れ野」へと繋げます。神の子としての従順の道を全うしようとするイエスさまに、三度サタンが現われて誘惑します。かつてアダムやイスラエルを屈服させたサタンの誘惑、主は打ち勝ち、世をサタンから解放して、神の支配を確立された…という物語展開なのです。

3.《誘惑と試練》 ブニュエルの映画『砂漠のシモン』では、柱頭行者シメオンを誘惑する悪魔は、あどけない幼女の姿で登場します。泥棒と名乗って泥棒する馬鹿はいません。「如何にも悪魔」の姿で誘惑する悪魔もいません。「この石をパンに」と要求する悪魔が、飢えた難民の子の姿をしていたら、「世の繁栄を手に入れたいと思いませんか」と語り掛けるのが、困窮した被災者や理想に燃える正義漢の姿をしていたら、どうでしょう。これで悪魔との戦いが終わったのではありません。むしろ、ここからイエスさまの本当の戦いが始まったのです。飢えている者と共に苦しみ、悩み苦しむ人たちと共に生きる戦いが。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から

2016年02月15日

真っ白な灰だけが残る【黙示録7:9〜17】

聖句「彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである。」(7:14)

1.《白装束》 現在では「喪服」と言えば、誰でも黒を連想しますが、開国以前には白装束が多かったのです。棺桶の中の亡骸も、切腹する侍の死に装束も、神主や巫女もお遍路さんも白装束です。奈良時代には、天皇崩御に際して「素服」という染色されない素地の服を着ました。その源流は朝鮮半島にあり、韓国の葬儀では、現在でも白一色です。但し、慶事にも凶事にも、祝い事にも忌み事にも、白を着用しているのです。悲喜こもごも、私たちの人生そのものです。

2.《大苦難》 「衣」と訳される「ストラ」は、古代ギリシアやローマの普段着の総称です。9節を見ると、「白い衣を着た者たち」は身分、民族や国籍、言語を超えています。当然、それぞれ着ている衣装も異なっていたことでしょう。ただ共通するのは、キリストを信じて、その血に贖われ、「名誉、歓喜、勝利」の中に入れられたという点のみです。それが「白い衣」なのです。「黙示録」が執筆されたのは、ネロと並び称される暴君、ドミティアヌス帝の時代でした。大勢の人たちが故なく迫害を受け、不条理な苦難を味わったに違いありません。

3.《肌感覚》 日本画では白色を出すのに「胡粉」を使いますが、それこそが全ての色の基礎に成っているのです。日本の藍染では、原料の「すくも」と繊維との仲介をする材料として「真っ白に成るまでに燃やされた木の灰」が用いられます。「天国の青」に昇華されるためには、私たちの人生にも悲しみや痛みが必要なのかも知れません。但し、苦難が無意味ではないことを示す、キリストの十字架が信仰者には与えられているのです。パウロも「洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ている」と言います。「肌感覚」として、イエスさまの存在を深く感じることが出来るはずです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:49 | 毎週の講壇から

2016年02月08日

荒れ野の旅【申命記8:2〜10】

聖句「あなたの神、主が導かれたこの40年の荒れ野の旅を思い起こしなさい。こうして主は…あなたの心にあること…を知ろうとされた。」(8:2)

1.《信仰の広場》 今年で創立から113年を数えますが、関東大震災による会堂焼失により原簿も失われ、目黒移転や東京大空襲の影響もあり、多くの会員の名前が失われています。しかし、私たちは覚えていなくても、神さまは覚えておられます。かつて在籍した人、少し通った人、一度しか来なかった人もまた、教会の歴史の一部なのです。それこそが「聖なる公同の教会」です。

2.《旅路の果て》 商店なら創業百年を経れば「老舗」と喧伝しますが、教会となると、百年くらいでは自慢できません。東京23区内には、19世紀に創立した教会が数多くあります。また、欧州や中近東、北アフリカには何百年前、千数百年前からの歴史を持つ古い教会が幾らでもあります。教会を教会たらしめるのは建物ではなく、歴史の古さでもありません。私たちの人生が他者の人生と取り替えられないのと同じく、教会の歴史も他教会の歴史と比べることの出来ない、固有の宝を持っているのです。実際、聖書で大切な数字は「百」ではなく「40」です。「40年間」は人生の大半(青壮年期)を意味するのです。

3.《勤続の年数》 挨拶状に「勤続40年で定年退職」の決まり文句があります。イスラエルの指導者、モーセは、民をエジプトから脱出させ、数々の苦難を乗り越えて、40年間、民を導いて来ました。そして漸く「約束の土地」が見えた時、後継者にバトンを渡して、天に召されるのです。キング牧師が暗殺される前日に行なった説教も、このモーセの心境を自らに重ねたものでした。私たちもまた、人生という荒れ野を歩く旅人です。遠くにオアシスが見えますが、そこには辿り着けないかも知れないのです。しかし、誰かが私たちの信仰を受け継いで、進んで行ってくれるのです。それが教会の歩みです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:48 | 毎週の講壇から