2014年06月23日

心を入れかえる【マタイ21:28〜32】

聖句「兄は『いやです』と答えたが、後で考え直して出かけた。…弟は『お父さん、承知しました』と答えたが、出かけなかった。」(21:29,30)

1.《一枚の絵》 亀水松太郎は十代から遊興に明け暮れた挙句、強盗を重ねて逮捕され、当時「もはや生きては帰れぬ」と言われた北海道の空知集治監に送られました。ある日、囚人仲間が裸で十字架に磔にされた男の絵を眺めていました。松太郎は「俺より悪党がいるもんやな」と笑いましたが、仲間から「これがキリスト、贖い主」と説明を受けて、人生が変わるのです。キリスト者の囚人仲間や看守、教誨師の信仰にも支えられるのでした。これを機に悔い改めた松太郎は、恩赦を得て出獄した後に、牧師となるのでした。

2.《涙の意味》 父親が息子たちに、葡萄園の仕事を手伝ってくれるように頼みました。兄は拒否しますが、考え直して出掛けました。弟は色よい返事をしたものの、結局、出掛けませんでした。イエスさまは、悔い改めてヨハネに洗礼を受けた徴税人や娼婦の心を大切になさいます。私たちは「ひとかど」の人間だと思っていますが、流れる涙は、私たちが「ひとかど」どころか、「人並み」ですらもなく、「取るに足らぬ者」であること、単なる罪人でしかないことを教えてくれるのです。それが「徴税人と娼婦の涙」「ペトロの涙」です。

3.《うわの空》 祭司長や長老たちは、洗礼者ヨハネに理解を示していました。その姿とメッセージによって、預言者と認めて、評価していました。しかし、彼らは出掛けては行きませんでした。信じて、悔い改めようとはしませんでした。「後で考え直して」とは「悔い改め、心を変える」ことを意味します。結局、地位の高い人たちは「うわの空」だったのです。どんなに頭が良くても「うわの空」の人は一杯いるのです。教会にも聖書を熟知する人、賛美や祈りの上手な人、学問のある「先生」がいますが、それは「お利口さんの良いお返事」に過ぎません。本当の信仰は「心を入れかえて」人生が変わってしまうことです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:50 | 毎週の講壇から

2014年06月16日

花の命は短くて【ヤコブ1:9〜11】

聖句「日が昇り熱風が吹きつけると、草は枯れ、花は散り、その美しさは失せてしまいます。」(1:11)

1.《一輪の草花》 太平洋戦争の勃発と共に、アメリカ合衆国の日系人たちは政府によって家財産を没収され、手持ちの荷物だけで各地の収容所に送られました。収容所は砂漠のような人里離れた場所に建てられています。最北のワイオミング州ハートマウンテン収容所に入れられたHさんは、収容所には「色がなかった」と証言されています。やがて、収容所でも礼拝を行なっているとの噂を聞きつけて、近所の教会の人たちが毎週日曜日に花を届けてくださるようになりました。礼拝の出席者は、自分のバラックに1輪ずつ花を持ち帰り、1週間、花を飾っていたそうです。萎れて枯れてしまっても、茎だけになっても、大切にして眺めて居られたそうです。そこだけに「色」があったのです。

2.《花のいのち》 大人気の連続テレビ小説『花子とアン』のヒロインは、『赤毛のアン』シリーズの翻訳で知られる、村岡花子がモデルです。彼女の人生を辿って見ると、東洋英和女学院、婦人矯風会、教文館、賀川豊彦、大森めぐみ教会など、私たちにも馴染み深い名前が出て来ます。しかし、彼女が『放浪記』の作家、林芙美子と親しくしていたことは、意外に知られていません。『アンのゆりかご』が出版されて、林芙美子の「花のいのちはみじかくて」の出典が初めて明らかになりました。終生、村岡はその詩を額に入れて飾っていたのです。「苦しきことのみ多かれど/風も吹くなり/雪も光るなり」と歌われていて、一種の「信仰」を感じさせる詩です。神さまは「造花」ではなく「生花」を創造されました。生きた花だからこそ萎れて枯れるのです。人間は花が枯れれば、さっさとゴミ箱に捨てますが、神さまは、散っても枯れてもお捨てになりません。そこから新しい命を芽生えさせることもお出来になるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 15:11 | 毎週の講壇から

2014年06月09日

神のギフトの取り扱い説明書【Tコリント14:1〜19】

聖句「愛を追い求めなさい。霊的な賜物、特に預言するための賜物を熱心に求めなさい。」(14:1)

1.《トリセツ》 家電の梱包には、製品本体と共に取扱説明書が入っています。テレビの情報番組がハシリでしょうか、10年程前から、略して「トリセツ」と言うようになりました。「英文法のトリセツ」「小学生男子のトリセツ」「女子社員のトリセツ」「心のトリセツ」「仮設のトリセツ」等の書籍やHPがあります。どうやら、そこには「取り扱いにくい相手と、どのようにして付き合うか」という含みがあるように思います。つまり「取り扱い注意」です。

2.《カリスマ》 ところが、英語の「マニュアル」はラテン語の「マヌス/手」から来ていますが、「手で出来ること」「取り扱い易さ」を言っているのです。生き方においても、人間関係においても、いずれに立つかで随分違います。勿論、私たちの手に余ることもあります。神から与えられるもの、それを私たちは「賜物/ギフト」と呼んでいます。ギリシア語は「カリスマ」です。現在では、特別な能力を言うのに使われますが、語源的には「神が慈悲深く授ける、親切にする」の含みです。だから、パウロは「賜物」を「神の愛」と言うのです。

3.《パラパラ》 パウロの時代のコリント教会でも「カリスマ」ブームがあり、その中心は「異言」でした。30年近く前、ペンテコステ系の教会で「異言」が流行しました。異言が有無が聖霊の有無の証拠、救いの条件のように言われて、傷付いた人たちが大勢いました。そこに愛はあったでしょうか。むしろ、聖霊の一番の働きは、他の人の「徳を高める」ことです。自分が向上することではないのです。「慰め/パラクレーシス」と「励まし/パラムティオン」です。「パラ」とは、その人と共に、その人たちの中にあり、その人たちの間で生きていくことです。「預言」は「予言」ではなく、キリストの十字架と復活が、私の人生にどのように関わるかという信仰の「証し」に他なりません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 11:57 | 毎週の講壇から

2014年06月02日

心ある者が苦しむ 【Tペトロ4:12〜19】

聖句「キリスト者として苦しみを受けるのなら、決して恥じてはなりません。むしろ、キリスト者の名で呼ばれることで、神をあがめなさい。」(4:16)

1.《倍加運動》 日本基督教団は台湾長老教会と宣教協約を結んでいます。二十数年前から台湾長老教会は「倍加運動」で成功しています。それに比べて、日本社会はクリスチャン人口1%の横ばいです。そこで、教団の牧師たちは台湾長老教会や玉山神学院に学びに行っているのです。しかし、信徒の高齢化による働き手不足を嘆いて「青年伝道」を言うのでは、余りにも安直です。

2.《恐怖政治》 明朝から清朝に大陸から漢族が大量に流入して、台湾「原住民」は山奥に追い込まれました。日清戦争の後、日本帝国が半世紀にわたる支配を行ないました。母語を奪われ、天皇崇拝を強要された先住民のキリスト者たちは弾圧されました。日本の敗戦後、大陸から蒋介石の国民党が入って来て、独裁恐怖政治を始めました。1947年の「二・二八事件」では、国民党政府の武力弾圧により何万人もの人が殺されています。台湾の人たちに親日家が多いのは、戦後の恐怖政治が酷すぎたせいでしょう。むしろ、日本の植民地支配や大陸侵略が、国民党の独裁政治に発端を与えたのではないでしょうか。

3.《国是声明》 1971年に台湾が国連を脱退するに至って、台湾長老教会は「国是声明」を発表、政治に対しても発言を行なうようになりました。当然、政府は教会を弾圧し、大勢の牧師や信徒が犠牲になりましたが、その結果、1987年に総選挙が行なわれ、民主化されて行ったのです。「倍加運動」は、単に教会の信者を獲得して、教会を大きくしたいというような志の低い運動ではなかったのです。教会は人権のために闘い、迫害を受け、それが多くの国民の心を揺さぶったのです。痛みを感じ、苦しみに遭うことは恥ずかしいことではありません。況して信仰を守るための苦しみであれば、誇るべきことなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 13:30 | 毎週の講壇から

2014年05月26日

栄光のうちに上げられ【Tテモテ 3:14〜16】

聖句「キリストは…、天使たちに見られ、異邦人の間で宣べ伝えられ、世界中で信じられ、栄光のうちに上げられた。」(3:16)

1.《昇天と高挙》 「キリスト昇天」は新約聖書に記されています。「使徒信条」の土台である「ローマ信条」「ニケア信条」にも「信ずべきこと」と証されています。それ故に、クリスチャンは熱烈に信じないまでも、敢えて否定はしません。ただ、受け身で「上げられ」と表現される場合が多いので、自力で飛翔する「昇天」よりも、神に引き上げられる「高挙」が近いのかも知れません。

2.《聖母被昇天》 カトリック信者は8月15日を「聖母被昇天日」として祝います。母マリアの命日です。天使ガブリエルのお告げによって母マリアに最期の時が知らされ、各地から12使徒も呼び寄せられます。使徒たちの見守る中、キリストが母を迎えて昇天させるのです。背後に「無原罪の聖母の御宿り」の信仰が読み取れます。ラテン語では、イエスの昇天は「アーセーンシオー/上昇」、マリアの被昇天は「アスーンプティオー/取り上げ、採用」と言います。それでは、単に「上昇」の意味しかなかった「キリスト昇天」に、いつの頃から受け身か自力かという問いかけが生じたのでしょうか。

3.《天地を結ぶ》 古い「昇天図」では、雲の中から神の御手が現われ、オリーブ山上のキリストを取り去る絵柄が主流でした。その後、6世紀の教皇、グレゴリウス1世が「キリストの全能性」に疑念を抱かれないように、御自ら天に昇る絵柄に変えさせたのです。しかし、そんな人間的な思惑など取るに足りません。パウロの引用した原始教会の讃美歌を鑑賞してみると、イエスさまの御心が見えて参ります。肉と霊、天使と異邦人(縦と横)、世界と栄光(被造物と創造主)が対に成っています。ここには、分裂して苦しむ世界を繋ぎたい、離れ離れになった人たちを再会させたいという、愛と慈しみがあるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 11:53 | 毎週の講壇から

2014年05月19日

人生は出会い【ヨハネ1:43〜51】

聖句「するとナタナエルは『ナザレから何か良いものが出るだろうか』と言ったので、フィリポは、『来て、見なさい』と言った。」(1:46)

1.《数奇な運命》 幕末には、海難漂流の結果、鎖国日本を離れてアメリカ人に救助されたケースが、50年間で23件もあったそうです。その中でも、「宝順丸」の生き残りの3名の若者の運命は数奇としか言いようがありません。彼らは、ロンドン宣教協会の宣教師、ギュツラフに協力して、現存する最古の聖書日本語翻訳作業に携わったのです。まさしく「人生は出会い」です。

2.《来て、見る》 「ナザレのイエス」と聞いて失笑するナタナエルに、友人のフィリポは「来て、見なさい」と言います。西洋では、短いけれども大切な聖句として「veni et vide」とラテン語で言われます。私たちも各々、キリスト教会や信仰生活に導かれた契機があったはずです。そこに誰か他の人が関わってくれて、その結果、イエスさまに繋がったのです。近年は、テクノロジーとツールの普及で、行かなくても簡単に情報だけ手に入れられる時代になりました。しかし、所詮、情報は虚構に過ぎません。「取り敢えず足を運ぶ」「とにかく行って見る」ということが、リアルな出会いのためには必要なのです。

3.《繋がる思い》 ナタナエルとフィリポ、いずれも私たち自身の姿です。誰かが誰かを連れて来て、イエスさまに引き合わせる、教会は2千年間も、そんな営みを続けて来たのです。人生は思いも寄らぬ出会いの連続で、危険と困難もありますが、そこに醍醐味があります。ナタナエルはイエスさまの「千里眼」に降参しますが、主は「その程度のことは信仰ではない」と言われます。この問答は、20章のトマスとの遣り取りと同じです。巻頭と巻末に似た話が置かれているのは、「ヨハネによる福音書」のメッセージです。最大の奇跡、真の信仰とは、イエスさまを通して、神さまの御思いと繋がることなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 14:04 | 毎週の講壇から

2014年05月12日

あなたの広い心を【フィリピ4:2〜9】

聖句「あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。」(4:5)

1.《ルツ記》 隣国のモアブに移住したものの、ナオミは夫に先立たれてしまいます。その上、2人の息子たちも相次いで亡くなります。これを機に、故国へ帰ろうと決心したナオミでしたが、モアブ人の嫁、ルツは姑と離れず、ベツレヘムに付いて行くのでした。これが「ルツ記」の導入です。「ノヴェッレ/小作品」と呼ばれる文学様式で、現在のラノベやハーレクインの始まりなのです。

2.《慈しみ》 「同じ旧約聖書」と言っても、大きく分けて2つの考え方、2つの流れがあります。寛容と不寛容、受容と排除、広い心と偏狭な心です。例えば、「ヨナ書」では、自分の祖国を滅ぼしたアッシリア帝国を憎む預言者に対して、神さまが慈しみの心を教えます。しかし、次の「ミカ書」では、周辺諸国に対する呪詛が溢れています。1ページ捲ると違う世界なのです。当然、「同じクリスチャン」と言っても2つの流れがあるのです。パウロは「寛容、柔和、優しさ、譲る心、負ける心」を表わすように勧めています。その時、キリストが共に居られるのです。これが真のキリスト信仰であり、これが真の幸せなのです。

3.《母の日》 ルツにとって、ナオミは血縁ではありません。それでも、ルツはナオミと離れません。最終的に、この2人を救済するボアズは、ナオミの親戚に当たります。イスラエルは部族社会ですから、血縁は社会的責任を意味します。しかし、彼もまた、顔も知らない程の遠戚でした。ここにヒントがあります。家族、血族ではない人の愛がナオミを幸せにするのです。物語は、絶望のドン底にあった年老いた女性が、もう一度「魂を生き返らせる」程の喜びに満たされることで終わります。小説だからこそのハッピーエンドなのですが、それを願う権利は誰にでもあり、実際に願わなくては幸せは訪れないのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:33 | 毎週の講壇から

2014年05月05日

案内人の道知らず【ルカ6:37〜42】

聖句「盲人が盲人の道案内をすることができようか。二人とも穴に落ち込みはしないか。」(6:39)

1.《分かって貰う》 私たちは皆、誰かに自分のことを分かって貰いたい、理解して貰いたいと思っているものです。時には、愚痴や文句になってしまって、格好悪いのです。それでも、誰かに聞いて貰わないと窒息してしまうのです。しかしながら、「聞いた貰えた」と「分かって貰えた」とは、まるで違います。相手も自分の問題を抱えていますから、聞くだけで精一杯なのです。

2.《言葉を届ける》 分かって貰うことは難しいことです。言葉を投げ掛けても、言葉が相手に届いていないことが殆どです。現実には、以心伝心もテレパシーもありません。「どうせ分かるはずない」と諦めると、言葉にすることも感情を表現することもしなくなります。「分かろうと分かるまいと関係ない」と自己完結してしまう人もいます。現代の私たちから見ると、聖書も何が書いてあるのか分からない不親切さに満ちています。だからこそ、聖書の内容をもう一度、生きた言葉に直して届けるために、礼拝の中には、牧師の説教があります。しかし、分かって貰えるように伝えることは至難の業です。

3.《目の中の丸太》 言葉を届ける作業には、常に摩擦や葛藤が込められていることも予想するべきです。言葉は暴力にもなり、言葉によって傷付け合うこともあります。面倒を避けると、当たり障りのない言葉だけに終始してしまいます。私たちが分かって貰えない時に意気消沈するのは、責任の半分はこちらにあるからです。反対に、分からない場合にも責任を負うのです。ここに、分かって貰いたい人と分かって上げたい人との出会いが必要です。教会もまた、ただ一方的に「福音伝道」をして、分かって貰おうとするだけではいけません。出会いと気付き、分かりたいという他者への愛、そして我慢が必要です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 14:35 | 毎週の講壇から

2014年04月28日

種蒔く労苦、刈り入れの喜び【ヨハネ4:31〜38】

聖句「他の人々が労苦し、あなたがたはその労苦の実りに与っている。」(4:38)

1.《パンと人生》 大正時代のベストセラー『貧乏物語』の中で、河上肇は「人はパンのみにて生きるに非ず。されど又パン無くして生くるに非ず」と喝破し、これは当時の流行語となりました。内村鑑三に私淑していた河上がマルクス主義に転向したのは、イエスさまの御言葉に「武士は食わねど高楊枝」、辛抱と忍耐としてしか対応できなかった、当時のキリスト教界に限界を感じたからかも知れません。しかし、いずれも一面的な受け止め方です。

2.《種蒔く労苦》 聖書も、イエスさまの言葉も誤解されることが多いのです。敢えて誤解と混乱を引き起こして、私たちを悩ませようとしているかのようです。特に「ヨハネによる福音書」の主の御言葉を見ると、周りの人たちは何も理解できず、弟子たちは困惑するばかり、頓珍漢な会話が続きます。食事を持って来てくれた弟子に、「私にはあなたがたの知らない食べ物がある」等と仰います。神の御心を「成し遂げること」が「食べ物」だと説明されていて、それは十字架上の最期の御言葉「成し遂げたり」に通じます。御自らの命を差し出そうとされているらしいのですが、余りの飛躍に付いて行けません。

3.《収穫の喜び》 パレスチナでは、雨季の11月中旬に大麦、12月中旬に小麦とスペルタ麦を蒔きました。4月中旬から大麦の刈り入れ、5月初めに小麦とスペルタ麦の刈り入れでした。種蒔きと刈り入れとの間には5ヶ月間の、成長を待つ期間があります。しかし、この譬え話では、蒔く人と刈る人とが別人です。イエスさま自身が一粒の麦となって死ぬことで、私たちに命を与えてくださったのです。更には、宣教者フィリポが開拓したサマリア教会を、「ヨハネ」の教会が受け継いだという背景もあるらしい。私たちも、大勢の先輩たちの信仰に励まされ慰められて今あります。今度は、私たちが種を蒔く番です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:00 | 毎週の講壇から

2014年04月21日

信じない者が信じる者に【ヨハネ20:24〜31】

聖句「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をその脇腹に入れてみなければ、私は決して信じない。」(20:25)

1.《脇腹の傷》 十字架に磔にされたイエスさまが亡くなった後、ローマ兵が死亡確認のために脇腹を槍で刺したことは「ヨハネによる福音書」にしか書いてありません。意外にも「共観福音書」では槍の刺し傷どころか、両手足を釘で打ち抜かれたことすら言いよどんでいるのです。「十字架のキリストを宣べ伝える」と断言したパウロですら「焼き印」等という婉曲表現です。

2.《磔刑の図》 キリスト教美術には、キリストの十字架を描いた「磔刑図」というジャンルがあります。脇腹の傷もお愛想程度のものから、スプラッター映画のように血が噴出しているものまで様々です。中世には「聖杯」や「聖槍」の「聖遺物崇拝」が流行しました。キリストの御血に触れた杯や槍には、病気治癒や永遠の命や世界の支配といった物凄いパワーが秘められていると言うのです。近世プロテスタントは、脇腹から流れ出た「血と水」を「聖餐と洗礼」と教え、近代の聖書解釈は「生きた水が川となって流れ出る」聖霊の譬えとしました。現代においては、主の示された「傷」の方が重要かと思います。

3.《聖なる傷》 復活の姿には、傷も汚れもしみも皺もないというイメージが、私たちにも与えられています。「ルカによる福音書」24章の復活のイエスさまは「私の手や足を見なさい。触ってみなさい」と仰っていますが、そこには傷の描写がありません。しかし、ここでは、復活の主が敢えて御傷を示されるのです。不信仰者の代表のように言われる「疑いのトマス」ですが、彼は「十字架のイエス」を信じていたのではないでしょうか。けれども、信仰は多面的なのです。私たちの未だ知らない信仰の世界もあるのです。本当は、私たちの見たこともない世界が一杯あるのです。それこそが信仰なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:02 | 毎週の講壇から