2015年04月20日

わたしにあるもの探し 【マタイ25:14〜30】

聖句「しかし、1タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠して置いた。」(25:18)

1.《遣り繰り算段》 余りの物忘れに、自分が何の失せ物探しをしていたのかすら忘れてしまうことがあります。それに比べると、主人から「怠け者の悪い僕」と叱られる人は、お預かりした金を返却していますから立派です。しかし、主人が求めているのは「資金運用/マネージメント」です。「僕」と言っても「奴隷」ではなく、自由裁量を認められた管理者だったのです。

2.《賜物に気付く》 失せ物探しの時には、無い物を探します。あるはずなのに無い、どうしても見つからない時があります。逆を言えば、あるのに探さなくてはならない何かがあるのです。落語の柳家小三治はその日の体調や気温、客層、世相を思い巡らせて、高座に上がってから演目を決めることで知られています。喉を痛めた時、泥棒がひそひそ話をする『転宅』を演じて、自分の弱みを最大限に生かしたのです。1タラントンは労働者の16年分の賃金に匹敵します。巨額のお金を預ける程に、主人は僕たちを信頼していたのです。金額に差をつけたのは、各人の器量を見極めてのことでした。

3.《恵みを生かす》 1タラントンもの大金を預かっていながら、僕は「自分には1タラントンしかない」と思ったのです。あるのに気づかなければ、無いも同然です。教会や家庭、人生にも通じることです。それぞれが預かってるものが違うのですから、他と比較して「あれが無い」「これが無い」と言い始めたら、折角の恵みも無駄になります。友人のT牧師は自身も精神障碍体験者で、「べてるの家」の当事者研究に学んだ結果、「弱さを元手に」を教会のテーマとして掲げました。地方の小規模教会で礼拝出席は十数人、しかし、そのままの状態で、60年間も神の御手に守られて、その教会は存続しているのです。教会がその地域のその場所に立てられている。他が代わることの出来ない恵みなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2015年04月13日

愛という奇跡【ヨハネ13:31〜35】

聖句「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」(13:34)

1.《届かない手》 福島市の詩人の和合亮一は震災直後から、自身のツイッターを通して言葉を発信し続けて来ました。例えば、「福島の人とは結婚しない方がよい」との発言に衝撃を受け、思わす赤鉛筆を落とし、指が空しく床を探る詩があります。うろたえる姿が目に浮かび、今読んでも、胸が締め付けられます。彼は、被災者が死者に宛てた手紙を、詩として朗読する集いも続けています。

2.《愛と悲しみ》 若松英輔は、内村鑑三、井筒俊彦、池田晶子の評伝で知られる評論家ですが、連れ合いを乳癌で亡くした経験から「死者と共に今を生きる」を提唱しています。悲しみは愛する心、孤独の苦しみは全世界と繋がる、苦痛は愛を深め、他者と繋がること、宗教の言葉を使わず、信仰にも通じる心を語っています。しかし、ロゴスの揺ぎ無さに、私は違和感も抱かざるを得ません。信仰者である私たちが語り、祈る時には、むしろ「お前はどこにいるのか?」と問い掛けられています。しかし同時に、私たちも「神さま、あなたはどこにお隠れになったのか?」と、苦しみ悲しみを投げ掛けることが出来るのです。

3.《愛し合う掟》 キリスト者であれば耳タコの聖句ですが、実は不思議な言葉なのです。イエスさまは、愛し合うことを「掟、戒め」として命じて居られるのです。愛し合うことは自然に生まれること、自発的なことと、普通、私たちは思っています。しかし、本当は奇跡なのかも知れません。滅多に起こらない不思議な出来事を奇跡と言いますが、私たちの手の届く、毎日の何気無い暮らしの中にも、奇跡はあるのです。事故や事件、災害で一瞬にして家族を亡くした人は、「行って来ます」の笑顔や挨拶が、途轍もない奇跡だったと思い知るでしょう。失って初めて、存在の価値に気付くのです。「当たり前」のことは何もないのです。「互いに愛し合う」という命令を奇跡として受け止めて生きて参りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:49 | 毎週の講壇から

2015年04月06日

球根の中には花がある【Tコリント15:35〜49】

聖句「あなたが蒔くものは、死ななければ命を得ないではありませんか。」(15:36)

1.《目黒川の桜》 近年の花見客の激増には目を見張るものがあります。某タウン情報誌の「全国のお花見スポットランキング」で、六義園や上野公園を押さえて目黒川が第1位に選ばれてしまったのです。また、ドラマ『最高の離婚』や某保険会社のCMが目黒川を舞台にしていた影響もあるでしょう。しかしながら、所詮「人気」は「移り気」です。桜の花のように散ってしまうのです。

2.《若さと老い》 観世流の謡曲に『不断桜』という不思議な物語があります。四季折々に絶えず花を付ける桜の樹を見ようと、都から伊勢国へと訪ねて来た人がありました。彼は桜の樹の下に寄り立つ翁から「不断桜」の由来を聞くのでした。翁に勧められるまま、桜の樹の下で一夜を過ごしていると、白髪でありながら元服前のように若々しい、少年の姿をした桜の精が現われて、彼を夜明けまで舞楽をもって持て成します。一般に桜の花は短命、若死にの象徴とされ、武士の潔さや特攻隊の散華に図式的にイメージされて来ました。しかし、この「不断桜」は古木でありながらも、老人と見えて若々しさをも湛えているのです。蘇りや復活を連想させ、命の神秘が込められているのです。

3.《再会の希望》 キリスト教は「死者の復活」を信仰し続けて来ました。「使徒信条」や「ニケア信条」でも最も大切にされる信仰内容です。イースターはもとより毎週の「主日」も復活を祝って為されるのです。しかし、イエスさまの復活も、死者の復活も目にしたことのない現代の私たちにとっては、少し実感が湧きにくいのも事実です。それでは、このように考えてみましょう。「あなたには、もう一度、会いたい人はいませんか?」と。先立って逝ってしまった愛する人たち、彼らとの再会の時が巡り来るのです。それこそが「復活」ということです。「死者の復活」を信じるとは、「もう一度あの人に会いたい」と願う気持ち、その願いが叶えられると信じる心です。その決意表明をして行くことなのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2015年03月30日

人生は、いつも坂道【ルカ19:28〜44】

聖句「イエスがオリーブ山の下り坂にさしかかられたとき、弟子の群れはこぞって、…声高らかに神を賛美し始めた。」(19:37)

1.《上り坂と下り坂》 東京は坂の多い都市です。坂には上り坂と下り坂があります。同じ坂でも上りと下りがあります。「五十の坂を二つ三つ越したくらいの」等と言うように、10年1区切りの年齢を「峠」になぞらえてあるのです。「三十路、四十路、五十路…」と言う時の「十路」です。その都度、上り下りがあるのです。「上り坂」の苦労や喜び、「下り坂」の平安や危険もあるのです。

2.《上り下りの苦労》 イスラエルは高低差の多い土地柄と聞きますが、意外に聖書には「坂」や「坂道」という語は出て来ません。「ヨシュア記」10章で、ヨシュアに率いられたイスラエルがカナン連合軍をベト・ホロンの坂道に追撃する物語、「サムエル記下」15章で、息子が謀反を起こしたために、ダビデ王が着の身着のままで都落ちした時に「オリーブ山の坂道を泣きながら上って行った」物語くらいです。ダビデが泣いて上ったオリーブ山の坂道を、イエスさまの一行は喜びに溢れて下って行きます。楽しそうに見えますが、イエスさまにとって、これは十字架の道行の始まりなのですから、私たちは複雑な思いです。

3.《またも十字架に》 現代ギリシアの作家、カザンザキスに『キリストは再び十字架に』という長編小説があります。希土戦争に敗れて、トルコ統治下に置かれたギリシア人の村に、同じギリシア人難民が助けを求めて来ますが、事なかれ主義の村の指導者たちは無為無策です。信仰篤い羊飼いを中心に、村の青年たちが難民救済に奔走しますが、村の司祭の通報で羊飼いはトルコの官憲に捕縛され、拷問され殺されてしまうのです。羊飼いのマノリオスは難民の指導者、フォティス司祭に問い掛けます。「どのように神を愛すべきでしょうか」―「人を愛しながらだ」、「どのように人を愛すべきでしょうか」―「人を正しい道に導こうと努めながらだよ」、「正しい道とは、どんな道でしょう」―「上り坂の道だ」。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 16:45 | 毎週の講壇から

2015年03月23日

キリストの涙【ヨハネ11:28〜44

聖句「イエスは涙を流された。ユダヤ人たちは、『御覧なさい、どんなにラザロを愛しておられたことか』と言った。」(11:35,36)

1.《お酒の名前》 地酒ブーム以後、ネーミングの奇抜さで注目を引こうとしている日本酒や焼酎が数多く出て来ました。ワインの銘柄にも「裸の尻」「天国」「聖母の乳」「十字架」「福音」「ある!ある!!ある!!!」等、面白い名前があります。キリスト教絡みなのは、かつては修道院が中心になってワイン作りを行なっていたからです。当初は、聖餐のために作り、後には司教区の重要財源となったのです。

2.《イエスの涙》 イタリアには「キリストの涙」というワインがあります。堕天使が追放された時、天国の土地の一部を盗んで、それが落ちた所がナポリ、その街の堕落に心を痛めた主の涙が滴り、良質の葡萄の樹が育ったと言われます。最高のワインが出来るためには、天国のような土地と主の涙のような清水が必要なのです。さて、英語「欽定訳」のせいで「最も短い聖句」とされた「イエスは涙を流された」ですが、訳によっては、その限りではありません。むしろ、色々な翻訳を見ると、「わっと泣く」「泣き始めた」とも言われています。イエスさまは、恐らく、堰が切れたように慟哭なさったのでしょう。

3.《沁み込む愛》 「ラザロ危篤」の報せを受けて、イエスさま一行がベタニア村に到着した時には、既に「死後4日」でした。ラザロの姉、マルタもマリアも「もし、あなたがここにいてくださったなら」と同じ鬱憤を漏らします。それに続き、イエスさまはラザロを復活させるのですが、それでは、どうして主は「涙を流された」のでしょうか。死別の悲嘆、悔恨など、単なる感情の高まりとは思われないのです。何より、涙を流す主の御姿に私たちは深い慰めを感じます。イエスさまの涙は、私たちと痛みと悲しみを分かち合おうとする叫びだったのです。丁度、凍えて傷付いた患部を包み、痛みを和らげようとする手のようです。主が流された涙が周囲に広がり沁み込んで行く中から、奇跡が起こったのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2015年03月16日

十字架を運んだ人【マルコ15:21〜32】

聖句「そこへ、…シモンというキレネ人が、田舎から出て来て通りかかったので、兵士たちはイエスの十字架を無理に担がせた。」(15:21)

1.《最も重い荷物》 クンデラの小説『存在の耐えられない軽さ』は、「プラハの春」の終焉を時代背景にした恋愛小説です。冒頭、ニーチェの「永劫回帰」を引き合いにして「軽さと重さ」について語ります。確かに重荷は私たちを打ち砕き、下敷きにするけれども、重さは恐ろしいことなのか。重荷を負う時、私たちの人生は地面に近付き、現実的になり、真実味を帯びて来るのではないでしょうか。

2.《十字架の重さ》 十字架を背負って「ヴィア・ドロローサ/悲しみの道」を歩むイエスさまの御姿を想像します。お祭りの行列でもイエス役が十字架を担ぎます。しかし、実際には、十字架は横木だけだったのです。縦の親柱は刑場に立てられたままで、死刑囚は横木を担がされました。ラテン語の「横木」は「通行可能」という意味です。重さは50キロ前後でしょう。総督ピラトの官邸からゴルゴタの丘までは、1キロ足らずですが、現地には、巡礼者や聖地旅行客のために14留のポイントが用意されています。そこここで、重みに耐えかねて、主が倒れたことになっています。シモンが登場するのは第5留です。

3.《肩の上に御手》 主の十字架を背負わされたシモンは「キレネ人」です。現在のリビア東部ですが、過越祭に巡礼に来たユダヤ人だったのでしょう。「無理に担がせた」との記述から、巻き添えを食ったシモンの心中を慮って、「強いられた恵み」等と説教する牧師もいます。しかし、当時、ローマの兵隊による強制徴発は、日常茶飯事でした(マタイ5:41)。強制徴発に抵抗して「一人一殺」で戦えと煽る熱心党とは異なり、イエスさまは、自分から進んで与えることで、主体性と責任を奪還するように勧められたのです。レバノンの詩人、ハリール・ジブラーンの「十字架を運んだ方」を読んだ時、そのことに気付かされました。その中で、シモンは「私はそれを道の終わる墓場まで運ぼう」と告白するのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 00:00 | 毎週の講壇から

2015年03月09日

弱さを抱きしめて【Uコリント12:1〜10】

聖句「すると主は、『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。」(12:9)

1.《二者択一》 子どもの質問は単純です。問い掛けが単純であるということは、単純な答が求められているということです。「これは良い者、それとも悪者?」「これは強い、それとも弱い?」と二択の問い掛けが多いのです。子どもは、人生を歩み始めたばかりなので、これから社会や人間の複雑さを学んで行くのです。むしろ世の中の複雑さに頭を抱えるのは、大人の仕事、使命なのかも知れません。

2.《命の弱さ》 幼少時に怪獣映画が好きだった私も、成長して思春期に差し掛かる頃には、英米の怪奇映画やホラー映画を盛んに観るようになりました。今、ドラキュラの退治のされ方を思い出してみると、何と弱点の多いことか、何と数多くの弱みを人間に握られていることかと驚きます。実際、怖ろしげに描かれるモンスターやエイリアンにも、人間の弱さが投影されているのです。弱さにこそリアリティがあり、人間味があるのです。そもそも、命は脆く儚いものなのです。頑丈壮健を誇った人が、突然、事故か何かで命を失うこともあるのです。だから、神さまも、そんな人間の弱さをこそ、大切に思ってくださるのです。

3.《御力の種》 イエスさまが弱さを抱えて生きていかれました。人間として、生き物として生きるということは、即ち弱々しいことなのです。大谷大学の佐賀枝夏文教授は、大きな石を抱えるようにして根を張った銀杏の樹を見て、気の毒に思いました。ところが、嵐の翌朝、銀杏が「石を抱えていたので倒れませんでした」と語るのを心に聞いたと仰います。「弱さを取り去って下さい」と念じるのも祈りですが、弱さを抱きしめて生きていくことこそが、真の祈りなのでしょう。ギリシア語の「力」には「デュナミス」と「エネルゲイア」があり、アリストテレスは前者を「種」、後者を「花」に例えています。神さまの御力の種は、既に私たちの中に蒔かれていて、いつか「永遠の命」として花開くのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2015年03月02日

この人を世の光に【マタイ5:13〜16】

聖句「あなたがたは世の光である。」(5:14)

1.《ルミナリエ》 昨年末、毎日新聞が行なった「2014年、あなたが元気をもらったニュースは?」ベスト10を見ると、その内7つがスポーツ選手の活躍、2つが芸能ネタでした。残る1つがLED開発者のノーベル賞受賞でした。単に名誉と言うのみならず、発明品が照明なので人心を明るくしたのでしょう。震災後の神戸で、「ルミナリエ」という光の祭典が続けられていることも同じです。光には、人間を励まし勇気づけたり、心を動かし前向きにする効果があるのです。

2.《光は主観的》 動物学者の日高敏隆が英国の生物学者ハクスリーの「光はこの地球上に動物が出現し、目を持った時に初めて現われた。それ以前には、電磁波の特定の領域に過ぎなかった」という説を紹介していました。生物学的には、この説明が正しいのです。モンシロチョウは翅の麟紛の色で、同種の雌雄を見分けるそうです。それは紫外線の領域に当たります。モンシロチョウにとっては光である紫外線は、人間にとっては可視光線ではありません。このように種によって何が光であるかは微妙に異なるのです。もしかしたら、私たちが闇が光で、光が闇であるかも知れないのです(詩編139編11〜12節)。

3.《汝ら世の光》 イエスさまが「世の光」と言われる時、それはキリスト者のこと、教会の使命だとして受け止めます。間違いではありませんが、イエスさまの前には、教会もキリスト者も、キリスト教すらも存在していませんでした。「あなたがたは」というギリシア語の強調文から、凡そ世間では考えられていないという前提があると思います。「社会福祉の父」と呼ばれ、知的障碍児、重度心身障碍児の施設を創設した、糸賀一雄が「この子らを世の光に」と宣言したことが思い出されました。「汝ら世の光なり」との御言葉を受けた時、糸賀はそれを自分のこととは思わず、「この子たちのことだ」と思ったのです。この人たちが「世の光」として認められる時、私たちも本当の光へと変えられるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:47 | 毎週の講壇から

2015年02月23日

ありのままの姿見せるのよ【ルカ18:9〜14】

聖句「言って置くが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。」(18:14)

1.《アナ雪》 昨年大ヒットしたアニメ映画『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」のオリジナル英語版のサビの歌詞には「ここに私は立つ」というエルサの決意表明があります。マルティン・ルターがヴォルムス国会に召喚されて異端宣告を受けながらも表明した「我ここに立つ」との信仰の言葉から来ているのです。ルターも審問の1日目には、居並ぶ権力者に気圧され、精彩を欠いていたのですが、2日目に決然と「我ここに立つ」と宣言します。夜の間、ルターは必死で祈り、主が「私はあなたと共にある」と言って応えられたとしか思えません。

2.《パンセ》 百数十年後、ヤンセン主義者のパスカルも堕落したイエズス会を批判しますが、彼には「パスカルの賭け」と呼ばれる信仰の問い掛けがあります。もしも、神の実在について賭けをするなら、実在に賭けた方が得だというのです。実在を否定して、それが誤っていた時には、その代償が大き過ぎるのです。「神の存在を信じるか」の問いは、私たちを再び信仰の原点に立ち戻らせてくれます。神の御前に立たされていることを、今更ながらに気付かせてくれるのです。

3.《真の姿》 ファリサイ派の人と徴税人の、2人の祈る姿を通して、イエスさまは「神に向き合うとは如何なることか」を教えられます。ファリサイ派は自分の行為の報告に終始して居り、徴税人を見下して、自分の幸せを感謝します。徴税人は自分の犯した罪に向き合い、それを通して神に憐れみを乞います。ファリサイ派は神を見ていないのです。ベトナム戦争の報道写真で知られる岡村昭彦は、当時「ベトナムの子供は可哀想」と感想を寄せた母親や子供に対して、怒りを露わにしています。日本社会は「他人の不幸で幸福感を味わう」「可哀想」の病気に冒されているのです。「自惚れて、他人を見下して」いるファリサイ派の方が、その傲慢さや愚かさが分かり易い分、救われる可能性があります。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2015年02月16日

人生の旅人【ヘブライ11:13〜16】

聖句「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。…自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表わしたのです。」(11:13)

1.《ゴーギャン》 ゴーギャンの絵画に「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか」と題された作品があります。タヒチ移住後、貧困と病苦の中、愛する娘の死を契機に描かれました。カトリック教会に反抗し続けたゴーギャンですが、神学校時代に学んだ教理問答「創造論」から引用したのです。

2.《ハイネの詩》 ハイネの「問い」という詩の中にも同じフレーズが出て来ます。荒涼とした夜の海辺に立つ若者が「人生の謎」を問い掛けます。ハイネはユダヤ教徒からプロテスタントに改宗しながらも、終生、後悔して自分を責め続けた人です。しかし、これは宗旨に関係なく、いつの時代のどんな人間にとっても迫ってくる問いなのです。残念ながら、近年「人生いかに生くべきか」の問いを発する若者がいません。周囲から「お前自身の問題だろ」と叩かれるのです。単に「共感の喪失」のみならず「普遍性の喪失」が進んでいるのです。産業社会のもたらした呪いの1つだと思いますが、私たちの抱える課題はお互いに共有されなくなり、各人が孤立して窒息状態に陥っているのです。

3.《カトリコス》 普遍的な問い掛けをさせない社会に成っているのです。本当は若者の青臭い問い等ではなく、「人生の秋」から「人生の冬」に避けようもなく迫る喫緊の問いなのです。長い年月、私たちが疑問を発することを止めていたにしても、いずれ向き合う現実です。幾ら長逗留をしても「仮住まい」の身に変わりはありません。私たちは「旅人」なのです。「旅は道連れ世は情け」「旅は情け人は心」とも言います。人との出会いと別れに対しても、この世に対しても、愛惜の念をもって接しましょう。今の時代、皆が個別化し、公を無視して、個人の見解だけを主張し合っています。私たちは皆「旅人」であるとの事実認識に立ってこそ、「カトリコス/普遍的な、公の」が保証されていくのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:45 | 毎週の講壇から