2018年03月12日

空の鳥をみよ【マタイ6:25〜34】

聖句「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」(6:26)

1.《最後の警告》 福島第一原発の過酷事故が起きた時、私は、亡き高木仁三郎の声を聴きたいと思いました。彼は1986年に『チェルノブイリ:最後の警告』を出版し、1995年の阪神淡路大震災直後から原発の地震対策について警告を発していました。そうしてみると、福島原発の大事故は「想定外」ではなくて、十分に「想定内」だったと言わざるを得ないのです。

2.《危機と破局》 富坂キリスト教センター主催の研究会で、高木仁三郎は生態学的破局の預言として「創世記」の洪水物語を引用なさっていました。他にも旧約聖書には、原発の冷却水、放射能の雨、体内被曝などと関連させて読むことの出来る箇所があります。複雑な問題が山積する現代では、単純に「自然」をテーマに聖書箇所を選ぶことも、1箇所に特定することも困難です。しかし、私たちが聖書を読む前に、既に私たち自身の側が、聖書によって読み込まれていると思われる瞬間があるのです。「空の鳥、野の花」として知られる今日の箇所も、そんな箇所の1つではないでしょうか。

3.《認識の変革》 荒井献は「野の花」を「薊」、大貫隆は「空の鳥」を「カラス」と同定して「汚らわしいもの」「差別されたもの」と解釈しています。しかし、預言者エリヤを養ったカラスの例もあります。エリヤにとっては、空から糧を運んで来てくれるカラスは、あたかも天使のようだったと思います。リチャード・ニーバーは「動物、無機物、天使」を人間の隣人として挙げました。目に見えない天使を隣人と捉えるならば、私たちの世界観は大きく変わります。「御蔭様で」と言う時、自分独りで生きているのではないことを、私たちは確認しています。その象徴が「カラス」であり「天使」ではないでしょうか。

安田治夫牧師(文責:朝日研一朗)

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2018年03月05日

希望は生まれて来るもの【ローマ5:1〜11】

聖句「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。」(5:3-5)

1.《希望の種》 若者が愛と平和と喜びを求めて巡礼の旅に出ますが、行く先々で彼が目にしたのは、悲しみと憎しみに満ちた世界でした。やがて何でも望むものがあるという店に辿り着き、彼は願いを語ります。しかし、彼が手にしたのは買い物リストだけでした。店の主人は「この店では果実は売っていないのです。ここでお売りできるのは種だけなのです」と言います。

2.《巡礼の旅》 寓話を紹介しているマーガレット・シルフは英国の作家で、エキュメニカルの黙想会を主宰する人です。店主は「人生のガイド」を思わせます。自分の中にある思いを、心を込めて柔らかく結んで行くことで言葉にすることで「希望の種」が生まれます。聖地「巡礼」は「贖罪」「功徳を積む」「願掛け」を目的としていたために、「信仰義認」の立場から、プロテスタント教会では廃棄されました。しかしながら「巡礼」の語源(ペレグリーノル)はラテン語の「故郷を離れて、旅回りの」で「よそ者」を意味します。「我が故郷は天にあり」を身上とする私たちにとって「巡礼」は自らの人生の隠喩なのです。

3.《種蒔く人》 パウロの時代の信徒にとっても、人生は「巡礼」のように「苦難」の連続でした。「苦難」は「圧迫」の意味です。極端な迫害でなくても、同調圧力の強い日本社会の中で、私たちも感じるものです。「忍耐」は「持ち堪える」です。一般に「練達」は「試練を経て本物と証明される」と解されますが、私は「信仰の受容」と考えます。オンボロな私たちの信仰ですが、その恥ずかしいような自分も教会も周りの人たちも丸ごと受け入れるのです。その時「苦難、忍耐、練達」の混じった土の中から「希望」が芽吹くのです。いずれ神にお奉げする実りです。私たちは人と人の間に種を蒔いて参りましょう。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:51 | 毎週の講壇から

2018年02月26日

実らない無花果(イチジク)【ルカ13:6〜9】

聖句「今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。」(13:8,9)

1.《照る山紅葉》 京都に暮らすご夫妻の話です。庭の山紅葉が紅葉しなくなったので、植木屋に植え替えさせようとしました。植木屋は「紅葉が可哀想です。もう少し待ってください。山の上では綺麗に照っていたのです」と言いました。その会話を、まるで紅葉の精が聞いていたかのように、翌年の秋には紅葉したと言います。まるで能楽の『六浦』のような話ではありませんか。

2.《色々な実り》 パレスチナ地方の無花果は、夏と秋、年に2回実を付けるそうです。神さまが実りを期待して居られる無花果は「神の民」、教会です。実を付けなかった「3年間」は「長い間」の意味です。但し、求められているのは「悔い改めの実」と限ったものではありません。「霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です」(ガラテヤ5章22節〜)。神さまは何もかもを要求されてはいません。どれか1つで良いのです。他の人と同じ実を付ける必要はありません。自分らしい実りで良いのです。むしろ、自分自身が実りであり、私の人生そのものが主に奉げるべき実りなのです。

3.《未来の実り》 葡萄園の園丁であるイエスさまは、自分を信仰者、義人、救われた者と自惚れている人たちに向かって「悔い改めよ」と言われました。しかしながら、主は罪人を招かれ、滅ぶべき者とされた徴税人や娼婦と共にあり、慰め励まされました。実りを期待されているのは事実ですが、翻訳の「来年は…」は不正確です。ギリシア語原典は「これから先、この後、将来」です。猶予1年では無かったのです。イエスさまは借金の取立人のように期限を切ったり、ノルマを課したりしているのでは無かったのです。人生も信仰もゆっくりと時間を掛けて、腰を据えて掛からないと実を結ぶことはありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:53 | 毎週の講壇から

2018年02月19日

みんな笑った【ヨハネ13:31〜35】

聖句「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」(13:34)

1.《ユニバーサル》 高橋優の「福笑い」(2011年)は「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」と歌っています。彼はNYタイムズ誌に、このメッセージ公告を出して、NYで路上ライヴを敢行しました。「共通言語」を「common language」ではなくて「universal language」と訳していました。彼は「英語の通用性」ではなく「笑顔の普遍性」を言いたかったのです。

2.《エスペラント》 19世紀にユダヤ系ポーランド人のザメンホフ博士が「普遍的言語」を創案しました。4つの民族が暮らす街に育ち、争いが絶えないのを見て育ったザメンホフは、共通言語による対話と相互理解を願ったのです。母語に成り代わるのではなく、飽く迄も補助言語です。エスペラントが「野望の言語」ではなく「希望の言語」と言われる所以です。言語は暴力的な面があります。言語は私たちに新しい観念や価値観を与えて解放してくれる反面、力によって文化や感性を奪い、一方的に価値を押し付けて来るのです。その点、信仰とも似ています。「バベルの塔」が解放の物語でもあったことを忘れてはなりません。

3.《心に微笑みを》 聖書に「笑顔」を探してみましたが、余り良いものとして扱われていません。イサクの誕生を予告されたアブラハムとサラは、神の御告げを嘲笑います。福音書を見ても、イエスさまが「笑った」とは書いてありません。その結果、キリスト教会は笑いを抑圧する結果と成ったのです。でも、私たちの心に描くイエスさまは、いつも微笑んで居られます。「あなたがたを愛している」と仰る主は、暖かな笑顔に溢れています。笑顔が共通言語であるのと同じく、「互いに愛し合いなさい」の福音もまた、共通言語です。何かを押し付けなくても、誰かを支配して裁かなくても、喜びが私たちを包むのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2018年02月12日

始末の極意【マタイ27:3〜10】

聖句「…イエスを裏切ったユダは、イエスに有罪の判決が下ったのを知って後悔し、銀貨30枚を祭司長たちや長老たちに返そうとして…。」(27:3)

1.《節約の名人》 上方落語に「始末の極意」という噺があります。中でも「ケチと鰻屋」と呼ばれる話が傑作です。鰻屋の隣に暮らす節約名人が蒲焼きの匂いをオカズにして御飯を食べていました。それを知った鰻屋は「匂いも客寄せに使っている売り物」と名人に代金を催促します。名人は財布を取り出して、鰻屋の前で銭を落として「嗅ぎ賃やさかい、音だけでよろしかろ」と応じるのです。

2.《ユダの汚名》 イスカリオテのユダの汚名は「裏切り者」と「守銭奴」です。「ヨハネによる福音書」12章「ベタニアで香油を注がれる」の挿話と解説によって、ユダが「金入れ」を預かっていながら使い込みをしていたとされるのです。しかし、彼が会計を託されていたのは彼の有能さの証明であり、彼が横領していたと言われても、イエスさま一行に潤沢な資金が集約されていたとも思われません。「マルコによる福音書」6章「5千人に食べ物を与える」の挿話では、一行の資金では群集の食費を賄い切れない様子です。ユダの預かっていた「金入れ/グローソッコモン」も「貯金箱」「小箱」のような物だったのです。

3.《問題の共有》 ユダは「裏切りの報酬」銀貨30枚も突き返しています。彼が投げ捨てた銀貨を運用して、祭司長たちが「ヒノムの谷/ゲー・ヒンノム」に土地を買ったというのは「汚いユダは地獄(ゲヘナ)行き」という暗示です。ユダが自殺をした副作用で、教会では長い間、自死を罪悪とし、自死者とその遺族に対して冷酷な仕打ちを続けて来ました。日本社会でも自死はタブー視されています。しかし、ユダは悔い改めて罪の告白をしているのです。イエスさまがお救いにならないはずはありません。むしろ、悩み苦しむ者を「我々の知ったことではない。お前の問題だ」と突き放す、私たちこそが問題です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:24 | 毎週の講壇から

2018年02月05日

聖なる者となりなさい【レビ19:1〜18】

聖句「あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である」(19:2)

1.《聖☆おにいさん》 10年以上も連載が続く中村光のギャグマンガです。ブッダとイエスがバカンスとして立川の安アパートでルームシェアをしているという設定です。二人は「聖人」を名字と勘違いした大家から「聖さん」と呼ばれています。淡々とした若者の日常生活が描かれ、そのリアルな生活感と宗教ネタのギャグとが、絶妙のバランスを生み出しているのが人気の秘密でしょう。

2.《聖とされたもの》 「聖」とは何でしょうか。私たちの身の周りにある「聖」と称されるものに思いを巡らしてみましょう。「聖書」「聖歌隊」「聖日」「聖餐式」「聖霊」…。そんなに多くはありません。プロテスタントでも、特に「聖潔」を重んじる教派、「聖会」をする福音派の教会もあります。しかし、圧倒的に「聖」が多いのは、やはりローマカトリック教会です。「聖人」「列聖」「守護聖人」「聖地」「聖家族」「聖母」「聖水」「聖職」「聖務日課」「聖省」「聖劇」「聖週」「聖婚」「聖十字架」「聖堂」…。さて、聖書は、教会の共同体を「聖徒、聖なる者」と呼んでいますが、それは本来どのような意味だったのでしょうか。

3.《日常生活の中に》 「使徒信条」の中にも「聖なる公同の教会、聖徒の交わり」と告白されています。個々人が「聖なる人」ではありません。私たち自身は「聖人、義人」ではありません。その「交わり」、コミュニティが聖霊によって聖とされるのです。レビ記の「聖潔法典」を見ると、母父を敬うこと、礼拝や献金、社会的弱者への配慮、正しい司法、復讐の否定、愛の教えと続き、全て社会生活の中の教えであることは明らかです。毎日の暮らしがあり、暮らしを営む私たちがあり、そこに聖なる主が共に居られて、それで初めて「聖なる」が生きて来るのです。これこそが「聖なる共同体」の姿なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2018年01月29日

風に揺らぐ葦か【マタイ11:2〜9】

聖句「あなたがたは、何を見に荒れ野へ行ったのか。風にそよぐ葦か。では、何を見に行ったのか。しなやかな服を着た人か。」(11:7,8)

1.《葦にも花が》 明治大正期の文豪、徳冨蘆花は「『蘆の花は見所とてもなく』と清少納言は書きぬ。然もその見所なきを、余は却って愛するなり」と、筆名の由来を語っています。葦の花と言っても花ではなく穂先が暗い紫色に染まるのです。それを昔の人は「葦の花、蘆花」と呼んだのです。「見所とてもなき」と言われながらも、それでも「葦にも花がある」ことを覚えたいと思います。

2.《何を見るか》 洗礼者ヨハネはベドウェンの装束で、荒れ野に呼ばわりました。その姿は預言者エリヤの再来でした。「しなやかな服を着た人なら王宮にいる」と、主は仰いますが、皮肉なことにヨハネが斬首された時には、彼はマケルス要塞(ヘロデの離宮)の地下牢に幽閉されていたのです。かつてヨハネはヨルダン川で人々に洗礼を授けました。ヨルダン川には「風にそよぐ葦」が生い茂っていたはずです。日本の「暖竹」に当たりますが、ユダヤでは、この葦の茎から弓矢や笛が作られました。主が十字架に掛けられた時に、繰り返し現われる「葦の棒」です。私たちは毎日、何を見て過ごしているでしょうか。

3.《風穴が開く》 石川達三の長編小説に『風にそよぐ葦』があります。太平洋戦争開戦直後の言論弾圧「横浜事件」の中で苦闘する出版人の群像が描かれています。フォンテーヌの「樫と葦」の寓話も忘れてはなりません。洗礼者ヨハネは「樫の木」に、イエスさまの弟子たちは「風にそよぐ葦」にも思われます。茎は折れながらも、その信仰が現在の私たちに繋がっているからです。信仰者も牧師も揺らいでも良いのです。揺るがされまいと権威を楯に取るよりも、大風に揺らぎ、風穴が開けられて、そこから新しい風(アネモネ)が吹き込んで来る方が良いのです。主は最も弱い所に御力を顕わされます。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:53 | 毎週の講壇から

2018年01月22日

豊かに暮らす道【フィリピ4:10〜14】

聖句「わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。」(4:11,12)

1.《オツベルと象》 宮沢賢治が大正から昭和に元号が変わる年の1月に発表した童話です。農場に入って来た白象を、大農場経営者のオツベルが言葉巧みに鎖で繋ぎ止め、過酷な労働を強いるのです。時計や靴を「いいもんだ」と勧めるのですが、その正体は白象を縛る重い鎖や足枷なのです。私たちも、要らない物を押し付けられて、「いいね」と喜んでいるのかも知れません。

2.《白い象の伝説》 白象は平和と繫栄の象徴とされますが、その飼育には莫大な費用が掛かるために、王から家臣が白象を授与されるのは祝福であると同時に呪いでもありました。その説話は欧米に伝えられて、経費ばかり嵩む「無用の長物」を「ホワイトエレファント」と呼ぶように成りました。賢治の童話では、菩薩の象徴である白象が聖母マリアに祈りを奉げます。タイのプミポン国王は「足るを知る哲学」を説いて、自然と共生する農業共同体の理念を説きましたが、宮殿に7頭もの白象を飼っていました。割り切れなさが残ります。しかし、割り切れないのは、私たち自身の在り方とて同じです。

3.《良き道を行く》 如何にも貧相に思われるパウロですが、彼がローマ帝国の市民権を持っていたことを思えば、ユダヤの有力者の家庭に育ったことが推察されます。キリストの使徒と成ってからの窮乏ぶりは説明不要です。一旦、物質的な豊かさを手に入れると、それを捨てることは出来ません。イエスさまやパウロのように生きることは難しいのです。しかし、エルサレム教会を援助したコリントの信徒のように、パウロを支援したフィリピの信徒のように成ることは出来ます。それが「広い心/エピエイケイア」なのです。ここに、本当の「繫栄/エウオドー/良き道」、豊かに暮らす道があります。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:52 | 毎週の講壇から

2018年01月15日

祈りがあなたを解き放つ【マタイ6:5〜15】

聖句「祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。」(6:5)

1.《ギリシア劇》 古代ギリシア演劇と言われても、私たちにとって馴染み深いものではありません。しかし、オーケストラ、シアター、シーン、コーラス、コメディ、トラジディ、パントマイム、ソックス等、ギリシア演劇に由来する用語は今も生きています。イエスさまの仰る「偽善者/ヒュポクリテース」もギリシア演劇の「役者」を意味する語です。仮面を被って所作をするのです。

2.《偽善者仮面》 古代ギリシア演劇では、舞台に立つ役者は二、三人に限定されていましたから、交替で仮面を取り替えながら演じました。役柄の性別や年齢や地位に合わせて仮面(プロソーポン)を被ったのです。この仮面をラテン語では「ペルソナ」と言います。『シン・ゴジラ』のゴジラの動きを演じたのは、狂言師の野村萬斎です。樋口真嗣監督によると、野村がお面を被った瞬間に「もう人では無くなっていた」そうです。同じく、仮面を被ることで、その役柄が役者に憑依するのです。聖書の「偽善者/役者」は、この社会の役割や立場、人の評価や自意識によって、素面の自分を見失ってしまった人たちのことです。

3.《解放の祈り》 現代においては、このイエスさまの御言葉は浅薄な「偽善者批判」の道具としてではなく、自己吟味のために読むべきです。私たちは、神さまの望まれる生き方をしているでしょうか。マザー・テレサが「解放」という祈りを残してくれました。愛され、評価され、認められたいという思い、見下されたり忘れられたり非難中傷されたりする恐れからの解放を祈ると共に、人間的な弱さを正直に告白しています。イエスさまは「役者じゃないんだから、仮面を被ったまま、お祈りしちゃダメだよ」と教えて下さっているのです。祈る時、人に向かって祈るのではなく、心を神さまに向けているでしょうか。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2018年01月08日

折が良くても悪くても【Uテモテ4:1〜5】

聖句「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。」(4:2)

1.《牧師館殺人事件》 アガサ・クリスティの「ミス・マープル物」第1作ですが、この推理小説の御蔭で、牧師は中世ヨーロッパの荘園領主のような屋敷に住んでいるかのような印象を与えてしまいました。日本の牧師の住まいの現実は「牧師宿舎」と呼ぶのが相応しいと思います。因みに『牧師館殺人事件』の翻訳者の1人には、牧師の子として生まれ育った中村妙子も居られます。

2.《都合の良し悪し》 所謂「牧師館」に訪ねて来られる人の中には、所用の会員や教友のみならず、飛び込みの相談者もあります。牧師も生活者ですから、都合の悪い時もあります。その時、脳裏を掠めるのは「どんな場合にも」「良き音ずれをもたらす者」として「自分の務めを果たしなさい」と勧める、この聖書の段落です。これまでは専ら、私の側の「都合の良し悪し」や「便不便」に関係なく「福音を宣べ伝えなさい」という内省的な勧めとして語られて来ましたが、それは余りに限定的ではないでしょうか。「折」と訳された「カイロス/時」は、量的な時間(クロノス)ではなく、神が与えられるチャンスです。

3.《時代と共にある》 時計の針が文字盤に刻む時ではなく、私たちの魂に刻まれた時なのです。故に永遠と繋がる「霊的な時間」でもあるのです。但し、聖書の神は、人間の歴史に生きて働かれます。この時代と無関係ではありません。私たちが生きる時代も、神からチャレンジとして与えられたものです。「御言葉」はキリスト・イエス、「励みなさい」は「傍らに立つ、先頭に立つ、歩み寄る」です。悩む人の側に立つ主の御姿、時代の先頭に立ち、時代状況に歩み寄るのです。勿論、時流に上手く乗るとか、時代に迎合するとかの意味ではありません。時に誤りを指摘したり、時に慰め励ます。これが私たちの役割です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:54 | 毎週の講壇から