2015年11月30日

エッサイの根より【ローマ15:7〜13】

聖句「また、イザヤはこう言っています。『エッサイの根から芽が現われ、異邦人を治めるために立ち上がる。異邦人は彼に望みをかける。』」(15:12)

1.《サンタ事始》 日本社会に広く深くクリスマスを普及させたのは、宣教師でも牧師でも熱心な信徒でもなく、サンタクロースとクリスマスツリーでしょう。日本初お目見えは、両方とも1874年(明治7年)です。米国長老派教会の宣教師、キャロザース(カロゾルス)から受洗したばかりの、元南町奉行所与力の原胤昭が築地の学校のクリスマス会で、裃姿に大小の刀を差して鬘を被ったサンタを演じているのです。サンタの姿や衣装も国や地域により異なる時代でした。

2.《聖木と聖書》 クリスマスツリーには、聖書に因んだ飾りもあります。でも、所詮はお飾り程度です。ツリーの起源は、8世紀のボニファティウスの逸話にあるとか、定番の樅の木を横から見ると、三角形をしていて「三位一体」等と解釈する人もあります。しかし、如何に後付けをしても、所詮はゲルマン人の冬至祭「ユール」の聖木の焼き直しと思われます。ツリーは聖書とは無関係に思われます。ところが、シャルトル大聖堂の「エッサイの木」のステンドグラスを見た時、これこそ、クリスマスツリーの原点ではないかと思わされたのです。

3.《異邦人の木》 「エッサイの木」の図像は、画面の下で眠っている老エッサイの腹から太い幹が伸び、ダビデ、ソロモンを経て、24人の王たちに枝分かれし、中央の梢にはキリストがあります。13世紀には、頂点のキリストは聖母子像に 変わります。母マリアは「ダビデの血筋」ではありませんから「家系図/ファミリーツリー」の否定です。しかも、エッサイ自身は眠っていますから、人間の業や力によるものではありません。それどころか、エッサイはモアブ人ルツの孫に当たります。異邦人の血筋なのです。イエス・キリストは、単なるユダヤ人のメシアに終わらず、全ての「異邦人の救い主」なのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から

2015年11月23日

命のパンをください【ヨハネ6:34〜40】

聖句「彼らが、『主よ、そのパンをいつもわたしたちにください』と言うと、イエスは言われた。『わたしが命のパンである。』」(6:34,35)

1.《パンの顔》 パンに顔の付いたキャラクターと言えば、やなせたかしの「アンパンマン」です。最初は「PHP」に掲載された大人向けの童話でした。人間の顔からパンの顔に、8頭身から3頭身へと、子ども向けにキャラ変更して行きますが、貧困と飢えに苦しむ人を助けるために、自分を差し出すというモチーフだけは変わりません。ここには「本当の正義は飢えさせないこと」という、戦中戦後を生きた作者ならではの一貫した信念があります。

2.《パンの耳》 「パンの耳」は、英語では「crust/外皮」「heel/踵」と言います。パンには「耳」だけではなく「生地目」もあります。焼き立てパンから人間の「鼻」が出て来るのは、ゴーゴリの短編小説です。家庭の主婦は「パンの耳」活用レシピを色々と発表していますし、製パン工場でも再利用を宣伝しています。しかし、今も昔も「パンの耳」は、貧困家庭の最後の食糧です。埼玉県在住の母子家庭の母親は、貧困家庭と見られるのを恐れて、ペット店で金魚の餌用の「耳」を買い、100円スープに浸して食べて、給料前を凌ぐと言います。

3.《命のパン》 70〜80年代、読売新聞大阪社会部には、黒田清という硬派ジャーナリストがいて、社会問題に鋭く切り込みました。大阪社会部が発掘した事件の1つが「パンの耳事件」です。1977年、寝屋川市に住む29歳の主婦が、5人の子どもを残して餓死しました。出稼ぎ中の夫の留守に、子どもを飢えさせぬために、自分は水道水とパンの耳で凌いでいたのです。ヘンリ・ナウエンは「キリストの体なるパンは裂かれて食べられるもの」と言いました。食卓を囲み、1つのパンを裂いて分け合う時、その中に命は宿るのです。私たちには、そんな家庭を、教会を、社会を形作って行く使命があるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:49 | 毎週の講壇から

2015年11月16日

一生のおつきあい【ヨハネ5:1〜18】

聖句「イエスは、その人が横たわっているのを見、また、もう長い間病気であるのを知って、『良くなりたいか』と言われた。」(5:6)

1.《死刑宣告》 皮膚病は肉眼による診断が可能な分野ですが、ある大病院の医師が老婦人の症状を診て「この病気は大変だよ。先ず一生治らんよ。苦労するねぇ」と言ったそうです。医師は「自分の診断能力はどうだ」とばかりに言い放ったのですが、改善を望む患者の気持ちを逆撫でする、暴力的な言葉です。しかも、後にそれが誤診と判明したというオチまで付いています。患者への「死刑宣告」にも等しい言葉です。医師はどのくらい自覚しているでしょうか。

2.《医療被害》 「マルコによる福音書」5章に登場する「長血の女」の説明には、「ここに12年間も出血の止まらない女がいた。多くの医者にかかって酷く苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、益々悪くなるだけであった」との医者への苦言があります。現在でも、患者を怒鳴り付ける横柄な医者、殊更に裁くような態度の医者がいます。古代社会であれば、医者紛いのペテン師もいたはずです。勿論、イエスさまも「病人には医者が必要」と仰いますし、「愛する医者ルカ」のような、患者に寄り添う人もいたのでしょうが…。

3.《良くなる》 イエスさまの時代、ベトザタの池はローマカトリックの聖地「ルルドの泉」のように、何等かの治癒力があると庶民の間で信じられていたようです。そこに「38年間も病気で苦しんでいる人」がいますが、彼には介護や介助をしてくれる者もいません。イエスさまは、そんな彼に「良くなりたいか」と尋ねられます。何より患者本人の意志や気持ちが大切なのです。「WHO/世界保健機構」が1999年に「健康」の定義をしました。健康とは、単に病気ではない状態を言うのではなく、病んでいても、障碍や麻痺があっても人は健康であり得るのです。健康とは生きる意欲の問題なのです。私たちに、その意志があれば、主は同伴者と成って下さいます。それが「良くなる」ことです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:49 | 毎週の講壇から

2015年11月09日

神さまの作品【エフェソ2:1〜10】

聖句「わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。」(2:10)

1.《不治の病》 映画『ある愛の詩』はラブストーリーの定番、「不治の病」ものの定番となった作品です。「愛とは決して後悔しないこと」の名台詞が有名ですが、むしろ、私にとっては、臨終のヒロインが「全部覚えていたケッヘル番号も思い出せない」と呻く場面が忘れられません。誰でも瀕死の状態になると、記憶、神経、摂食、知能などの障害を伴い始め、人の見分けも付かなくなります。そして呼吸も難しくなり、この世に別れを告げるのです。

2.《一球入魂》 「ケッヘル番号」は、膨大なモーツァルトの作品を整理するための作品番号です。大バッハの「BWV」、ハイドンの「ホーボーケン」、シューベルトの「ドイッチュ」も有名です。このように大芸術家は、後世の研究者によって作品が整理され番号まで振って貰えます。私たち凡人は「誰かに認めて貰いたい」と愚痴を言いますが、そのためには先ず自分が自分を認めることです。現代人は次々と新しい刺激を求めて、作品を使い捨てにして行きます。大量生産、大量消費の時代の中にあっても、私たちは「一球入魂」を目指すべきです。

3.《苦心の作》 「エフェソ書」は「あなたは神の作品なのだ」と言います。「造られたもの」と訳されていますが、ギリシア語の「ポイエーマ」には「作品、道具、詩」の意味もあります。他言語に翻訳されるや、「形成物」「手芸」「苦心作」と変奏が広がって行きます。神さまが夜鍋をして編んでくれた手袋のようではありませんか。私たちは、神さまが丹精込めて作られた苦心作だったのです。私たちは無意識の内に、ギリシア彫刻的な「健全な肉体美」を刷り込まれているので、病気や障碍、老衰を恐れ、そこから目を背けようとします。しかし、聖書は、あなたがどんな状態であれ「神の作品だ」と言っているのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から

2015年11月02日

人の生涯は草のように【詩編103:14〜16】

聖句「人の生涯は草のよう。野の花のように咲く。風がその上に吹けば、消え失せ、生えていた所を知る者もなくなる。」(103:15,16)

1.《雑草の名前》 昭和天皇の侍従を半世紀以上も務めた入江相政は、『宮中侍従物語』という本の中で、昭和天皇から「雑草という名前の草はない」と叱られた逸話を紹介しています。御所の庭が草茫々になっていたので、侍従たちが草刈をした時、「雑草にも名前と役割があるから粗末に扱うな」と戒められたそうです。天皇の「お優しいお人柄」として語られることが多い逸話ですが、純粋に生物学者、分類学者としての発言だったのではないでしょうか。

2.《名前を呼ぶ》 昭和天皇が、せめて自分の専門であるキノコやポリプ、庭の雑草ほどに民草の暮らしに思いを向けていたら、沖縄戦も大空襲も、原爆もソ連参戦も回避できたと思います。他方、摩文仁の「平和の礎」には、沖縄戦の犠牲者が敵味方の区別なく刻み続けられています。死者を決して忘れないという思いを表現しています。私たちの記念礼拝で「天上の友」の名前を読み上げるのも、覚えるためです。そして、たとえ私たちが忘れてしまっても、神さまがお忘れにはなりません。私たちも互いに消息を尋ね、覚え合いたいものです。

3.《神の眼差し》 聖書は分類学に無関心ですから、「名もなき草」として大雑把に「草」と言っています。但し、湿潤温暖な日本ではありませんから、「草」に寄せる思いは違います。緑の草原も5月のシロッコ、6月の乾季の始まりと共に、無残に消え失せてしまうのです。殊「草」に関する限り、聖書の方が「もののあはれ」を心得ています。たとえ「名もなき草」であっても「雑草」と蔑んだりしないのです。これが神の眼差しです。造り主ですから、塵芥に過ぎない者にも御心を留めて居られるのです。自らの「灰」であることに思いを向け、主の愛に触れましょう。その時こそ、私たちの命の光は輝くのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:48 | 毎週の講壇から

2015年10月26日

真珠は涙【マタイ13:45〜46】

聖句「天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探している。高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行って…それを買う。」(13:45,46)

1.《赤毛のアン》 L・M・モンゴメリーの『赤毛のアン』は、何度も映像化されています。無声映画時代に『天涯の孤児』、昭和の初めにも『紅雀』『そよ風の町』の邦題を付けられた米国映画が公開されています。戦後は英国とカナダでテレビの連続ドラマとなり、日本でも、後の「ジブリ組」が製作した「世界名作劇場」のアニメ化作品があります。昨年はNHKの朝ドラ『花子とアン』の効果で、翻訳者の村岡花子の業績も再評価されています。

2.《真珠の意味》 その『赤毛のアン』の中に何度も真珠が出て来るのです。町のホテルで開催される詩の朗読会に出るアンのために、育ての親マシューは真珠の首飾りを贈ります。アンが婚約者のギルバートに求めるのは真珠の婚約指輪でした。「真珠は涙と言うよ」と躊躇する婚約者に、彼女は「嬉しい時に流す涙もあるの。喜びも悲しみも共に分かち合いたい」と応えるのでした。これらの価値観は作者モンゴメリーの、延いては聖書の価値観なのです。人の幸福は、暮らしの悲喜こもごもの中に、真珠の粒のようにちりばめられているのです。

3.《真珠の輝き》 真珠の養殖は、アコヤ貝の軟体の中に、米国産のドブ貝の核を入れて行なわれます。アコヤ貝の細胞は分泌物を出して、体を傷付けないように異物を包み込んで行きます。これが真珠に成るのです。異物を差し込まれるのですから、貝にとっては迷惑な話、まさに「真珠は涙」です。真珠が生み出されるプロセスは、人間の霊的成長にも喩えられます。試練の渦中、私たちには苦難の意味が分かりません。しかし、その先を生きてみると成長していて、その人にしか分からない人生の味わいが見えて来ます。苦しみの中にも、宝物の核となる何かが、神さまによって備えられているのかも知れません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:48 | 毎週の講壇から

2015年10月19日

「神の御言葉」から望みをもらう【イザヤ46:3〜4】

聖句「わたしはあなたたちの老いる日まで、白髪になるまで、背負って行こう。わたしはあなたたちを造った。わたしが担い、背負い、救い出す。」(46:4)

1.《長寿の源》 信徒奨励の奉仕に立たされた本日は、奇しくも89歳の誕生日です。長寿の源は兵隊に行かなかったことかも知れません。徴兵検査は甲種合格でしたが、入隊前に終戦になりました。しかし、名古屋大空襲で実家は一夜にして灰になり、辛うじて命だけは助かるという経験をしました。戦後70年の今「剣を取る者は皆、剣で滅びる」の聖句を改めて胸に刻みたいものです。

2.《真の福音》 日本紙業という会社に入り、定年退職まで勤めました。しかし、工場勤務で製造部門の責任を任されたものの、機械の調子が悪く生産性が上がりません。従業員の労災も多発し、業績不振が続きました。そんな時、亀有教会に導かれ、「キリストは神の身分でありながら…自分を無にして僕の身分になり、人間と同じ者になられました」の御言葉に触れたのです。自分の不徳を思い、完全な人格者イエスに近付きたいと受洗しました。福音の信仰は、人間的な希望を超えた、神の愛、十字架の救い、復活と再臨にあることを後に知りました。

3.《われ信ず》 私が信仰に入った時代は高度経済成長期、休日返上で増産に次ぐ増産に励む時代でした。それでも、私が信仰生活を続けることが出来たのは、聖書の御言葉(私が選んだのではなく、神が私を選んだ)、牧師の説教(神の一方的な恵みによる救い)、先輩たちの真摯な信仰生活の御蔭でした。亀有教会の会堂建築と墓地建設では、委員長として使命を全うすることが出来ました。思い返せば、私自身が受けた恵みは測り知ることの出来ぬ程に大きなものでした。天に宝を積むことが出来たとの思いです。中世の神学者、アンセルムスは「理解せんがために信ずる」と述べました。理解してから信じるのではなく、信じることで初めて分かる世界が確かにあるのです。それが聖書の世界なのです。

野原滋三

posted by 行人坂教会 at 18:45 | 毎週の講壇から

2015年10月12日

望めばかなえられる【ヨハネ 15:1〜10】

聖句「わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。」(15:7)

1.《願い事》 「望めば叶えられる」「望めば与えられる」と仰っていますが、何か空約束のように思われます。ヘロデ王がサロメに言うように「この私が与えてやろう」と言って保証してくれていません。与えて下さるのは父なる神、しかも未来形なのです。「叶えられる」と訳されているのは「成就する、実現する」です。しかも「あなたがたに」ですから、個人的な願い事には不向きです。

2.《貧乏神》 有名な「求めよ、さらば与えられん」の「与える」は「手渡す」ですから、具体性がありますが、所詮、カピカピのパンに魚の干物です。何となく貧乏臭いのです。物欲的な願いに関しては、イエスさまに頼みにくい雰囲気が漂っています。但し、イエスさまは「貧乏神」ではありません。確かに豊かではなく、地位も権力もなく、大教団を組織することもありませんでした。「石をパンに変えて」貧しい人を養うのではなく、貧しい献げ物を皆で分け合って、満腹させる奇跡でした。御自らは貧しくなられて、周りの人を富ませられたのです。

3.《十字架》 キリスト教の「清貧」とは、世捨て人の暮らしや修道生活のことではなく、他の人のために自分が貧しくされることを厭わない生き方です。ラテン語の「清貧/paupertas」は「奪い取る/paupero」から来ています。上着を奪おうとする者に、下着をも与えるのです。実際、十字架の際に、主はローマの兵士たちから衣を剥ぎ取られました。私たちが思わぬ災難や苦難に遭うことは、この十字架と繋がっている、そのように認識した時が「清貧」なのです。人生は喪失の連続です。生きることは、奪い取られていくことですが、十字架に繋がる時、清くされるのです。私たちの願いは失われたもの、奪われたものを取り戻すことです。そして、それを成就できるのは神さまだけです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:46 | 毎週の講壇から

2015年10月05日

神が招かれた人【ルカ14:15〜24】

聖句「主人は言った。『通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家を一杯にしてくれ。』」(14:23)

1.《受け入れ》 外交の世界には「ペルソナ・ノン・グラータ/好ましからざる人物」という用語があります。派遣されて来る外交官を当事国が「受け入れ拒否」する権利です。反対に「ペルソナ・グラータ」と言えば「受け入れ承認」の意味です。私たちお互いの間にも「受け入れの可否」があります。思えば、自身も含めて「受け入れる」ことは、私たちの人生最大のテーマかも知れません。

2.《経済活動》 譬え話の主旨は「神の国は大宴会」です。事前に招待をしていた人たちに、家の主人が下僕を遣わして「準備が整いました。お越し下さい」と伝えます。しかし、それぞれに「畑を買ったから」「牛を買ったから」「嫁を買ったから」と理由を付けて、出席を断ります。この当時も格差社会で、貧民は「嗣業の土地」を手離し、それを買い取った地主は、小麦をローマに輸出して財を成していました。「畑」「牛」「嫁」は財産、断りの理由は全て経済活動です。神のお招きよりも、自分たちの経済活動を優先しているのです。

3.《本領発揮》 彼らの断りに怒った主人は下僕に命じて、貧しい人たちや体の不自由な人たちを宴会に招きます。最初の「グラートゥス/好ましい」は「グラーティース/無料で」に通じます。「誰かの好意に」与る故に「無料で」です。彼らは「お返しが出来ない」人たち(14節)なのです。また、次には、出会った人は誰彼構わず、宴会に連れて来るよう下僕に命じられます。好きも嫌いも、善人も悪人も、信者も不信者も関係ありません。これを愚直に実践した神の下僕がイエスさまです。そして誰であろうと、お招きに応えた時、天国の扉は開かれるのです。神のお招きを最優先にするのがキリスト者の本領です。その本領を発揮できるように、毎週の礼拝を守り、訓練を積んでいるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 17:50 | 毎週の講壇から

2015年09月28日

手を伸ばしなさい【マタイ 12:9〜14】

聖句「イエスはそこを去って、会堂にお入りになった。すると、片手の萎えた人がいた。」(12:9,10)

1.《人羨し》 世の中には、両手両足の萎えた人も、もっと重い障碍を負っている人もいるのだから、「片手が萎えて」いるだけだから大した事ではないと思われますが、本人にとっては重い現実です。歌人の梅田達雄は「街行けば逢ふ人羨し人羨し手萎え足萎えわが妻は臥す」と歌いました。「人羨(とも)し」、これこそ、病人や障碍者を抱える家族の嘘偽らざる心境でしょう。

2.《ナエシ》 福音書には、もっと重い病気や障碍を抱えている人が次から次へと登場します。「中風の人」「長血の女」「会堂長ヤイロの娘」「癲癇の子」「重い皮膚病を患っている人」…。「病草紙」の如くですが、「病草紙」と違うのは、ここにイエスさまが居られるということです。但し、「片手の萎えた人」の場合は、ファリサイ派との安息日論争に契機に成るだけで、本人の必死の訴えもありません。「萎える」は「植物が萎れる」から手足の麻痺を言うように成りました。岡っ引きの十手も、敵を打ち据えて無力化するので「ナエシ」と言います。

3.《想像力》 一説によると、この「手萎え」は「筋萎縮性側索硬化症/ALS」だと言います。最後には、呼吸する筋力も奪われて死に至る難病です。私たちは見た目だけで軽症と思い込んでいます。会堂の人々も、ファリサイ派も、当人さえも知らなかったのです。一見して他人を羨んだり妬んだりしますが、私たちには、相手の病気や障碍の重さも、人生や生活の実際も何も分かってはいなかったのです。「何も安息日に禁止されている治療行為をせずとも良い」と、皆は考えたのです。しかし、これは愛の欠如です。愛の欠如は想像力の欠如から来ます。イエスさまと違って、私たちには、他人の悩み苦しみは分かりません。しかし、その人の喜び悲しみに思いを致し、想像することは大切です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 18:45 | 毎週の講壇から