2018年01月30日

2月第1主日礼拝(創立記念礼拝)

       2月 4日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 聖なる者となりなさい=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  レビ記 19章1〜18節(p.191)
讃 美 歌  27、162、490、99、148、72、26
交読詩編  詩編70編1〜6節(p.79)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年01月23日

1月第4主日礼拝

       1月28日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 風にそよぐ葦か=@音楽       朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 11章2〜9節(p.19)
讃 美 歌  27、191、490、173、476、25
交読詩編  詩編72編1〜7節(p.81)

・讃美歌練習(2月の月歌:162番)  礼拝後    礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年01月16日

1月第3主日礼拝

       1月21日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 豊かに暮らす道=@音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  フィリピの信徒への手紙 4章10〜14節(p.366)
讃 美 歌  27、191、490、485、536、25
交読詩編  詩編72編1〜7節(p.81)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年01月09日

1月第2主日礼拝

       1月14日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 祈りがあなたを解き放つ音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 6章5〜15節(p.9)
讃 美 歌  27、191、490、136、204、25
交読詩編  詩編72編1〜7節(p.81)

・青空カフェ      礼拝後        バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年01月02日

1月第1主日礼拝(2018年新年礼拝)

       1月 7日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 折が良くても悪くても=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  テモテの手紙U 4章1〜 5節(p.394)
讃 美 歌  27、191、490、564、461、71、25
交読詩編  詩編72編1〜7節(p.81)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月26日

12月第5主日礼拝(2017年歳晩礼拝)

      12月31日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 向こう岸に渡ろう=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  マルコによる福音書 4章35〜41節(p.68)
讃 美 歌  27、245、490、357、456、24
交読詩編  詩編19編8〜15節(p.25)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月19日

クリスマス礼拝(アドベント第4主日)

      12月24日(日) 午前10時30分〜正午
説  教 見上げてごらん夜の星を=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 2章8〜20節(p.103)
讃 美 歌  27、245、263、258、69、82、24
交読詩編  詩編19編8〜15節(p.25)

・讃美歌練習(1月の月歌:191番) 礼拝後      礼拝堂
クリスマス愛餐会(新入者歓迎会) 讃美歌練習後〜午後2時 階下ホール
  メニュー:カレー他、会費:500円(子300円、新入会者、未就学児無料)

クリスマスイヴ賛美礼拝    午後5時〜6時(※)    礼拝堂
 メッセージ: エッサイの木 =@音楽    朝日研一朗牧師
 讃美歌:248、261、259、265、264

今年は日曜日と重なりましたので、例年より早い時間に行います。

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月12日

12月第3主日礼拝(アドベント第3主日)

      12月17日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 飼い葉桶に一本の藁を音楽     朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 2章1〜7節(p.102)
讃 美 歌  27、245、269、256、24
交読詩編  詩編19編8〜15節(p.25)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月11日

飼い葉桶を知っていますか【イザヤ1:2〜9】

聖句「牛は飼い主を知り、ろばは主人の飼い葉桶を知っている。しかし、イスラエルは知らず、わたしの民は見分けない。」(1:3)

1.《降誕セット》 「教会が一番質素なクリスマス」という川柳を作りました。商業施設や一般家庭の方が華やかにクリスマスの装飾をしていて、キリスト教会が一番地味かも知れません。最近では、雛人形、五月人形の感覚で「降誕セット」を飾る所もあります。しかし「降誕セット」はツリーやリースよりも、クリスマスとは何であるかを明示している点、福音的であるかも知れません。

2.《プレゼピオ》 13世紀の修道士、アッシジのフランチェスコが「降誕セット」を考案したとされています。聖書を読めない庶民や子どもが見ても、クリスマスが何であるか理解できるようにしたのです。当初は「活人画」「聖劇」に近いものでしたが、人形を使うようになり、家庭用の小型セットも生産されて普及したのです。その心は真ん中に置かれた「飼い葉桶」にあります。発祥地イタリア語の「プレゼピオ」は、ラテン語の「プレ/の前に」と「セピオー/囲む、取り巻く、守る」に溯ります。それを見詰める時、私たち自身が飼い葉桶を、御子イエスを「取り巻く」巡礼者になる仕掛けなのです。

3.《主を知る時》 イザヤの預言を読むと「しかし、イスラエルは知らず」という所で胸を突かれます。讃美歌の「ああベツレヘムよ」の「ひとみな眠りて知らぬ間にぞ/み子なるキリスト生まれたもう」を思い出します。誰もクリスマスを知らないのです。同じく、世の中には、誰も知らない悲しみや痛み、分かって貰えない苦しみも数多くあります。「夜」は相互交流が断絶し、孤独に悩む時間の象徴です。「同床異夢」です。しかし、クリスマスを知った私たちは、「知ったかぶり」と「知らん振り」を止めて、知ったことを元手にして、改めて生きることを始めたい。その時に「夜」は終わり、夜明けが来るのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 11:00 | 毎週の礼拝案内

2017年12月05日

12月第2主日礼拝(アドベント第2主日)

      12月10日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 飼い葉桶を知っていますか=@音楽  朝日研一朗牧師
聖  書  イザヤ書 1章2〜9節(p.1061)
讃 美 歌  27、245、229、267、24
交読詩編  詩編19編8〜11節(p.25)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内