行人坂教会 公式サイト ご案内

当サイトの内容は左記の「メニュー」からご覧になれます。


はじめに・・・・・・・・当教会からのご挨拶があります。
行人坂教会について・・・当教会の歴史・沿革についてご紹介します。
 礼拝・集会の案内・・・当教会で行っている礼拝と集会のご案内です。
 教会へのアクセス・・・当教会への交通、付近の地図、連絡先です。
牧師ご挨拶・・・・・・・当教会牧師のご紹介で、本人のプロフィールもあります。
牧師の書斎から・・・・・当教会牧師のメッセージ、記事を集めています。
 会報巻頭言など・・・・当教会会報「行人坂」に掲載された牧師のメッセージ集です。
 こんにゃく問答・・・・同じく、会報「行人坂」に掲載された教理問答集です。
教会からのお知らせ・・・各種イベント(イースター、クリスマス諸行事、バザーなど)のご案内です。
毎週の礼拝案内・・・・・毎週の主日礼拝のご案内(概要)があります。
      *最新情報*礼拝終了後は当日の音声録音を聴くことができます
毎週の講壇から・・・・・毎週の主日礼拝での説教の要約をまとめてあります。
教会アルバム・・・・・・当教会で過去開催された行事の写真集です。
オリジナル賛美歌など・・当教会の会員有志が作成したオリジナル賛美歌をご紹介します。
リンク・・・・・・・・・日本キリスト教団他の関連サイトへのリンク集です。

また、見やすくするためにメニューの上、ページ末尾、右端に、次のボタンを設置してあります。


help-gyonizaka-site-ic1.gif・・・・クリックすると、文字の大きさを中、大、最大の3種類に変更できます。
help-gyonizaka-site-ic5.gifまたはhelp-gyonizaka-site-ic2.gif・・この部分をクリックすると、そのページの最下段まで移動します。
help-gyonizaka-site-ic4.gifまたはhelp-gyonizaka-site-ic3.gif・・この部分をクリックすると、そのページの最上段まで移動します。
help-gyonizaka-site-ic6.gif・・・この部分をクリックすると当サイトのトップページに戻ります。

それでは、どうぞご覧下さい。なお、以下は最近の記事です。


2021年10月19日

10月第4主日礼拝

      10月24日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”その人と同じように”       朝日研一朗牧師
聖  書  フィリピの信徒への手紙 2章1〜11節(p.362)
讃 美 歌  27、112、490、13、483、515、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・讃美歌練習(11月の月歌:108番)  礼拝後      礼拝堂

posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年10月18日

共に生きる【ローマ 12:15】

聖句「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。」(12:15)

1.《無謀な戦争》 年齢を重ねたせいか、最近よく戦争を思い出します。最近の政治家たちの言動が軽いのも、戦争の実体験が無いからでしょう。あれば、もう少し人の心に響く言葉を語られるのではと思います。3歳の頃、父の勤務地の岡山で空襲を経験しました。逃げ込んだ防空壕も火の粉が入り、後楽園の対岸に避難して助かりましたが、沢山の焼死体が積み重なっているのを見ました。敗戦後には、父の転任で被爆間もない広島に引っ越し、街に残る原爆の爪痕をそこかしこに目にしました。どうして、このような無謀な戦争をしたのでしょうか。

2.《人の痛みを》 表題を「共に生きる」としましたが、後悔しています。現実には、他者に寄り添って生きることは大変に難しいのです。人の心の痛みを自分のものと出来るかどうか、全てはそこに掛かっていると思います。パラリンピックを見て、障がいを持つ人たちの不屈の姿に目を開かれました。顔と顔とを合わせ、同じ目線で接する。そして、心の中でも目線を合わせることが大切です。小学校5年生の時、足を引き摺る同級生をからかったことがありました。謝罪する機会を逸したままに成ってしまいました。今でも申し訳なかったと思っています。寄り添うべき相手に、私は寄り添っていなかったのです。

3.《乗り越える》 同じ官舎に暮らす高校時代の同期生がいました。絵も文も上手でしたが、日常生活の自己管理が全く出来ない男でした。ホームレス状態に成り、公園のトイレで寝起きしていたこともあったそうです。見兼ねた私は、彼に事務所の空き部屋を提供して、住居として使って貰うことにしました。その一室はゴミ屋敷と化しました。住民票すら無いので健康保険も取れません。転倒して起き上がれなくなり、入院するに際して戸籍を割り出すところから始めました。1年後、彼と連絡不通となり、漸く彼の姪に連絡がついて「亡くなった」と知りました。もう少し親身に世話をしていればと後悔しました。人は自分の目線や価値観でしか動こうとしません。しかし、イエスさまは違いました。キリストは言葉だけではなく実際に「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く」生き方をされたのです。

三井 務

posted by 行人坂教会 at 21:57 | 毎週の講壇から

2021年10月12日

10月第3主日礼拝(信徒伝道週間、教育週間)

      10月17日(日) 午前10時30分〜11時30分
信徒奨励 ”共に生きる音楽       三井 務
聖  書  ローマの信徒への手紙 12章15節(p.292)
讃 美 歌  27、112、490、475、462、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年10月11日

小さい人と大きい人【ルカ9:46〜48】

聖句「一人の子供の手を取り、御自分のそばに立たせて、言われた。『わたしの名のためにこの子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」(9:47,48)

1.《主の御名により》 私たちは常日頃から、祈りの締めの言葉に「イエスのお名前によって」と添えて「アーメン」と唱えます。この「主の御名によって」が抜けると、皆で「アーメン」を唱和するのがズレてしまいます。間合いが取れないのです。18世紀のモラヴィア兄弟団やメソジストの祈り会に端を発する習慣でしょう。これが絶対でも必須でも無い事は、カトリックの祈祷書を見ても、一斉に各自で祈るペンテコステ派を見ても分かります。

2.《身を低くして》 私たちが「主の御名によって」と言い添えるのは、イエスさまが「私の名によって願えば、私が叶える」(ヨハネによる福音書14章、16章)と仰っているからです。また「フィリピの信徒への手紙」の「キリスト賛歌」(2章9〜10節)でもイエスの御名こそが「最高の名前」だと言われています。そこで、その「主の御名」が何に光を当てているのか知るべきです。ここでは「子どもを受け容れる」ことです。2歳から5歳くらいまでの幼児です。幼児の手を取って御側に立たせられたイエスさまは、きっと身を屈めて、この子と同じ目線に成って居られたはずです。その周りに「自分たちの内、一番偉いのは誰か」と浅ましい議論をしていた弟子たちが、呆然として立っていたはずです。

3.《小さくなろう》 「最高の名前」は年端も行かぬ幼な子と共にあったのです。権威や権力とは正反対の世界です。私は「オノマトペ/擬音語」を思い出します。星が「キラキラ」とか皆が「にこにこ」です。元々はギリシア語で「オノマ/音」を「ポイエイン/作る」事です。イエスさまの「名」も「オノマ」です。赤ちゃんの時には「喃語」です。人との間合いを取るような発話です。その進化系がオノマトペです。イエスさまは「偉そうになったら、いつでも何度でも、ここに戻って来なさい」と仰っているのでは無いでしょうか。「誰が一番偉いか、大きいか」等と競い合っていたら(権威主義、権力志向)、必ず行き詰って窒息するのです。でも、小さくなれば良いのです。それが「主の名によって」祈る事です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:56 | 毎週の講壇から

2021年10月05日

10月第2主日礼拝(神学校日、伝道献身者奨励日)

      10月10日(日) 午前10時30分〜11時30分
説  教 ”小さい人と大きい人音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  ルカによる福音書 9章46節〜48節(p.134)
讃 美 歌  27、112、490、153、361、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2021年10月04日

人間モドキ【Tヨハネ 2:28〜3:3】

聖句「…自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。」(3:2)

1.《ジュニア》 その昔、米国のテレビドラマで活躍したエフレム・ジンバリスト・ジュニアという俳優がいました。父親はエフレム・ジンバリストという有名なヴァイオリニストだったのです。このように米国では、親と同名の息子や娘に「ジュニア」と名付ける習慣があります。日本では歌舞伎や能楽などの芸能の世界で、名跡を継ぎますが、家元制度としてブランドとタニマチを受け継ぐのです。その点、新約聖書に言う「神の子」は「何代目」よりは「ジュニア」に近いでしょう。

2.《神の子ら》 冒頭で「子たちよ」と呼び掛けられているのは「テクニア」、誰から生まれたか、誰の子どもかに重点の置かれた語です。だから「神の子」と言い換えられています。私たちは神さまの愛を受けて「神の子」とされたのです。イエスさまを「神の子」と呼ぶ場合「フィオス/御子」が使われます。こちらは「世継ぎ」の意味です。両者の違いを「実子」と「養子」と譬えた牧師がいますが、却って誤解を招き易いと思います。日本では、血の繋がらない親子関係を軽視する傾向があるからです。しかし「神は、その独り子をお与えになったほどに」私たちを「愛された」のです。実子を差し置いてまで、養子を愛することがあるでしょうか。私たちは、神の愛と御子の十字架によって「生まれた子ども」なのです。

3.《愛する者》 手塚治虫のマンガ『マグマ大使』には、侵略者ゴアの手先となって働く「人間モドキ」という生き物が登場します。どんな人間にも変身して、社会の中に潜り込むのですが、実体も人格も、感情も個性もありません。「もどき」とは「似て非なる滑稽なもの」を表わす古典芸能の用語です。幾ら「私たちは神の子です」と主張しても「人間モドキ」同然の連中が一杯います。人を愛する心を失ってしまったら、私たちも忽ち「もどき」に成ってしまうのです。世にある時、主は御自らを「人の子」と称されました。「人として、人と共に、人の間で生きる」という強い思いを表わされたのです。私たちが徹底して「人の子」として生きる時、僅かかも知れませんが、主の御側に近付けるのでは無いでしょうか。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 21:54 | 毎週の講壇から

2021年09月28日

礼拝と諸集会再開について

主の御名を賛美します。

9月30日をもって「緊急事態宣言」が解除される見込みとなりました。 それに伴い、行人坂教会でも、10月3日より主日礼拝とCS(教会学校)こどもの礼拝、各種委員会その他の集会、6日より聖書と祈りの集いを再開いたします。ワクチン接種が進み、感染者数が減少しているとは言え、教会としては、気を緩めることなく、感染対策に心掛けたいと思います。

最近は、子どもの感染、子どもからの感染も懸念されます。CS礼拝では当面の間、大人の参加は、親御さん、スタッフと当日のヘルパーのみに限定させて頂きます。

体調のすぐれない方は言うまでもありませんが、礼拝出席に不安を覚える方は、ご無理なさらず、HPの音声配信をご利用いただき、ご自宅で礼拝をお守りください。


行人坂教会 牧師 朝日研一朗

posted by 行人坂教会 at 14:08 | 教会からのお知らせ

10月第1主日礼拝(世界聖餐日、世界宣教の日)

      10月 3日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 ”人間モドキ音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  ヨハネの手紙T 2章28節〜3章3節(p.443)
讃 美 歌  27、112、490、496,16、81、29
交読詩篇  詩編52編1〜11節(p.61)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 13:59 | 毎週の礼拝案内

2021年09月26日

10分間礼拝]]]「夜の日時計/horologium nocturnum」

2021年9月26日(日)

メッセージ:永遠と一日
聖   書:コヘレトの言葉 3:1〜11(p.1036)
讃 美 歌:575番(球根の中には)


試聴は次の箇所をクリックしていただくと、PCにインストールされている音楽プレーヤー(WindowsならMedia playerなど)で再生できます。
ここをクリックして下さい音楽
お詫び:10:00〜10:10の間、過去の録音データが誤って掲示されていました。この間アクセスされた方は、お手数ですが再度ホームページを更新してからお聞きください。
posted by 行人坂教会 at 10:00 | 夜の日時計

2021年09月25日

呪われし者は口塞がれ

1.「ポーの一族」

ホラー小説ファンならば、エドガー・アラン・ポーの処女作『メッツェンガーシュタイン』という短編を御存知かと思います。ハンガリーを舞台に、敵対する貴族家(ベルリフィッツィング家とメッツェンガーシュタイン家)の呪いの連鎖を描いたゴシック文学です。

読んだ事は無くとも、あるいは、映画を御覧になったかも知れません。1967年のフランス映画『世にも怪奇な物語』(Histoires Extraordinaires)の第1話「黒馬の哭く館」です。監督は『素直な悪女』や『血とバラ』で知られる耽美派、ロジェ・ヴァディム。主演したのは、当時ヴァディムの愛人だった(ベトナム反戦運動の闘士になる前の)ジェーン・フォンダと、実弟(『イージー・ライダー』になる前の)ピーター・フォンダでした。

実は、子どもの時に、このアニメ版を観てトラウマになったという人もいます。『まんが世界昔ばなし』(1976〜1979年)に「炎のうま」の題名でアニメ化、放映されているのです。僅か12分程なのですが、陰陰滅滅たる雰囲気は、明らかに「お子様番組」の枠から外れていました。まあ、そもそも、このアニメ番組、「ノアのはこ舟」「ブレーメンの音楽隊」「さいごの一葉」等の定番に紛れて、「ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「ファウスト」「メドゥーサの首」が入っていたりしたのですが…。

それはともかく、ポーの『メッツェンガーシュタイン』ですが、その巻頭のエピグラフ(題字)として引用されているのが、マルティン・ルターの言葉なのです。「われ生きるときは疫病なりし。― 死しては汝の死とならん。」(小泉一郎訳/「ポオ小説全集1」)。

私の愛蔵版(カラーイラスト付き)短編集(Fall River Press)、つまり、原文では、ルターの引用文はラテン語です。「pestis eram vivus, moriens tua mors ero.」。

2.ルターの呪詛

このルターの(ものとされる)言葉は、何をどう言い繕っても、呪いの言葉(呪詛)に間違いありません。一体どこから来たのでしょうか。奇しくも、今年は丁度「宗教改革記念日」(即ち、ルターが宗教改革を始めた日とされる)10月31日が11年ぶりに主日(日曜日)と重なります。その記念として「ルターの呪詛」に思いを巡らしてみたいと思います。

ルターが死んだのは、1546年2月18日です。日本では戦国時代の真っ只中、足利義輝が室町幕府第13代将軍に就任した年(天文15年)です。ルターは臨終の床で、宗教改革の同志たちに遺言(と言うか、反カトリックのプロパガンダ)を告げたと言われています。それが「ルターの預言」と称する木版画と成り、恐らくは、パンフレットの表紙か街宣ビラとして印刷され、広く配布されたのでしょう。

木版画の下には、ルターのプロパガンダが箇条書きにしてあるのですが、私は神学者では無いので、余り興味がありません。その上に、ルターの肖像がババンッと描かれています。手前の机の上には、ペンとインク壺、頭蓋骨と砂時計(「死を思え」)が置いてあります。そして、その絵の上に、ドイツ語で「牧師にして領主なるマルティン・ルター博士の預言」等と(まるで「ノストラダムスの大予言」みたく)鳴り物入りの字体で銘打ってあります。その下に、ラテン語で「pestis eram vivus, moriens tua mors ero, Papa」と書いてあるのです。ポーの小説を離れて、訳し直すと「我は生前には、汝の疫病神なりき、死後は汝の死神とならん、ローマ教皇よ」と成ります。

当時、このエピグラム(碑銘)は大ウケしたようで、私の記憶に間違いが無ければ、ルーカス・クラナッハが描いた、ルター臨終の図にも添えられていたように思います。なる程、♪「死して護国の鬼と/誓いし箱崎の/神ぞ知ろし召す」(永井建子作詞「元寇」)とか「御下命、如何にしても果す可し/尚、死して屍拾う者なし」(テレビ時代劇『大江戸捜査網』の「隠密同心の心得之条」)みたいで、中々カッコいい。ラテン詩の専門家によると、「六歩格詩/hexameter」というスタイルの、リズム感のある詩なのだそうです。

ともかく、ローマ教皇(当時はパウロ三世)の絶対権力、もしくは、ローマ教皇庁の世界支配に対する呪詛、プロテスタント陣営からの挑戦状だった訳です。それを、ポーは自身の小説に引用する事で、更に普遍的な呪詛として普及させたのでした。

3.見えない恐怖

今現在、私たちも「新型コロナウイルス」という疫病の脅威に、不安な日々を過ごしています。私自身も、何を考えるとも無く「疫病、災い/pestis/ペースティス」という語を唱えていたら、先のルターの呪詛「我は汝の疫病なり」を思い出したのでした。疫病の恐ろしいのは、目に見えない事です。だから、流行の当初、マスコミでは盛んに「新型コロナウイルス」の写真を報道していたのです。「これが正体だ!」と言わんばかりでしたね。でも最近では、赤い突起の写真を改めて見せる事も無くなりました。

そう言えば、エドガー・アラン・ポーには『赤死病の仮面』という短編もありました。「黒死病」ならぬ「赤死病」という原因不明(架空)の疫病が流行して、国中で民がバタバタと死んで行きます。領主のプロスペロ公は、そんな事にはお構いなく、貴族たちを呼び集めて、壮大な仮面舞踏会を開きます。ところが、事もあろうに「赤死病」患者の扮装をした人物が会場に闖入し、招待客たちはパニックに陥ります。

プロスペロ公は「不埒な奴だ!」と激怒し、短剣を振り翳し、この人物を追い回します。ところが、突如、この人物は翻って公に迫り、公は悶絶して死に絶えます。踊り手たちがこの人物を取り囲み、衣裳と仮面を剥ぎ取ると、人間の姿など影も形も無かったのです。そして舞踏会に集まった貴族たちも、一人また一人と倒れて息絶えて行くのでした…。

自民党の総裁選挙に、仮面舞踏会のような優雅さは、欠片もありませんがね。

牧師 朝日研一朗

【2021年10月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 09:00 | ┣会報巻頭言など