行人坂教会 公式サイト ご案内

当サイトの内容は左記の「メニュー」からご覧になれます。


はじめに・・・・・・・・当教会からのご挨拶があります。
行人坂教会について・・・当教会の歴史・沿革についてご紹介します。
 礼拝・集会の案内・・・当教会で行っている礼拝と集会のご案内です。
 教会へのアクセス・・・当教会への交通、付近の地図、連絡先です。
牧師ご挨拶・・・・・・・当教会牧師のご紹介で、本人のプロフィールもあります。
牧師の書斎から・・・・・当教会牧師のメッセージ、記事を集めています。
 会報巻頭言など・・・・当教会会報「行人坂」に掲載された牧師のメッセージ集です。
 こんにゃく問答・・・・同じく、会報「行人坂」に掲載された教理問答集です。
教会からのお知らせ・・・各種イベント(イースター、クリスマス諸行事、バザーなど)のご案内です。
毎週の礼拝案内・・・・・毎週の主日礼拝のご案内(概要)があります。
      *最新情報*礼拝終了後は当日の音声録音を聴くことができます
毎週の講壇から・・・・・毎週の主日礼拝での説教の要約をまとめてあります。
教会アルバム・・・・・・当教会で過去開催された行事の写真集です。
オリジナル賛美歌など・・当教会の会員有志が作成したオリジナル賛美歌をご紹介します。
リンク・・・・・・・・・日本キリスト教団他の関連サイトへのリンク集です。

また、見やすくするためにメニューの上、ページ末尾、右端に、次のボタンを設置してあります。


help-gyonizaka-site-ic1.gif・・・・クリックすると、文字の大きさを中、大、最大の3種類に変更できます。
help-gyonizaka-site-ic5.gifまたはhelp-gyonizaka-site-ic2.gif・・この部分をクリックすると、そのページの最下段まで移動します。
help-gyonizaka-site-ic4.gifまたはhelp-gyonizaka-site-ic3.gif・・この部分をクリックすると、そのページの最上段まで移動します。
help-gyonizaka-site-ic6.gif・・・この部分をクリックすると当サイトのトップページに戻ります。

それでは、どうぞご覧下さい。なお、以下は最近の記事です。


2019年 クリスマスコンサート、クリスマスイヴ賛美礼拝のご案内

クリックすると拡大された画像が表示されます。

2019年11月12日

11月第3主日礼拝

      11月17日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 目から…うろこ?=@       朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 9章1〜19a節(p.229)
讃 美 歌  27、379、490、66、441、73、26
交読詩編  詩編17編1〜5節(p.20)

posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年11月11日

ひとりでも多く〜One more for Jesus【マタイ28:19〜20】

聖句「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け…。」(28:19)

1.《生きるために》 若年で乳がんと診断される方、幼い子を抱えていたり、キャリア半ばで生を終えられる方もあります。医療現場でも、何と声を掛けて良いのか分からないような時があります。しかし、私たち、クリスチャンには伝えられる言葉が与えられています。この世での時間が限られている方に対しても、自信を持って「永遠の命」のあることを伝えることが出来るのです。

2.《ゆるされた命》 医学が進んでも、人間が幾ら頑張っても「永遠の命」は得られません。人は罪を抱えた存在です。普段は自分に罪がある等とは思いませんが、他者に対する妬みや憤りが噴き出す瞬間があります。ある婦人患者は、検査の際、待合室での老婦人の緩慢な動きに苛々した気持ちを抱きましたが、臨終が近付いた時、「そんな自分が許せない。残された時間は僅か。罪の告白をしたい」と洗礼を受けられました。人は大小様々な罪を抱えていて、それを赦されたいと願うのです。これを「スピリチュアル・ペイン」と言います。人間は、そのような罪悪感を抱えたまま世を去るべきではありません。

3.《見出された命》 イエスさまはベトザダの病人を癒しただけではなく、その御言葉によって生きる意味をお与えになりました。人は病気や障碍によって、生きる意味を見失うこともあるのですが、反対に、病気や障碍を通して、その人にしか分からない痛みもあり、新たな生の意味に目覚めることもあるのです。生きる喜びを見出された命です。主イエスを知ることで、私たちは「永遠の命」を与えられます。ある60歳代の女性は病床洗礼を受け、笑顔で帰天されました。救われた喜びと感謝から、一人でも多くの人に、イエス・キリストによる「永遠の命」を知って頂きたいと思います。

山内英子(聖路加国際病院ブレストセンター長)

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2019年11月05日

11月第2主日礼拝(障がい者週間、特別礼拝)

      11月10日(日) 午前10時30分〜11時40分
奨  励 ひとりでも多く One more for Jesus音楽
             山内英子(聖路加国際病院乳腺外科部長)
聖  書  マタイによる福音書 28章19〜20節(p.60)
讃 美 歌  27、379、490、564、510、26
交読詩編  詩編17編1〜5節(p.20)

特別講演会    午後1時30分〜2時30分     礼拝堂
 講演:あなたらしく生きる=@山内英子(聖路加国際病院乳腺外科部長)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年11月04日

信仰によって今も語る【ヘブライ 11:1〜12】

聖句「神が彼の献げ物を認められたからです。アベルは死にましたが、信仰によってまだ語っています。」(11:4)

1.《死人に口無し》 ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」では、ライドが落下する瞬間に「Dead men tell no tales/死人に口無し」という声が聞こえます。シュニッツラーの短篇小説にも、メキシコ製西部劇にもありますから、誰もが思うことなのでしょう。日本では、江戸時代の句集「誹風柳多留」の中の「死人に口無し置き土産とぬかし」という古川柳が発祥とされています。

2.《不公平な人生》 しかし、聖書は「信仰者は信仰によって今も尚語る」と全く反対の事を言います。死んでしまえば、もう語ることは出来ず、取り返しはつかないのです。「創世記」4章の「カインとアベル」の物語は不公平な物語です。神はアベルの献げ物にのみ目を留め、その悔しさからカインはアベルを殺害します。殺されたアベルの血は大地に吸い込まれ、その血が復讐と呪いの叫びを上げるのです。突然に命を奪われたアベルにとっても、不条理極まりない話です。けれども、このような不公平や不条理は誰でもが経験することでしょう。

3.《信仰によって》 追放されたカイン(現人類)も「さすらい」の中を生きていかなくてはなりません。本来、旧約聖書では「呪いの物語」だったのです。しかし、新約聖書はそれを「祝福の物語」へと転換しました。アベルが「信仰によって今尚語る」は「ラレオー/小鳥が囀(さえず)る、お喋りをする」です。彼は「信仰」を証しているのです。信仰とは希望が実現すると信じること、未だ見ていないことを信じることです。死後のことは誰にも分かりません。しかし「分からない」に立ち尽くすのではなく、望みや願いを胸に生きること、信じることへと一歩を踏み出しましょう。私たちが神さまに「信じます」と告白しさえすれば、そこにインターネットのように回線が開かれるのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 23:01 | 毎週の講壇から

2019年10月29日

11月第1主日礼拝(聖徒の日、永眠者記念礼拝)

      11月 3日(日) 午前10時30分〜正午
説  教 信仰によって今も語る=@音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  ヘブライ人への手紙 11章1〜12節(p.414)
讃 美 歌  27、379、490、227、458、385、26
交読詩編  詩編17編1〜5節(p.20)

・青空カフェ      礼拝後      玄関バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月28日

パーフェクト・ワールド【マタイ6:5〜15】

聖句「天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように…。」(6:9,10)

1.《10月31日》 プロテスタント教会では「宗教改革記念日」ですが、世間は「ハロウィン」一色です。ハロウィンが「子どもの祭り」として定着している米国では、多くの牧師が「ハロウィンを宣教の機会」として積極的に捉えていますが、大人の乱痴気騒ぎと化した日本では躊躇を感じます。だからと言って、これを「異教の祭り」と敵視するのは行き過ぎかとも思います。

2.《完全な世界》 原理主義的な教会では、自らの信仰生活の潔癖さ、完全さを追及する余りに、信徒が自分の子どもたちにハロウィンを禁じたりします。クリント・イーストウッド監督の映画『パーフェクト・ワールド』は、少年時代に父親から虐待を受けた脱獄囚が、「エホバの証人」の母親と暮らす少年を人質にして逃亡する内に、お互いに自らの姿を重ね合うことで生まれる交流を描いています。脱獄囚は、家出したまま戻って来なかった父親がくれたアラスカの絵はがきを肌身離さず持っていました。映画の幕切れに、それを少年に託すのでした。

3.《愛の完成を》 聖書で「完全な世界」と言えば、天地創造です。また「天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい」とのイエスさまの教えが重要です。信徒は「キリスト者の完全」を目指して、自ら節制禁欲に励むばかりか、家族や周囲の人間にも押し付けて行く傾向にあります。本来、目指していたはずの神の愛とは程遠い、裁きと支配に陥ってしまうのです。イエスさまは「主の祈り」の最初に「御名、御国、御心」を置かれました。神さまの愛の心と願いが世界中に及びますようにとの祈りです。それが「完全な世界」です。人間が完成することではありません。また、自分たち(クリスチャン)だけが救われることを願っているセコイ祈りではありません。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2019年10月27日

祝砲の挽歌

1.楽器としての大砲

10月22日午後、事務仕事をしていると、遠くで花火のような爆音が聞こえ、地響きが感じられました。それで「令和天皇」の「即位礼正殿の儀」が終了したのだと分かりました。陸上自衛隊北富士駐屯地(山梨県)の第1特科隊から「礼砲部隊」が編成され、礼砲専用の105ミリ榴弾砲を4門使用したのです。

首相が音頭を取る「天皇陛下萬歳!」の最初の「て」と言った瞬間、宮殿の部隊長が「撃て!」と無線で命令、850メートル離れた北の丸公園に待機する部隊が発射します。その砲音は3.5秒後に宮殿に到達、つまり、首相が「萬歳!」を言い終えた瞬間に響きます。その後は5秒間隔で、合計21発が発射されます。

105ミリ榴弾砲(M101)は先の大戦中から戦後に掛けて、「連合国」で広く使用されていた野砲です。米軍では朝鮮戦争、ベトナム戦争初期にも主力野戦砲として活躍、日本の陸自では、米軍の供与を受けて使用され始め、かなりの長期間、現役を務めました。部隊によりますが、10年くらい前までは、チラホラ残っていたように思います。特撮ファンにとっては『地球防衛軍』(1957年)の「ミステリアンドーム」攻撃の場面が思い出されます。現在は退役し、礼砲用に使用されるか、音楽隊がチャイコフスキーの「序曲1812年」を演奏する場合に「楽器」として使われているのです。

余談ですが、2017年に北富士駐屯地創立67周年記念行事が開催された時には、音楽隊が『シン・ゴジラ』のテーマ(伊福部昭の「ゴジラ」と鷺巣詩郎の「新世紀エヴァンゲリオン」のメドレー)を演奏し、後継機種の155ミリ榴弾砲FH70(えふえっちななまる)が発射されました。このFH70は「平成ゴジラ」シリーズの常連兵器です。但し、こちらは発射音が強過ぎて「楽器」向きでは無かったようです。

2.大砲は「国崩し」

「祝砲」と「礼砲」に厳密な違いはありません。英語では「Gun Salutes/敬礼の発砲」です。日本語では、皇族の即位など、特別な祝意を表わす場合には「祝砲」、外国の要人に歓迎の意を表わす場合には「礼砲」と言い換えています。最大21発と決めたのは、英国海軍の経費節減が起源とされています。それ以前は、気分次第で撃ちまくっていたのでしょう。

21発、19発、17発、15発、13発、11発、7発と、礼待する相手の身分や階級によって発射数が決められています。また、奇数は慶事、偶数は弔事(弔砲)とされています。

関係があるのか無いのか、香典に入れる金額には、偶数を避ける習慣があります(但し、なぜか2万円や2千円は良いらしい)。でも、葬儀は「弔事」故に偶数でも良いのでは…と思います。更には、銃を発射する「弔銃」の場合には「斉射3回敬礼/Three-volley salute」です。奇数は「慶事」の場合では無かったのでしょうか…。

最も古くから黒色火薬を使用していたのは、中国人だと言われています。13世紀には、モンゴル軍がイランや日本に侵攻する際に火薬弾を投げています。14世紀のスペインでは、ムーア人が弩(石弓)に似た、火薬の爆発で太矢を発射する大砲を開発していたようです。百年戦争の際には、イングランドのエドワード三世が「カレー攻城戦」(1346〜47年)に10門の大砲を使用しています。15世紀には飛躍的に破壊力が高まり、トラニオン(車輪付き台車)により移動域も拡がりました。コンスタンティノープル攻城戦(1453年)では、オスマン・トルコのメフメト二世が大型砲を多数使用しています。この大型砲を開発したのは、ハンガリー人の技師ウルバンでした。

日本で大砲が使用されるのは、その120年後、豊後の戦国大名、大友宗麟がポルトガルの宣教師から手に入れた「石火矢/フランキ砲」を「国崩し」と名付けたのが最初とされています。16世紀末には、国内でも大砲の生産が行なわれるようになったとか…。大坂の陣のために、徳川家康が英国から「カルバリン砲」4門を入手したとされています。

大砲(cannon/キャノン)という語は、ギリシア語「カンナ/kanna/筒」、ラテン語「カンナ/canna/葦笛」から来ているとか…。大砲の語源も「葦笛」という楽器だったのです。

3.大砲に白い薔薇を

私が「祝砲」という語を覚えたのは、かつて一世を風靡した海外ドラマ「刑事コロンボ」の第28話「祝砲の挽歌」(By Dawn’s Early Light)(1974年)でした。私立の陸軍幼年学校を経営する大佐(パトリック・マックグーハン)が、経営不振を理由に男女共学の短大に変えようとする、金儲け主義の理事を謀殺するエピソードでした。邦題からも察せられる通り、謀殺のトリックに使われるのが、校庭にある大砲なのです。

開校記念日の早朝(原題はここから来ています)、理事が祝砲の引き綱を引くと、轟音と共に大砲が暴発して、理事は爆死してしまうのです。ドラマの大詰め、校長室で対峙する大佐とコロンボ、事件の核心に迫るコロンボに対して、大佐は葉巻を勧め、自身の信念について滔々と語り始めます。最後に「薔薇があるのだよ。白い薔薇だ…」と語る大佐…。コロンボは唖然とするものの、大佐の犯行動機が保身や欲得を超えたものである事を察して、最大の敬意をもって受け止めるのでした。

因みに、原題は米国の国歌「星条旗/The Star-Spangled Banner」の歌詞の一節です。「Oh,say can you see/ああ、君たちにも見えるだろうか」「by the dawn’s early light/夜明けの薄明かりの中」「What so proudly we hailed/我らが誇り高く叫ぶのを」。米英戦争のマクヘンリー砦の攻防戦(1814年)を歌い上げた歌です。その歌詞の中には、英軍が砦に対する攻撃で発射したロケット弾(コングリーヴ・ロケット)も出て来ます。また「我らは神を信ず/In God is our trust」という国家標語も歌い込まれているのです。

牧師 朝日研一朗

【2019年11月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 06:00 | ┣会報巻頭言など

2019年10月22日

10月第4主日礼拝

      10月27日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 パーフェクト・ワールド音楽    朝日研一朗牧師
聖  書  マタイによる福音書 6章5〜15節(p.9)
讃 美 歌  27、95、490、109、495、25
交読詩編  詩編73編21〜28節(p.84)

・讃美歌練習(11月の讃美歌:379番)  礼拝後   礼拝堂

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2019年10月21日

ともにある時間、ひとりで行く時間【Tコリント12:1〜12】

聖句「神の霊によって語る人は…、聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです。」(12:3)

1.《遅効性》 小学校2年生の時、日曜学校でペトロの信仰告白(あなたこそ、生ける神の子キリストです)を繰り返し学びました。高校2年生で受洗する際、「あなたにとってイエスとはどういう御方か?」と問われました。戦争体験を聴く会では、戦場でキリスト者として自身を保つことの厳しさを学びました。信仰者の決然たる言葉は、何十年も経ってから効き目の出て来るものです。

2.《しるし》 信仰の告白は聖霊の働きです。ブルーダーの『嵐の中の教会』は、1930年代、ナチス政権の成立によって「キリストのしるし」ならざるものに膝を屈めることを強いる残酷な支配が、ドイツの田舎町の教会にも押し寄せて来る様子を活写しています。ルターが「キリストのしるし」を見失ったローマ教会を批判したこと、教団が「戦責告白」を発表したことも思い出されます。揺るがせに、曖昧にしてはならないものが確かにあるのです。そんな「キリストのしるし」とは何か。消去法で私たちが選び取って行く他はありません。

3.《多様性》 教会は「キリストのしるし」を核として一致していながら、聖霊の働きの多様性、一人一人の違いが強調されているのです。恐らく、パウロは各人の顔を思い浮かべながら書いたはずです。信仰に踏み出す契機が多様であったのと同じように、人生や個性の違いをエンジョイすべきなのです。私たちの最期の時は、自分では保証できません。強い人も自力で支えられなくなります。そんな時、思わず助けを求める叫びを上げる、それも祈りなのです。戦後、東ドイツに留まり、不遇な生涯を送った神学者、シュニーヴィントは「自分が苦しくて祈ることが出来ない時には、私のために祈り給う方にしがみつく」と告白しています。たとえ「死の陰の谷」でも、主に出会うことが出来るのです。

佐治 恵

posted by 行人坂教会 at 19:52 | 毎週の講壇から

2019年10月20日

2019年教会バザー

2019年教会バザー
posted by 行人坂教会 at 22:33 | 教会アルバム