行人坂教会 公式サイト ご案内

当サイトの内容は左記の「メニュー」からご覧になれます。


はじめに・・・・・・・・当教会からのご挨拶があります。
行人坂教会について・・・当教会の歴史・沿革についてご紹介します。
 礼拝・集会の案内・・・当教会で行っている礼拝と集会のご案内です。
 教会へのアクセス・・・当教会への交通、付近の地図、連絡先です。
牧師ご挨拶・・・・・・・当教会牧師のご紹介で、本人のプロフィールもあります。
牧師の書斎から・・・・・当教会牧師のメッセージ、記事を集めています。
 会報巻頭言など・・・・当教会会報「行人坂」に掲載された牧師のメッセージ集です。
 こんにゃく問答・・・・同じく、会報「行人坂」に掲載された教理問答集です。
教会からのお知らせ・・・各種イベント(イースター、クリスマス諸行事、バザーなど)のご案内です。
毎週の礼拝案内・・・・・毎週の主日礼拝のご案内(概要)があります。
      *最新情報*礼拝終了後は当日の音声録音を聴くことができます
毎週の講壇から・・・・・毎週の主日礼拝での説教の要約をまとめてあります。
教会アルバム・・・・・・当教会で過去開催された行事の写真集です。
オリジナル賛美歌など・・当教会の会員有志が作成したオリジナル賛美歌をご紹介します。
リンク・・・・・・・・・日本キリスト教団他の関連サイトへのリンク集です。

また、見やすくするためにメニューの上、ページ末尾、右端に、次のボタンを設置してあります。


help-gyonizaka-site-ic1.gif・・・・クリックすると、文字の大きさを中、大、最大の3種類に変更できます。
help-gyonizaka-site-ic5.gifまたはhelp-gyonizaka-site-ic2.gif・・この部分をクリックすると、そのページの最下段まで移動します。
help-gyonizaka-site-ic4.gifまたはhelp-gyonizaka-site-ic3.gif・・この部分をクリックすると、そのページの最上段まで移動します。
help-gyonizaka-site-ic6.gif・・・この部分をクリックすると当サイトのトップページに戻ります。

それでは、どうぞご覧下さい。なお、以下は最近の記事です。


2018年05月25日

旭日亭菜単(続き)その45

  • 「西部劇を読む事典」(芦原伸著、天夢人/山と溪谷社)
    著者は少年時代、劇場でB級西部劇を観ていた最後の世代に当たると思われます。『悪の花園』『アルバレス・ケリー』『折れた矢』『砂塵』『裸の拍車』『平原児』『アラスカ魂』『誇り高き男』『ワーロック』…。私にとっては、ローカル局の「テレビ映画劇場」で観た作品ばかりです(蛇足ながら『駅馬車』『荒野の決闘』『リオ・ブラボー』『荒野の七人』等は、辛うじてリバイバル上映で観ています)。特に第2章の「西部の民俗学」が充実していて「事典」の名に恥じぬ内容です。「銃撃戦が行なわれていた時代は1860年代から1890年代のほぼ30年間で、日本でいえば幕末から明治に当たる時である。長いようで実際には短い。その30年間に西部劇のほとんどの物語がある」と語られています。つまり「西部劇」とは、限定された一時代のある領域を指していて、つまり、1つの世界観なのです。A級B級の別なく、米国製のオーソドックスな作品を愛する著者の志向が滲み出ています。「マカロニは西部劇の土の香りがない」と一蹴しつつも、第8章「西部のスターたち」を読むと、一通り観て居られるようですし、先住民虐殺や黒人差別、生態系破壊の視点も今日的で、単なるノスタルジーには終わっていません。
  • 「イスラーム世界史」(後藤明著、角川ソフィア文庫)
    本書では「シリアのエルサレム」という名称が繰り返されます。確かに、7世紀以後のイスラーム史を解説する本書において、「ユダヤ」は既に数百年前に滅亡しています。「パレスチナ」の地域名も、第一次大戦後に英仏が分断統治するに当たって作られたものです。更には、アケメネス朝ペルシア時代(紀元前6世紀)から20世紀に至るまで、エルサレムの住民たちがシリアの言語である、アラム語を公用語として来たことを併せて考えるならば、「シリアのエルサレム」という言い回しは歴史的に極めて妥当なものです。卑しくも歴史を学ぶ者が「エルサレムはユダヤ」等というヘブライ的固定観念から脱却しなければ、シオニズムの妄想に簡単に巻き込まれてしまうことでしょう。他にも、ローマ帝国の中心はローマではなくコンスタンティノポリスであったとの主張にも納得。西ローマ帝国滅亡後の東ローマ帝国を、あたかも別物であるかのように「ビザンチン帝国」等と呼称する、西欧中心主義の歴史の「上書き」にも気付かせて貰いました。日本史との関係で言えば、ポルトガル人が種子島にもたらしたのは、オスマン帝国製の鉄砲、ルーム銃ではなかったという説にも「目から鱗」でした。イスラームの歴史を学ぶことで、私たちが(日本の公教育も含めて)西欧の歴史観を鵜呑みにさせられていることが分かるのです。
  • 「黒いカーテン」(ウィリアム・アイリッシュ著、宇野利泰訳、創元推理文庫)
    崩れた建物の漆喰で頭を打った男が、その事故によって記憶を取り戻し、自分が何者であるかを探し求める訳です。しかし、記憶を失っていた時期に何等かの犯罪に巻き込まれていたらしく、彼の身辺に危機が迫って来ます。「巻き込まれ」型サスペンスの絶妙なアレンジです。アイデンティティを取り戻すために闘う男の物語として深読み出来ます。但し、アイリッシュ自身は娯楽に徹しているので、そこには拘泥しません。案外にサラッと進行します。その分、主人公の内面の掘り下げが浅く、軽い読み物に成ってしまいました。でも、とにかく古典中の古典、何も考えずに安心して、先へ先へと展開を楽しめ、すぐに読了します。
  • 「ゴールデンカムイ」第13巻(野田サトル作、集英社)
    漸く面白く成って来ました。こういうのが読みたかったのです。アクションです。ドンデン返しです。遂に、のっぺら坊を脱獄させるため網走監獄に潜入する一行。そこに張り巡らされた罠、旭川第七師団の急襲。鶴見中尉の台詞の通り、「よおし」「これを待っていた!!」です。都丹庵士の登場で気付いたのですが、これってマカロニ。重要人物を脱獄させるのは『ガンマン大連合』ですよね。
  • 「アド・アストラ/スキピオとハンニバル」第13巻(カガノミハチ作、集英社)
    大抵の人が戦いの展開を知っている「ザマの戦い」です。「関ヶ原」と同じく、実際には、一方的な戦いなのですが、それでは盛り上がらないので、敗軍の将を自覚しながらも最後まで戦いを続ける、ハンニバルの心境を描いています。それ故、本書のクライマックスはザマではなくチュニスです。スキピオとハンニバルとの間で執り行なわれた和平協定の場面と成っています。対峙する二人の軍略家、ここは渾身の筆致です。勿論、フィクションなのですが、フィクション故に痺れる場面展開です。因みに、敗戦後に直ちに自害する日本の将とは異なり、ハンニバルはザマの後、19年間も反ローマ諸国の軍師として活躍し続けるのです。
posted by 行人坂教会 at 13:55 | 牧師の書斎から

2018年05月22日

楽しい音を奏でるために

1.グッドニュース

先日、銀座「教文館」に行った帰り道、妻が「子どもらにお土産を」と「大角玉屋」で和菓子を買いました。その際、栗が丸々1個入った「どら焼き」がショーケースに展示してあり、商品名が「福音」と成っていてビックリ(!)。けれども、改めて熟視してみると、小さく「Fukune」と別記されていました。後で聞けば、この店の看板商品との由。何でも「ふくいん」と読んでしまう、これ等も職業病の一種でしょう。

 聖書の用語「福音」は、ヘブル語の「ベソーラー」、ギリシア語の「エウアンゲリオン」から来ています。「良き音ずれ、良い知らせ」という意味です。英訳聖書では、伝統的に「ゴスペル/the gospel」と訳されていましたが、最近では「グッドニュース/the good news」の訳語を当てる聖書が多く成りました。

 『がんばれ!ベアーズ』(1976年)という少年野球を題材にした映画がありました。リトルリーグの最下位チーム「ベアーズ」に、吞んだくれのコーチ兼監督(ウォルター・マッソー)とその娘のピッチャー(テイタム・オニール)がやって来て、遂に決勝戦にまで進出するという作品でした。女子のピッチャーと言うと、私たちにとっては「水原勇気」、水島新司のマンガ『野球狂の詩』(1972〜77年)が思い出されますが、ポール・R・ロスワイラーの小説『赤毛のサウスポー』(The Sensuous Southpaw/1976年)の影響でしょう。阿久悠が作詞したピンク・レディーの「サウスポー」の出典でもあります。

 さて、『がんばれ!ベアーズ』の原題は「The Bad News Bears/悪い噂のベアーズ、厄介なベアーズ」です。勿論、これは「The Good News for Mr.So-and-so/誰某に福音(朗報、耳寄りな知らせ)!」という定番の商品広告を思い出させるものです。

2.悪い噂の福音派

5月14日、ドナルド・トランプが在イスラエルの米国大使館を、テルアビブからエルサレムへ移転したことで、中東情勢が極度に悪化しています。ガザでの騒乱だけではなく、イランとの間で戦争まで勃発しそうな気配です。5月9日のイラン核合意からの米国の離脱、イランに対する経済制裁の復活も含めて、米国のイスラエルロビーの介入が露骨です。

 それはともかく、昨今の日本のテレビニュースや新聞記事では、それに関連して、トランプの偏った「イスラエル支持の背景には、米国の有権者の4分の1を占めるキリスト教福音派の票取りの目論見がある」と解説されているのです。NHKのキャスターが、まるで鬼の首でも取ったようにフリップを捲ると「福音派」という文字が登場します。日頃から日本の政治に対しては、無批判なキャスターなのに、トランプやイスラエルの時には「由々しき問題」という面立ちで語っていて、非常に腹が立ちます。

 そもそも「福音派/Evangelicals」というのは、非常に大雑把な括りです。その信仰も政治的立場も多種多様なのです。それを、多くの日本人がキリスト教について無知であるのを良いことに、したり顔で「福音派」が原因のように言うのです。

 「プロテスタンティズム/Protestantism」の訳語は「福音主義」なのです。つまり、広義においては、私たちの教会も「福音主義」なのです。しかし、プロテスタント諸派の枠組みの中で、敢えて「福音」の看板を掲げる場合には「自由主義神学の立場を取らず」のニュアンスに成ります。「福音派」の多くは「聖書無謬説」の立場を取っていますが、その殆どは一言一句ではなく、「全体として」聖書は真理であるという主張をしています。お互いの相違についても、割合に鷹揚なのです。私自身は「聖書無謬説」を採りませんが、それもまた、信仰の1つだと認めたいと思います。

 但し、その中には、頑なまでに「聖書無謬説」を主張する人たちがいます。彼らのことを「原理主義者/Fundamentalists」と言います。彼らが一般の「福音派」と異なるのは、自分たちの意見を採らない者に対して「敵対者」のレッテルを貼り、憎しみを煽り、より攻撃的に成っていることです。簡単に言えば「二元論」に陥っているのです。これは、かなり有害です。その意味では、キリスト教など何も知らないくせに、十把一絡げに「福音派」を悪者扱いする日本のマスコミも、同じく「二元論」に陥っていると申せましょう。

3.安易なレッテル

真に恐るべきは、安易な「レッテル貼り」です。16億人のイスラーム(ムスリムとムスリマ)が全員「イスラム国/ISIL」ではありません。その多くは穏やかで敬虔な人たちです。また、米国の有権者の4分の1を占める「福音派」の信仰を持つ人たちが皆、イスラームを憎んでいる訳でもありません。その殆どは愛と正義を重んじる人たちです。「聖書無謬説」を採る人たち誰もがトランプの仲間ではありません。その多くは生活困窮者です。

 今の世の中は、世界が高度に情報化され、ネットワーク化された反動として、体温を感じるような確かな出会いや安心感が失われているのだと思います。その代わりに、ネットやメディアを通して、表面的な知識や一面的な理解だけが先行して、安易な「レッテル貼り」が横行する結果と成っているのでは無いでしょうか。

 米国では「歴史的な教会が凋落することで、悪い宗教団体が台頭している」との警告があります(「ニューヨーク・タイムズ」のコラムニスト、ロス・ドウザット)。個々人は真面目な、敬虔な人たちであっても、悪い宗教団体の指導者(彼らは常に「断言」口調です)によって、その政治的志向によって、簡単に操作されたり、誘導されたりしてしまう。そのような状況も起こっているようです(その際に、聖書の言葉を引用します)。

 私たちは、キリストの「福音」を信じる者ですから、安易で危険な「レッテル貼り」をする事にもされる事にも、十分に気を付けて、喜びの和音を奏でたいと思うのです。

牧師 朝日研一朗

【2018年6月の月報より】

posted by 行人坂教会 at 22:01 | ┣会報巻頭言など

5月第4主日礼拝(三位一体主日)

       5月27日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 訪れを待ちながら=@       朝日研一朗牧師
聖  書  ヤコブの手紙 5章7〜20節(p.426)
讃 美 歌  27、129、490、15、430、88
交読詩編  詩編15編1〜5b節(p.19)

・讃美歌練習(6月の月歌:316番)  礼拝後    礼拝堂

posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年05月21日

祈りが勇気を呼び覚ます【使徒言行録4:23〜31】

聖句「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。」(4:29)

1.《出る杭は》 アンドレ・レノレ神父は「労働司祭」として、川崎の建設現場で働き、仲間と共に「貸工」の労組を結成しました。彼の『出る杭はうたれる』は25年前の著書ですが、日本社会が個々人を大切にせず、個性や主体性を圧殺する全体主義的傾向(権力構造)が余り変わっていないことを思わされます。しかし、その中にあっても、声を上げる人たちは確実に増えているのです。

2.《仲間の所》 聖霊降臨と言うと、2章ばかりが採り上げられ、「激しい風」や「炎の舌」等の表面的な描写に囚われがちです。「多言語」か「異言」かの解釈の対立もあります。けれども、大切なのは使信(メッセージ内容)です。4章にも「新しい聖霊降臨」と呼ばれる場面があるのです。神殿の境内で、キリストの死と復活を宣べ伝えた廉で、ペトロとヨハネは逮捕され、最高法院の議員たちの前で証を立てるのです。九死に一生を得て釈放された二人は「仲間のところ」へ戻って来ます。仲間と言っても数人、10人弱に過ぎません。

《大胆不敵》 その仲間たちが「心を一つにし、神に向かって声を上げて」祈った時、聖霊降臨の出来事が起こったのです。「心を一つに」は「命を合わせる」ことです。しかも、彼らは神の助けではなく、大胆に御言葉を語るための勇気を祈り求めたのです。我が身可愛さに主を裏切り見捨てた弟子たちが、自らの弱さと罪、主の赦しの力の大きなことを体験したればこその祈りです。「大胆に」とは「言論・行動の自由、確信をもって」の意味です。自由意志の奪われた「迷信・妄信」ではありません。「大胆不敵」と言いますが、私たちも少数者ながら、誰をも敵とせず、勇気と確信をもって「声を上げ」たいものです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 20:27 | 毎週の講壇から

2018年05月15日

ペンテコステ(聖霊降臨日)日礼拝

       5月20日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 祈りが勇気を呼び覚ます=@音楽   朝日研一朗牧師
聖  書  使徒言行録 4章23〜31節(p.220)
讃 美 歌  27、129、490、344、345、76、88
交読詩編  詩編15編1〜5b節(p.19)

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年05月14日

海の星【出エジプト記15:19〜21】

聖句「アロンの姉である女預言者ミリアムが小太鼓を手に取ると、他の女たちも小太鼓を手に持ち、踊りながら彼女の後に続いた。」(15:20)

1.《海星と暁星》 カトリック教会では「聖母マリア」に「海の星」「暁の星」という称号を冠しています。学校の「海星」「暁星」もマリア会の設立です。航海技術の発達していない時代、夜に海上を行く人たちは北極星と金星を頼りにしていたのです。そこから、人生行路を渡る時に、明らかに道を示してくれるのが「海の星」なる「聖母マリア」であるとの信仰が生まれたのでしょう。

2.《海の雫から》 カトリックの国に行くと、海辺や岬に聖母マリアの像や教会が建立されています。聖母賛歌には「めでたし海の星」と歌われています。マリア、即ちミリアムの名前の意味を「海の星」と言ったのは、「ウルガタ聖書」の翻訳で知られるヒエロニムスとされています。しかし、ヒエロニムス自身は「海の雫」としていたらしい。実は、写本で「海の雫」が「海の星」と誤記されてしまったのです。その後、ローマ教会は現世権力と結び付き、「マリア崇敬」を推し進め、遂にマリアは「天の元后」とされ、王冠に星を輝かせる図像で描かれるように成ってしまったのです。誤記も意図的なものだったのかも知れません。

3.《大海の一滴》 マリアの原型であるミリアムは、「葦の海」の奇跡が起こった時、主を賛美する「海の歌」を踊り歌いました。「デボラの歌」と並んで、旧約聖書最古の詩文とされています。文字が出来て文書化され編集される遥か以前から、何百年も口伝として、親から子へ子から孫へと歌い継がれていたのです。聖書の御言葉は、私たちが「海の雫」の一滴を取り出して吟味する時、「海の星」として輝きを放つのです。ミリアムは「水」と結び付いた存在です。彼女が死んだ時、忽ち民は枯渇するのです。因みに、現代では「ミリアム」の名前は、古代エジプト語の「愛」から来ているというのが定説です。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2018年05月13日

行人坂教会の絵

当教会の絵を笛田正之さん(聖学院教会会員)が描いてくださいました。

行人坂教会の絵
posted by 行人坂教会 at 22:57 | 教会アルバム

2018年05月08日

5月第2主日礼拝(母の日)

       5月13日(日) 午前10時30分〜11時40分
説  教 海の星=@音楽           朝日研一朗牧師
聖  書  出エジプト記 15章19〜21節(p.118)
讃 美 歌  27、129、490、187、318、88
交読詩編  詩編15編1〜5b節(p.19)

・青空カフェ      礼拝後      玄関バルコニー

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内

2018年05月07日

弱さが神の原動力【Uコリント 12:1〜10】

聖句「すると主は、『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。」(12:9)

1.《氷点と花束》 『氷点』で一世を風靡した三浦綾子は、24歳から13年間も結核で入院生活を送り、その後も「病気のデパート」と言われる程に沢山の持病を抱えながら執筆活動を続けました。パーキンソン病の薬のために、家の中に幻の花束が見えるようになったそうです。副作用の幻覚や妄想に悩まされる患者が多い中、彼女は幻の花束の出現を心待ちにしていたそうです。

2.《アンゲロス》 パウロは何等かの病気か障碍に苦しんでいたようで、それを「棘」「私を打つサタンの使い」と表現しています。シュヴァイツァーは「癲癇の発作」ではないかと言います。当時は原因も分からず、悪霊憑きとされていました。しかし、そんな状態のパウロを使徒として、ガラテヤの人たちは迎え入れ、福音を受け入れたのです(ガラテヤの信徒への手紙4章13〜14節)。「サタンの使い」に苦しむパウロを、不思議なことに、ガラテヤの人たちは「神の使いであるかのように」受け入れたのでした。「使い」は「アンゲロス/天使」です。自分の中に闇を抱えている方が福音は光り輝くのかも知れません。

3.《神の力の種》 物質的な豊かさが実現された現代、何もかも全て揃って、整えられて生まれて来ることが当たり前のことだと、多くの人が錯覚しています。病気や障碍、挫折や弱さを恥ずかしいことと考えて隠そうとする人もいます。しかし、神の光を当てて透かして見たら別のことが見えて来ます。パウロは自らの弱さを通して神の力の働くことを実際に経験したのです。神の力は人の弱さの中で実現する、成し遂げられるのです。私たちが自らの力量に自信を持っている時には、神の力の「種」が蒔かれていることに気付きません。自らの弱さ、無力さと向かい合わざるを得なくなった時、それは発芽するのです。

朝日研一朗牧師

posted by 行人坂教会 at 19:53 | 毎週の講壇から

2018年05月01日

5月第1主日礼拝

       5月 6日(日) 午前10時30分〜11時50分
説  教 弱さが神の原動力=@音楽      朝日研一朗牧師
聖  書  コリントの信徒への手紙U 12章1〜10節(p.339)
讃 美 歌  27、129、490、217、451、75、88
交読詩編  詩編15編1〜5b節(p.19)

・みんなで会堂掃除   礼拝後    礼拝堂・階下ホール

・・・当日の音声録音を聴く
posted by 行人坂教会 at 06:00 | 毎週の礼拝案内